辺境の老騎士 バルド・ローエン(1)

辺境の老騎士 バルド・ローエン(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

金も名誉も捨てて、老騎士バルドは死にゆくための旅に出た。ひとりぼっちで美味しいご飯に舌鼓を打ち、ひとりぼっちで見慣れぬ景色に感嘆する。死に場所を探す旅路はひっそりと始まった。しかし、彼は知らない。それが新たな冒険の幕開けとなることを。辺境の大領主コエンデラ家が引き起こす争いにバルドはいつの間にか巻き込まれていく――。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ヤングマガジン サード
電子版発売日
2017年03月17日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
81MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

老いた未来にこんな渋い生き方ができるなら、年齢を重ねるのも悪くないと思わせてくれる作品。
10代20代だけが主人公じゃない。60近い渋メン爺さんバルド・ローエンが主役のファンタジー冒険(グルメ?)活劇。
全盛期を過ぎた英雄騎士が、名誉も地位も財産も捨てて、身一つで残りの余生の本懐を探しにでる生き様が渋くカッコよく描かれています。
もう体はうまく動かないけど、年齢を重ねて得た重厚な経験と知恵で危機困難を乗り切るバルド・ローエンのスマートさに、年上好きの女性もメロメロになっちゃうかも?!
時折挟む、食事シーンも味わい深く表現されていて、居酒屋で一杯やりながら読みたくなっちゃいます。
年取ったなーと感じちゃう年頃のセンチメンタルな中年男性諸君!必読です!

辺境の老騎士 バルド・ローエン(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    どストライク!

    青蝶 2020年11月09日

    個人的好みですが久々の大ヒット!なぜ今まで知らなかったのかと後悔したくらい。老騎士バルドの冒険、完結まで見届けます!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    グッズ純平 2020年09月30日

    転生したら異世界で無双する、そうしたテンプレのファンタジーも良いけど。そればっかりでは、いささか食傷ではありませんか。でも、ファンタジーでどこか知らない世界の空気に触れてみたい、そんな貴兄に本作品をお勧めします。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    老人騎士の冒険ファンタジー

    tanaka 2020年07月25日

    舞台は壁に囲まれたファンタジー世界。
    主人公はこの手の物語には珍しく老人の騎士である。
    そんな老人がどのような冒険を繰り広げるのかは、読み手にワクワクとした感情を与えてくれる。
    さらに特徴的なのは食事シーンがなんとも美味しそうに描かれており、ある種のグルメ漫画の一面も持ち合わせている所も魅了で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    とにかく面白いから、読んでみて

    boof 2020年06月17日

    どこか違う国の、歴史書のような雰囲気のあるお話でした。
    主人公が、とにかく魅力的❗出てくる人々の背景も深くて、また、魅力的❗
    面白くて泣けて、お腹がすいて(食べてみたいような料理が、いっぱい出てくる)
    ハラハラ、ドキドキ、ワクワクが、止まらない❗
    完結してるので(残念ながら……(笑))一気に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    私も…

    ヒデちゃん 2020年04月11日

    私も出来るならば、こんな旅がしてみたいと思わせられる作品ですね。
    まだ、1巻しか読んでないですがこれから先が楽しみですね。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    抜群!

    ぱんがいあ 2018年11月28日

    傑作!
    爺が読んでも傑作!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    とても面白かった

    baal66645 2018年09月24日

    近年稀に見る傑作です。

    原作も良かったが、作画担当がまた素晴らしい。
    人の表情を描くのがとてもとても上手い。
    原作を一つ上に押し上げている表現力です。
    今後も購読するので、是非是非完結まで頑張って頂きたい。
    オススメです!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    老騎士の物語

    はち 2020年09月23日

    年齢的におじいちゃんではないけれど、日本でも昔の人は老成していたから、まあ老騎士と言えるでしょう。身体の比率に多少違和感を感じることもあるけれど、老騎士の物語という新しい切り口が面白いです。続きが読みたくなる良品だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    渋いとはこういうことだ

    烏丸少将文麿 2020年08月20日

    良いファンタジーとはリアリティがあることだ
    グルメ漫画風放浪記なのだが、細部までディテールが凝っているのでその世界の文化や風習が違和感なくスッと入ってくる
    まるで藤沢周平の時代小説を読んだような爽やかで少し寂しい読後感があります
    ヒロイン的な存在はあまり出てこないので好みは別れると思いますが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    辺境の老騎士 バルド・ローエン

    koro 2020年06月11日

    最近 若者向けのマンガが多い中 珍しく年老いた騎士の話でなかなかおもしろいです
    これから読み進めます。すこし楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

辺境の老騎士 バルド・ローエン のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 辺境の老騎士 バルド・ローエン(1)
    金も名誉も捨てて、老騎士バルドは死にゆくための旅に出た。ひとりぼっちで美味しいご飯に舌鼓を打ち、ひとりぼっちで見慣れぬ景色に感嘆する。死に場所を探す旅路はひっそりと始まった。しかし、彼は知らない。それが新たな冒険の幕開けとなることを。辺境の大領主コエンデラ家が引き起こす争いにバルドはいつの間にか巻き込まれていく――。
  • 辺境の老騎士 バルド・ローエン(2)
    珍しい物を見て美味しい物を食べる。自由気ままな旅をする老騎士バルド・ローエンだったが、大河の畔リンツで思わぬ再会をする。アイドラ姫の子ジュールランが、母の訃報を伝えに来ていたのだ。だが託された遺書を宿敵カルドス・コエンデラの刺客に奪われてしまう。アイドラ姫が残した「印形」と「二重の渦巻き」の秘密とは!? 亡き姫の遺志を感じたバルドは、二つの謎を追うことで辺境を揺るがす陰謀に巻き込まれ...
  • 辺境の老騎士 バルド・ローエン(3)
    人民の、そして姫の騎士として永年の怨讐に老騎士は立ち向かう――。辺境を揺るがした「印形」と「二重の螺旋」の謎。それはバルド・ローエンが愛したアイドラの息子ジュールランの出生にまつわるものだった。仇敵カルドス・コエンデラは己の野心の為にその秘密を利用して恐るべき陰謀を仕掛けた。――老騎士はひとり、カルドスの城に乗り込む。
  • 辺境の老騎士 バルド・ローエン(4)
    仇敵カルドス・コエンデラの野望を挫き、北へと旅を続ける老騎士。新しく手に入れた剣は、謎の力を秘めているらしいのだが‥‥。旅の道行きを共にした少年の「騎士になりたい」という願いが、バルド・ローエンをおのが騎士修行時代の追憶へと誘う。そして訪れたメイジヤ領で、巨大な剣を操る騎士と剣を交えることに――。
  • 辺境の老騎士 バルド・ローエン(5)
    「なろう系」の新感覚グルメ・エピック・ファンタジーをコミカライズ!! 声も体も大きい騎士ゴドン・ザルコスが仲間に加わり、思いがけずにぎやかな旅になるバルド一行。各地の美味い物を味わいつつ、出会いと別れを繰り返す。時に侠気に心を振るわせ、時に亜人の英知に感嘆し、時に職人の天才的技術に陶然となる。豊かな人情と営みに極上の滋味にも似た感動を味わうバルド。すべての出会いに意味がある、...
  • 辺境の老騎士 バルド・ローエン(6)
    「なろう系」の新感覚グルメ・エピック・ファンタジーをコミカライズ!! 大都市クラークスで老騎士バルド・ローエンの魔獣の皮を巡り殺人事件が起きた! 老騎士の旅の一行に<腐肉あさり>の異名を持つ盗賊ジュルチャガが加わり、老騎士一行は殺人事件の真相を暴く!! 旅の途中で寄ったマジュエスツ領では野生の馬・ 白羅王が暴れまわっていた。領主に間者の疑いをかけられたバルドは白羅王と共に死地...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています