作家と一日

作家と一日

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
紙の本 [参考] 550円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

ポルトガルのビーチでパトカーに乗せられ、新宿ゴールデン街でなぜかフィンランドのヘヴィメタバンドと意気投合し、仕事場では愛する猫に癒される──。それら全てが作家・吉田修一の一日。そして、『悪人』『怒り』などベストセラーを生み出し続ける彼の素顔なのだ。ANAグループ機内誌『翼の王国』の人気連載をまとめたエッセイ集第三弾。本書を手に取ったあなたは、きっと旅に出たくなる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
168ページ
電子版発売日
2019年03月01日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

作家と一日 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年02月17日

    電車の中で読んだが、翼の王国の中で読むよりも面白く感じて一気だった。つばさよつばさも好きなのだが、それ以上。続編に期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月18日

    かつて訪れたことのある国や街の話を読むと嬉しい気持ちになる。だけど、このエッセイは「悪人」の作者のものとは思えない優しさに溢れている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月25日

    吉田修一のANA機内誌エッセイ第三弾。国内も海外も、そして猫たちとの日常も。どうしても今は「当たり前に旅行に行けた素晴らしさ」に気を取られがちだけど、旅の一日も自宅で過ごす一日もどれも素晴らしい日常だと感じさせてくれる。タイトルと表紙の絵が良い感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月06日

    ANAが発刊している「翼の王国」という機内誌で連載されていた吉田修一さんの旅のエッセイ。ANAの飛行機に乗ったことがある方は、一度は目にしたことがあるかもしれない

    旅先で感じるふとした瞬間、切り取った風景、出会った誰かとの大切なひととき、毎日の暮らしの中で起きるちょっとした奇跡と、心の揺らぎ。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月16日

    エッセイってジャンル自体が苦手だったけど、これは好きだと思った。好きな作家だからというのもあるだろうけど、旅に出たくなったし、むしろ行った気分になれる本だった。日常の話も時々出てきて、丁度良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月13日

    吉田修一のエッセイ、ANAの機内誌で見かけた人は多いと思うが、定期的に旅するわけでもないので、これはありがたい。
    作家の一日は、あまり多くは起きないようだけど、言葉をつかって人を感動させる仕事だから一般的な職業人と視点がすこし違うのかもしれない。
    路、ルウを読んだときにも思ったが、台湾が好きみたいだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月06日

    著者の吉田修一は、旅行にあう本を探していて、ANAの機内誌で連載しているエッセイをまとめた『あの空の下で』を読んでファンになって以来、追いかけている作家。

    特に前述書に収録された「東京画」は、たぶん短編小説のオールタイムベストを選ぶとしたら、ベスト10には入れたいほど気に入っている。

    本書は、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月09日

    JALばかり乗るからほとんど読んだことの無いエッセイだったけど飛行機に乗って読むと良い感じなんだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月07日

    ANAの機内誌で連載しているエッセイをまとめたもの。このエッセイが好きなので今回手に取って見た。作者の様に旅が上手な人になりたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月03日

    作家の描く世界とはどうしてこうも解像度が高いのか。もちろん作家なのだから当然なのかもしれないが、毎日の日常がこのように新鮮さに満ち溢れていれば、きっと人生はもっと充実したものになるのだろうなと嫉妬してしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています