作家と一日

作家と一日

506円 (税込)

2pt

ポルトガルのビーチでパトカーに乗せられ、新宿ゴールデン街でなぜかフィンランドのヘヴィメタバンドと意気投合し、仕事場では愛する猫に癒される──。それら全てが作家・吉田修一の一日。そして、『悪人』『怒り』などベストセラーを生み出し続ける彼の素顔なのだ。ANAグループ機内誌『翼の王国』の人気連載をまとめたエッセイ集第三弾。本書を手に取ったあなたは、きっと旅に出たくなる。

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

作家と一日 のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    吉田修一さんのエッセイ、やっぱりとてもいい。
    さりげなく、結構高級そうなホテルやリゾートに行っていたり、ドンペリ飲んでたりするのだけど、マウント取ることもへりくだることもなく、フラットな目線をしているから全然嫌味じゃないのも、実はすごいと思う。
    あとは、出来事を脚色したり、変にオチをつけようとせず、

    0
    2023年06月09日

    Posted by ブクログ

    電車の中で読んだが、翼の王国の中で読むよりも面白く感じて一気だった。つばさよつばさも好きなのだが、それ以上。続編に期待。

    0
    2020年02月17日

    Posted by ブクログ

    一日で読み切った。
    読んでいるだけで、旅に出たくなる。台湾や乳頭温泉郷に行ってみたくなる。
    美味しいものを食べ、きれいな景色を見て、ゆっくり過ごす。幸せってこういうことだなぁと思う。

    0
    2022年02月19日

    Posted by ブクログ

    旅行のスタイルに共感が持て、ますます著者のファンになった。特に台湾好きだという著者の台湾に行ったらすること~はそのオススメプランをそっくり真似して旅してみたい。

    0
    2022年01月01日

    Posted by ブクログ

    かつて訪れたことのある国や街の話を読むと嬉しい気持ちになる。だけど、このエッセイは「悪人」の作者のものとは思えない優しさに溢れている。

    0
    2021年09月18日

    Posted by ブクログ

    吉田修一のANA機内誌エッセイ第三弾。国内も海外も、そして猫たちとの日常も。どうしても今は「当たり前に旅行に行けた素晴らしさ」に気を取られがちだけど、旅の一日も自宅で過ごす一日もどれも素晴らしい日常だと感じさせてくれる。タイトルと表紙の絵が良い感じ。

    0
    2021年07月25日

    Posted by ブクログ

    ANAが発刊している「翼の王国」という機内誌で連載されていた吉田修一さんの旅のエッセイ。ANAの飛行機に乗ったことがある方は、一度は目にしたことがあるかもしれない

    旅先で感じるふとした瞬間、切り取った風景、出会った誰かとの大切なひととき、毎日の暮らしの中で起きるちょっとした奇跡と、心の揺らぎ。

    0
    2021年07月06日

    Posted by ブクログ

    エッセイってジャンル自体が苦手だったけど、これは好きだと思った。好きな作家だからというのもあるだろうけど、旅に出たくなったし、むしろ行った気分になれる本だった。日常の話も時々出てきて、丁度良かった。

    0
    2021年03月16日

    Posted by ブクログ

    吉田修一のエッセイ、ANAの機内誌で見かけた人は多いと思うが、定期的に旅するわけでもないので、これはありがたい。
    作家の一日は、あまり多くは起きないようだけど、言葉をつかって人を感動させる仕事だから一般的な職業人と視点がすこし違うのかもしれない。
    路、ルウを読んだときにも思ったが、台湾が好きみたいだ

    0
    2020年06月13日

    Posted by ブクログ

    著者の吉田修一は、旅行にあう本を探していて、ANAの機内誌で連載しているエッセイをまとめた『あの空の下で』を読んでファンになって以来、追いかけている作家。

    特に前述書に収録された「東京画」は、たぶん短編小説のオールタイムベストを選ぶとしたら、ベスト10には入れたいほど気に入っている。

    本書は、そ

    0
    2019年03月06日

作家と一日 の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

集英社文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング

吉田修一 のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す