とんがり帽子のアトリエ(1)

とんがり帽子のアトリエ(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 671円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

小さな村の少女・ココは、昔から魔法使いにあこがれを抱いていた。だが、生まれた時から魔法を使えない人は魔法使いになれないし、魔法をかける瞬間を見てはならない……。そのため、魔法使いになる夢は諦めていた。だが、ある日、村を訪れた魔法使い・キーフリーが魔法を使うところを見てしまい……。これは少女に訪れた、絶望と希望の物語。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング
シリーズ
とんがり帽子のアトリエシリーズ
電子版発売日
2017年01月23日
紙の本の発売
2017年01月
サイズ(目安)
77MB

新刊オート購入

とんがり帽子のアトリエ(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    憧れの魔法の世界!

    微炭酸水 2019年12月01日

    誰もが憧れる魔法の世界が素敵な世界観で描かれています!
    緻密で丁寧な絵柄で、漫画としてだけでなくイラストとしても眺めていられます。
    続きが気になり一気買いしてしまいました!
    ファンタジー好きさんにはとてもオススメの漫画です!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月02日

    絵がしっかり描き込まれているのに重たい印象を受けません。西洋の版画と日本の漫画が融合したようなテイストです。

    才能は持って生まれてくるものなのか、自分の中から見出し育むものなのか……そんなことを考えさせられた1巻でした。

    続きが気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月21日

    外国の絵本を漫画にしたような作品。カラー表紙はもちろん、本文の絵の一コマ一コマが一枚絵のように美しく、それでいて漫画としてもとても面白い。久しぶりのジャケ買いだったんですが、これは大当りだわ~。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    繊細なタッチと魔法

    クロムレム 2021年03月07日

    表紙からもわかるように、この漫画はとても繊細な筆遣いで描かれています。一コマ一コマが丁寧で、1話描き上げるのに沢山の時間が費やされているのが分かります。その繊細なイラストもさることながら、ストーリーも非常に面白く、キャラクターも個性豊かで素敵です。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    物語の世界観が好き

    naoko 2020年10月28日

    魔法ものファンタジーでワクワクします。独特の世界観が魅力的です。精密さのあるイラストと良くマッチしています。フデムシが可愛いくて好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月19日

    未知なるもの憧れへのキラキラとした想いが、物語中でまたたく、友情と成長、そして冒険と魔法の王道ファンタジー。主人公のココのワクワクが、読んでいる側にも伝わってきて、まるで童心に帰ったかのように、存分に魔法の世界に浸らせてくれる作品です。

    魔法使いに憧れる少女のココ。そのココの実家が営む仕立て屋に魔...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月25日

    小さな村の少女・ココは、昔から魔法使いにあこがれを抱いていた。だが、生まれた時から魔法を使えない人は魔法使いになれないし、魔法をかける瞬間を見てはならない……。そのため、魔法使いになる夢は諦めていた。だが、ある日、村を訪れた魔法使い・キーフリーが魔法を使うところを見てしまい……。これは少女に訪れた、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月02日

    すばらしきファンタジー!
    魔法への憧れ、どきどきが詰まってる!
    魔法はかけるものではなく、描くもの。
    続きが楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月01日

    ジブリがハリー・ポッターを作ったらこんな感じな気がする。そこまで新しいことをやっているわけではないのだけれど、既存のジャンルや世界観からのわくわくの選び方・取り出し方がとてつもなく上手い印象。高純度・高洗練。フデムシ可愛い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月07日

    文句なしに面白かった!!!!
    前評判良すぎてて、単に出版社とかが、持ち上げてるだけかなぁとか思ってたけど、そんなことなかった。
    ココと一緒にワクワクしてドキドキした。
    2巻もすぐに買います!!!

    このレビューは参考になりましたか?

とんがり帽子のアトリエ のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • とんがり帽子のアトリエ(1)
    小さな村の少女・ココは、昔から魔法使いにあこがれを抱いていた。だが、生まれた時から魔法を使えない人は魔法使いになれないし、魔法をかける瞬間を見てはならない……。そのため、魔法使いになる夢は諦めていた。だが、ある日、村を訪れた魔法使い・キーフリーが魔法を使うところを見てしまい……。これは少女に訪れた、絶望と希望の物語。
  • とんがり帽子のアトリエ(2)
    「魔法使いになれるのは、魔法使いとして生まれた人間だけ」という絶対の掟があるなかで、魔法使い・キーフリーの弟子になることを認められた「ふつうの人」のココ。彼女の「杖」を買うために、ココと、キーフリーの3人の弟子たちは魔法使いの街・カルンを訪れる。しかし、そこで奇妙な「仮面の魔法使い」によって、彼女たちは不思議な空間に招かれてしまう。そして、そこには巨鱗竜(ドラゴン)が――!!
  • とんがり帽子のアトリエ(3)
    ココは「普通の人は、本来魔法使いにはなれない」という重圧を日に日に感じるようになる。一方、師匠のキーフリーは「つばあり帽」に異常な執着を見せ始め……。【※収録内容についてのお詫びと修正】告知しておりました週刊「モーニング」掲載の出張版は、編成の都合により収録を見送ることになりました。出張版は4巻以降での収録を予定しております。直前のご案内となってしまい申し訳ありません。
  • とんがり帽子のアトリエ(4)
    魔法使いを目指すことになった「普通のひと」のココと同じアトリエで魔法を学ぶアガットは、「第2の試験」を受けることに。合格すれば、魔法使いではない人達の前で魔法を使う許可が下り、一人前に一歩近付ける。だが、禁止魔法に手を出す「つばあり帽」は、師匠であるキーフリーの庇護から弟子達が離れる試験の時に、「何か」を仕掛けようと企てる。細部まで描き込まれた世界観と王道な物語が人気の、魔法ファンタジー第4巻!
  • とんがり帽子のアトリエ(5)
    魔法使いを目指すことになった「普通のひと」のココ。同じアトリエで魔法を学ぶアガットとリチェが「第2の試験」を受けているところに、禁止魔法を使う「つばあり帽」の妨害が入る。ココも巻き込まれ、師匠のキーフリーは深手の傷を負ってしまう。そして、「つばあり帽」がココを付け狙う真意が、ついに語られる……。海外でも大人気の、王道魔法ファンタジー第5巻!
  • とんがり帽子のアトリエ(6)
    魔法使い・キーフリーの弟子となったココは、同じアトリエで魔法を学ぶアガットとリチェの「第2の試験」に付き添いで同行する。そこに、禁止魔法を使う「つばあり帽」の妨害が入り、窮地は脱するが試験は中断、キーフリーは負傷してしまう。魔警団のメンバー・ルルシィと共に魔法使いの住む海底の「大講堂」に向かった一同は、三賢者の一人ベルダルートと面会し、再試験を受けることに…!スケッチブック付き限定版も同時発売!
  • とんがり帽子のアトリエ(7)
    第二の試験を終え、三賢者・ベルダルートから語られたキーフリーの過去。 彼が魔法を求めた理由に、自分と母の関係を重ねたココは、一人で「図書の塔」へと向かう。 果たしてそこには自分の探す答えがあるのか。 意識を取り戻し後を追うキーフリーと、魔法使いになったことを悩み始めるココ。 そして、親友を案じるオルーギオの中にも一つの疑惑が。 魔物に守られた知識の塔で、今、師弟・友人の絆が問われる。
  • とんがり帽子のアトリエ(8)
    アメリカ・アイズナー賞アジア部門、フランス・Japan Expo Awards、スペイン・SALON DEL MANGAなど、世界各国の漫画賞を受賞!3大陸18ヵ国累計223万部突破(電子含む)! 第二の試験に合格しアトリエに戻ったココたち。平穏に戻ったアトリエにカルンで出会った少年・タータが、魔法使いの祭り「銀夜祭」への出店を手伝ってほしいと頼みにやってくる。 生徒たちは全員で銀夜祭に向けて準備をはじめるが、その中でタータと行動を共にすることになったココは、タータの友人である足の不自由な少年・クスタスと再会する。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています