ジョン・マン 7 邂逅編
  • 最新刊

ジョン・マン 7 邂逅編

作者名 :
通常価格 1,672円 (1,520円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

一八四九年、捕鯨船フランクリン号は無事、ニューベッドフォードに帰港した。万次郎らは船首協会に出向き、デイヴィス船長が航海途中で精神に異常を来したことなど、航海の報告をする。仲間と日本に帰るという夢をなんとしても叶えるため、万次郎はあることを決断する。ますます熱い、ジョン・マンシリーズ、第七弾!郷土の先達、中浜万次郎ことジョン・マンの奇跡の生涯。鎖国日本から漂流し、初めてアメリカの地で生活を送り、初めて地球を一周し、自力で帰国した誇るべき日本人の物語!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2019年07月17日
紙の本の発売
2019年07月
サイズ(目安)
2MB

ジョン・マン 7 邂逅編 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年11月02日

    ジョン・マンこのシリーズ7巻目。
    6巻を読んでから、かなりの時間が経ているため、物語の世界に没入するにはいささか時間がかかった。

    今回は最後の捕鯨旅を終えて、、、その旅の中で、ハワイに立ち寄り土佐からの仲間のその後を知る、そして、アメリカの捕鯨も終わりを迎える。鯨の数が激減したからだ。

    万次郎は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月17日

    ジョンマンが北米東海岸のニューベッドフォードに錦を飾ったところから、サンフランシスコまでの話。作者が解釈するジョンマンの若き野望を描いてるが、気持の動きが簡単過ぎる。表現にもっと深みが欲しかった。
    でもこの後が楽しみだ。書いてくれるのかなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月02日

    捕鯨船から砂金取りへ.万次郎さん何をやってもソツなくこなすところがすごい.日本に帰るメンバーも三人に減ってしまったし,何より鎖国なんだからまだまだ前途多難だ.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月07日

    新刊が出るのを待っている本は今これ1冊田名と思いつつ、久しぶりすぎてどういう話だったか思い出すのに時間がかかったしまった。
    ジョンマンが船乗りとして認められ、日本に帰れる事も可能性が出てきたが、一緒に漂流してきた仲間との死や時間の流れに戸惑う。捕鯨も衰退して来て、時代はゴールドラッシュに突入していく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年12月20日

    長い捕鯨の旅から戻ったジョン・マンは、町が捕鯨不況に陥っているのを知り愕然とする。
    それでもハワイで待つ仲間と一緒に帰国を果たさなければならない。
    ジョン・マンが選んだ次なる金稼ぎの手段はゴールドラッシュに沸く西海岸を目指して、そこで帰国資金を稼ぐこと。
    副長として乗り込んだ改造客船は西への航海を続...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ジョン・マン のシリーズ作品 2~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ジョン・マン 6 順風編
    シリーズ第六弾は、二等航海士としてフランクリン号に乗り込む万次郎の冒険と成長を描く。凪や嵐に悩まされながら的確な判断で船長を支え、成長するジョン・マン。郷土の先達、中浜万次郎ことジョン・マンの奇跡の生涯。鎖国日本から漂流し、初めてアメリカの地で生活を送り、初めて地球を一周し、自力で帰国した誇るべき日本人の物語!
  • ジョン・マン 7 邂逅編
    一八四九年、捕鯨船フランクリン号は無事、ニューベッドフォードに帰港した。万次郎らは船首協会に出向き、デイヴィス船長が航海途中で精神に異常を来したことなど、航海の報告をする。仲間と日本に帰るという夢をなんとしても叶えるため、万次郎はあることを決断する。ますます熱い、ジョン・マンシリーズ、第七弾!郷土の先達、中浜万次郎ことジョン・マンの奇跡の生涯。鎖国日本から漂流し、初めてアメ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています