転生したらスライムだった件(12)

少年マンガ 20位

転生したらスライムだった件(12)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 693円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

リムルはシズの心残りであった子供達を救い、イングラシアを後にした。一方その頃、急激に影響力を増していく“魔物の国”をよく思わない西方諸国の手が、リムルとリムル不在のテンペストに襲いかかるのだった。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
月刊少年シリウス
シリーズ
転スラシリーズ
電子版発売日
2019年07月09日
紙の本の発売
2019年07月
サイズ(目安)
63MB
  • アニメ化

    「転生したらスライムだった件(第2期/第1部)」

    2021年1月~ TOKYO MXほか
    声の出演:岡咲美保、豊口めぐみ、前野智昭

  • アニメ化

    「転生したらスライムだった件」

    2018年10月1日~ TOKYO MXほか
    声の出演:岡咲美保、豊口めぐみ、前野智昭

新刊オート購入

転生したらスライムだった件(12) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    テンペストの危機!!

    夜な夜な 2021年02月07日

    リムルは召喚によって短命となった子供5人を魔王・ラミリスの助力で精霊の加護を受け無事に救う!リムル達が去る時、仲良くなったラミリスは少し淋しそう(>_<) もうここから怒涛の展開だよ!!リムルは帰途にシズの教え子である西方聖教会の聖騎士団長のヒナタ・サカグチに殺されそうで危機一髪!!_:...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    テンペストがやばい

    jiost 2020年11月20日

    なんかテンペストがやばい状況になってきた。
    リムル早く返ってくれー!
    早くしないと被害が出ちゃうよー!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    12巻もよかったです!

    ぽんず 2021年05月03日

    表紙結構好きでした!
    ヒナタの技名もうちょっとどうにかできなかったかなと感じましたw
    ストーリー自体はめちゃめちゃ面白かったです!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    今回はリムル出番少なめ…

    匿名 2020年03月26日

    原作既読済み
    今回はリムルの出番少なめでした。やっぱりこの辺りは急激に面白くなりますね。
    しかし、相変わらずコミックスのカバー裏がない…
    あれば満点なのに…
    いつになったら追加されるのか…

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ドロドロとした権力者の登場!

    yuan 2019年07月18日

    大義を掲げてみても狭量な者達の卑劣な策略に絡め取られて行く展開は今までにないパターン‼︎ 援軍が期待出来ない状態でリムルのとる次なる手は!?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月15日

    学園編はずいぶんあっさり終わったな。
    そして、突然のミリムのユーラザニアへの宣戦布告、
    からのテンペストの危険が危ない!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月12日

    今までリムルが苦戦するってなかったと思うのですが、ここに来て敵に攻められ苦境に立たされる連邦国が新鮮。この先どうなるんだろうと続きがきになる。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    面白い

    0413kodama 2020年11月01日

    最近転生系にハマっていて、転生系といえばこれでしょという作品なので読みました。
    面白い、リムルさんが人を殺してしまうところとかいろんな感情が込み上げてきて面白かった

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    ついに

    モモンガ 2019年07月09日

    ついに、魔国連邦に犠牲者が出てしまうんですね…早く続きが見たいです!小説5巻を読みながら待ってます!

    このレビューは参考になりましたか?

転生したらスライムだった件 のシリーズ作品 1~17巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~17件目 / 17件
  • 転生したらスライムだった件(1)
    WEBで記録的なPVを集めた異世界転生モノの名作を、原作者完全監修でコミカライズ! 巻末には原作者書き下ろしの短編小説を収録した、ファン必携の単行本いよいよ発売!*「転スラ」スピンオフ5作品の第1話をまとめた試し読みパック付き!
  • 転生したらスライムだった件(2)
    ドワーフ王国にて捕らわれてしまったリムル。自由な発言を許されない裁判の行方は? そしてドワーフ王の下す審判とは!?
  • 転生したらスライムだった件(3)
    爆炎の支配者と謳われた英雄、シズエ・イザワ。彼女の想いと姿を受け継いだリムルは、イフリートの力を使いこなせるようになるため洞窟に籠った。だがリムルのもとに突如、救援要請が届いた。駆けつけた場所には、大鬼族を前に倒れた仲間がいて――!?
  • 転生したらスライムだった件(4)
    ジュラの大森林を揺るがす一報。厄災の魔物・豚頭帝が20万の大軍勢を率い、侵攻してくるという。大森林の管理者・樹妖精の依頼でその討伐を引き受けたリムルは、リザードマンとの共闘を画策するが――。
  • 転生したらスライムだった件(5)
    リムル達の前に降り立った魔人・ゲルミュッド。豚頭帝が魔王に進化していないことに激昂し、リザードマンのガビルを喰らい魔王になるよう促す。しかし、豚頭帝はゲルミュッドの言葉になんの反応も示さない。だがその時――。リムルはこの戦況を打破出来るのか!!森の騒乱編、完結!
  • 転生したらスライムだった件(6)
    新章突入!!豚頭帝(ルビ:オークロード)の討伐に成功し、ジュラの森の盟主となったリムル。新たに仲間も増え、徐々にこの世界で存在感を増していくが、それは同時に強者達の注目を集めるということでもあった。ドワーフ王のガゼル、そして最古の魔王が一人ミリム・ナーヴァ。一筋縄ではいかない者達に目を付けられたリムルは――!!
  • 転生したらスライムだった件(7)
    最も危険な魔王・ミリムがテンペストに滞在を始めた。このままでは、経緯を知らない他の魔王達に「テンペストとミリムが同盟を結んだ」と思われかねないため、リムル達はミリムの機嫌を損ねないようにしつつ、この嵐が去るのを待つつもりでいた。しかし、そんなリムル達の思惑とは裏腹に、魔王・カリオンの手下がテンペストを訪れてしまうのだった――。
  • 転生したらスライムだった件(8)
    魔王・ミリムにブッ飛ばされ怒りが治まらずにいるフォビオ。そんなフォビオの前に中庸道化連フットマンとティアが現れ、フォビオを魔王にしようと暗躍するのだった。さらに、暴風大妖渦(ルビ:カリュブディス)が復活しテンペストを目指しているとの知らせがリムルの元に舞い込む。陰謀渦巻く暴風大妖渦の復活、そして開戦の狼煙があがる――!!
  • 転生したらスライムだった件(9)
    魔王・カリオンからの提案を受け、テンペストと獣王国(ユーラザニア)は互いに使節団を派遣し交流をはかることとなった。テンペストからはベニマルを団長とした数名が獣王国へ向かい、獣王国からは黄蛇角のアルビスを中心とする使節団がテンペストに到着。順調に交流が開始されると思われたが、挨拶もそこそこにリムルに対し敵意を剥き出しにする獣王国使節団の面々。
  • 転生したらスライムだった件(10)
    今は亡きシズの心残りである子供達に会いに、人間の国・イングラシア王国へ向かうリムル。途中立ち寄ったブルムンド王国では、冒険者登録や、ブルムンド王との極秘会談を行い、人間との交流の難しさを思い知ることに。そして、たどり着いたイングラシア王国では、ユウキ・カグラザカなる人物と会うことになるが――。
  • 転生したらスライムだった件(11)
    不完全召喚された異世界人の子供達は、魔素が安定せず体内の崩壊を待つ日々を送っていた。そんな子供達を助けるためリムルが辿りついた結論は、かつてイフリートを宿したシズさんのように上位精霊を子供達の身に宿す方法だった。リムルと子供達は、上位精霊を見つけるために「精霊の棲家」を目指すが――。
  • 転生したらスライムだった件(12)
    リムルはシズの心残りであった子供達を救い、イングラシアを後にした。一方その頃、急激に影響力を増していく“魔物の国”をよく思わない西方諸国の手が、リムルとリムル不在のテンペストに襲いかかるのだった。
  • 転生したらスライムだった件(13)
    リムルはシズの心残りであった子供達を救い、イングラシア王国を後にした。しかしその帰り際、西方聖教会聖騎士団長ヒナタ・サカグチの襲撃を受けてしまう。分身体を囮に使いヒナタの攻撃を凌いだリムルだが、魔国連邦(テンペスト)への帰還が遅れてしまう。その間、魔国連邦では異世界人である、田口省吾(ショウゴ・タグチ)、水谷希星(キララ・ミズタニ)、橘恭弥(キョウヤ・タチバナ)による攻撃が始...
  • 転生したらスライムだった件(14)
    シオン達の蘇生に必要なのは、多量の人間の魂を 生け贄(ルビ:ヨウブン)とした自身の魔王化だった。 自らの甘えが招いた事態に収拾をつけるべく、一人敵地へ飛び立つリムル。 そこで待つのはファルムス王国連合軍、その数二万。 今、ファルムス軍にとって短くて長い、悪夢が始まる――。
  • 転生したらスライムだった件(15)
    世界の言葉が響き、リムルの魔王化が始まった。 リムル本人の意識が関知し得ぬ魂の深淵にて 大賢者は静かに主の望みを叶える為に進化する――。 魔王となったリムルの理性は保たれているのか? そしてシオン達の復活はなるのか――?
  • 転生したらスライムだった件(16)
    新たな魔王の誕生。それは、世界のパワーバランスの変化を意味していた。人間、魔物、そして魔王。リムルはそれら全てに影響を与え、注目される存在となったのだ。そんなリムルに、盟友・ヴェルドラの復活の報が―――。
  • 転生したらスライムだった件(17)
    魔王クレイマンの発議により「魔王達の宴(ルビ:ワルプルギス)」が開かれる。 その理由はリムルが魔王を僭称したことだという。 直接敵意を向け始めたクレイマン、未だ意図の読めないミリムの行動、そして西方聖教会の動向。 不確定な要素をはらむ状況の中、リムルはどう動くのか。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています