真庭語 初代真庭蝙蝠 初代真庭喰鮫 初代真庭蝶々 初代真庭白鷺
  • 最新刊

真庭語 初代真庭蝙蝠 初代真庭喰鮫 初代真庭蝶々 初代真庭白鷺

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

この国が戦国で、この世が乱世であった頃――。
不穏な気配ただよう歴史の暗がりで、静かに命の火花を散らす者達がいた。その名も、真庭忍軍。"しのび"である彼らが、この時代を生き抜くために選ぶ新たな道とは!?

無欲の無頼派――真庭蝙蝠。
慈愛の夢想家――真庭喰鮫。
不屈の求道人――真庭蝶々。
異端の実力者――真庭白鷺。
人外にして埒外の異能集団・真庭忍軍の伝説はここから始まる!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社BOX
電子版発売日
2016年12月16日
紙の本の発売
2008年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
17MB

    Posted by ブクログ 2014年09月03日

    なんだろう…決してつまらないわけじゃない、むしろ1時間ちょっとで一気読みしちゃうくらいには面白いのですが、なんだか不思議なものを読まされた気分。

    初めて舞上作品読んだ時のわけの分からなさとも違うし、むしろわけは分かるんだけど…ああもどかしい。なんだろうこれ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月12日

    「刀語」に登場する真庭忍軍。その初代たちにスポットを当てた番外編。

    本編に出てくる真庭忍軍といえばかませ犬って言葉がぴったりなくらいの活躍だけど、やっぱり初代は一味も二味も違います。
    まにわにってこんなカッコイイんや!(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月31日

    竹さんかっこいい!

    刀語の真庭忍軍の初代のお話。狂犬さん良い人だったんやね。鳳凰さんも常識人っぽかったぞ…?

    蝙蝠さんクール。
    喰鮫さん私好み。…ヤンデレ?
    蝶々さん良い人。
    白鷺さんかっこいい!かっけぇ!

    色々フィーバーしてしまった。全員分書いてほしいな。あと現在の真庭忍軍も書いてほしいな。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    真庭の初代たち。
    なんてかっこいいんだろう。
    喰鮫さんには本気で戦慄したけれど。
    おもしろかったです。
    竹さんの絵もきれい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月07日

    刀語に登場した、真庭忍軍を主役にそえたお話。世代は七花達が出会った彼等より上。

    真庭忍軍可愛すぎる…!
    個性的すぎて「こいつら忍者って言うより…」って思っちゃいますが。

    ってか七花時代よりも、まともな人間が多い気がする…気のせいかな;

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    刀語の真庭任軍。さらには作中に登場したキャラクターたちでなく
    そのキャラクターたちが代々襲名してゆくこととなった初代の忍者のスピンアウト作品。
    いい感じに狂っている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月11日

    真庭蝙蝠、真庭喰鮫、真庭蝶々、真庭白鷺。彼ら四人の初代の話。どのようにして、彼らは十二頭領の地位についたのか、六世紀も前の初代『真庭忍者』の隠れざる物語

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月05日

    まにわにの方が七花たちより好きだったからスピンオフで読めたのは嬉しかったけど初代の栄光を見ると本編のすがすがしいほどの咬ませっぷり、使い捨てっぷりが悲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月04日

    私がまにわにファンな為もあってか刀語本編よりも楽しめた節がありました。
    続きが出ていないのが残念です…。いつか読める日が来るのでしょうか。
    初代喰鮫と初代白鷺のキャラが特に好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月09日

    刀語シリーズのスピンオフになるのかな?

    「まにわに」たちの昔。
    ひとりだった頭領が12人になるときの話

    里の観察者「狂犬」から見た4人の頭領候補たちの物語

    因縁の相生忍軍たちとの戦いもこの時代らしい
    鑢一根もチラリと出てきて、因縁は絡み合ってゆく。。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~13件目 / 13件
  • 刀語 第十一話 毒刀・鍍
    「おれの父親は――親父だけだよ」 伝説の刀蒐集完了まで残りあと2本! 毒刀『鍍(メッキ)』を手にした真庭鳳凰(まにわほうおう)は触れるもの全てを斬殺する殺意の化身と化し、真庭忍軍の本拠地"新・真庭の里"に向かう。血塗れた里にひとり佇む鳳凰が七花ととがめに告げる、"乱世"を貫く壮大な秘密とは!? 悲劇の"終局"まで待ったなし! 刀語、第11話の対戦相手は、真庭忍軍十二頭領がひとり、真庭鳳凰!
  • 刀語 第十二話 炎刀・銃
    「あんたがいなきゃ、おれなんて――すぐに死んでたよ。すぐに折れて曲がって――錆びて、終わってたよ」 七花ととがめの変体刀蒐集の旅は、否定姫の腹心・左右田右衛門左衛門の所有する最後の1本・炎刀『銃』を前に、最期にして最悪の試練を迎えていた。西尾維新と竹が描く、時代活劇絵巻。とある歴史の物語――これにて終幕! 刀語、第12話の対戦相手は、否定姫腹心にして元忍者、左右田右衛門左衛門!
  • 真庭語 初代真庭蝙蝠 初代真庭喰鮫 初代真庭蝶々 初代真庭白鷺
    この国が戦国で、この世が乱世であった頃――。 不穏な気配ただよう歴史の暗がりで、静かに命の火花を散らす者達がいた。その名も、真庭忍軍。"しのび"である彼らが、この時代を生き抜くために選ぶ新たな道とは!? 無欲の無頼派――真庭蝙蝠。 慈愛の夢想家――真庭喰鮫。 不屈の求道人――真庭蝶々。 異端の実力者――真庭白鷺。 人外にして埒外の異能集団・真庭忍軍の伝説はここから始まる!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています