鉄鼠の檻(5)
  • 完結
  • 最新刊

鉄鼠の檻(5)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 484円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

――兄様、御免なさいね――。あれはあの世のものじゃなかったのだ。しかしこの世のものでもなかったのだ。「松宮鈴子に憑いた大禿を――落とそうと思う。」ついに動き出した闇を纏う陰陽師。明慧寺に潜む謎、了稔が張った結界。現れる真の貫主、そして明らかにされる殺人の動機。京極夏彦の超大作ミステリコミカライズ作品、ここに堂々完結!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
少年マガジンエッジ
電子版発売日
2018年11月15日
紙の本の発売
2018年11月
サイズ(目安)
75MB

鉄鼠の檻(5) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月05日

    ううっ……やはり…やはり鉄鼠の檻が一番好きだ…(毎回言ってる気がするぞ)
    いやあやはりこのコミカライズはすばらしいです。
    鉄鼠も、原作のラストではそれぞれの行動理由など少々不可解な気分のまま読み終えていたところがあった気がするのだけど、なんか全部、「そういうことだったのか」とわかったような気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月25日

    はぁ~( ´Д`)遂に完結!結末は分かっているのに、改めてコミックを読むと「えーっあの人が!Σ(゚ロ゚;)」と言ってしまった(^^;)そして各巻を読むたびに思ったのは、志水さんの坊さんの書き分けが凄い!(;゜∇゜)次作は何かな~?o(*゚∀゚*)o

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月25日

    明慧寺を舞台にした箱根山連続僧侶殺人事件の終幕。
    京極堂によって結界・檻の正体は明かされるが、憑き物落としは大悟頓悟の世界には効力をもたない。限界を知りつつ、やむを得ず事件に関わる京極堂が明かす事件の真相。
    日本での禅宗の歴史を踏まえた舞台設定に圧倒されるが、壮大なフィクション感はぬぐえない。
    18...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月21日

    京極堂シリーズの中でも割と上位に好きな鉄鼠の檻のコミカライズ、完結。
    「日本文学史上にのこる驚愕の動機!!」という帯が、なかなか。

    檻をどう作るか、は狂骨とも通じてて、その辺が好きなんだよなー。
    次はどのシリーズ?って、宴か、陰摩羅鬼か、邪魅か、しかないのか。
    よくぞここまで。

    このレビューは参考になりましたか?

鉄鼠の檻 のシリーズ作品 全5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 鉄鼠の檻(1)
    完結
    462円(税込)
    「この世には不思議なことなど何もないのだよ――」古書店「京極堂」を営む傍ら、"憑物落とし"専門の神主も務める中禅寺秋彦が、箱根の山中深くにて起こる修行僧連続殺人事件に挑む。忽然と現れる修行僧の屍、雪降る山の中を駆け巡る振り袖の童女…。寺に取り憑いた大きな闇を、京極堂は落とすことができるのか!?
  • 鉄鼠の檻(2)
    完結
    462円(税込)
    ――誰も出て行こうとせん。 ここからは出られないのかのう――。明慧寺は真実、謎の寺だった。数百年に渡り誰の目にも触れず、ただそこにずっとあり続けていた…。殺された小坂了稔は相当な破戒坊主で慈行、祐賢、常信らの派閥とも複雑で錯綜した力関係を築いていた。寺の事情に混乱する警察を他所に再び、殺人事件が起きてしまう――。
  • 鉄鼠の檻(3)
    完結
    462円(税込)
    声が―――違う。憑物落しが始まっている。明慧寺最古参の僧・大西泰全が殺害され、敦子らは仙石楼へ戻ってきた。仏頂面の京極堂は敦子らの話を聞くと、明慧寺から逃げ出してきた桑田常信のもとへと向かう。常信は、自分が次に殺されると怯えていたのだ。向かい合う陰陽師と禅僧。慇懃な態度で、陰陽師は語り始めた――。
  • 鉄鼠の檻(4)
    完結
    462円(税込)
    ――あんたいったい、何から逃げた?―― 久遠寺に問われ、菅野は静かに語り始めた。彼がなぜかつて久遠寺の元から逃げ出したのか。そして、明慧寺にて鈴に対して何をしてしまったのか。そして菅野は続けた「私は半ば望んで壊れたのです。自分の意志で心を壊し、脳髄の埒外に逃げ出したのです。」彼をここまで追い詰め、変貌させてしまったものは一体何であったのか―――。
  • 鉄鼠の檻(5)
    完結
    462円(税込)
    ――兄様、御免なさいね――。あれはあの世のものじゃなかったのだ。しかしこの世のものでもなかったのだ。「松宮鈴子に憑いた大禿を――落とそうと思う。」ついに動き出した闇を纏う陰陽師。明慧寺に潜む謎、了稔が張った結界。現れる真の貫主、そして明らかにされる殺人の動機。京極夏彦の超大作ミステリコミカライズ作品、ここに堂々完結!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています