日本人の勝算―人口減少×高齢化×資本主義

日本人の勝算―人口減少×高齢化×資本主義

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「日本人の優秀さ」こそ、この国の宝だ――。

日本在住30年、元ゴールドマン・サックス「伝説のアナリスト」、
日本文化に精通する「国宝の守り人」、日本を愛するイギリス人だから書けた!

外国人エコノミスト118人の英知を結集して示す、日本人の未来。
「人口減少×高齢化」というパラダイムシフトに打ち勝つ7つの生存戦略とは。

■筆者からのコメント■
日本に拠点を移してから30年、さまざまな出来事を目の当たりにしてきました。
経済の低迷、それにともなう子どもの貧困、地方の疲弊、文化の衰退
――見るに耐えなかったというのが、正直な気持ちです。

厚かましいと言われても、大好きな日本を何とかしたい。

これが私の偽らざる本心で、本書に込めた願いです。
世界的に見て、日本人はきわめて優秀です。
すべての日本人が「日本人の勝算」に気づき、行動を開始することを願って止みません。
――デービッド・アトキンソン

■主要目次■
第1章 人口減少を直視せよ――今という「最後のチャンス」を逃すな
第2章 資本主義をアップデートせよ――「高付加価値・高所得経済」への転換
第3章 海外市場を目指せ――日本は「輸出できるもの」の宝庫だ
第4章 企業規模を拡大せよ――「日本人の底力」は大企業でこそ生きる
第5章 最低賃金を引き上げよ――「正当な評価」は人を動かす
第6章 生産性を高めよ――日本は「賃上げショック」で生まれ変わる
第7章 人材育成トレーニングを「強制」せよ――「大人の学び」は制度で増やせる

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
328ページ
電子版発売日
2019年01月11日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

日本人の勝算―人口減少×高齢化×資本主義 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月20日

    世界と比較した日本の現実を
    データで裏付け読みといた本。

    まさにそう!という感じ。

    今後大人が学ばなければ!
    過去の人的ボリュームでできていたことが、
    人が少なくなることにより、
    できなくなることを受け止め、
    企業を変革するべき。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月16日

    書いてある通りだと思います。少子化、人口減少が最も大きな問題。欲張らないのが美徳で済まさせれていたのは人口が増えてて経済が伸びていたからであって、これこらシュリンクする世界ではこれまでのやりかたでは確実に悪い。生産性(ここでは一人当たりのGDP)上げないと全死ですよ。そういった意味ではコロナは社会変...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月03日

    色々な研究やデータから色々な意見を示唆してくれています。
    個人的には、中小企業の統合の発想が面白いです。

    日本を外の視点からよくよく見ている本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月13日

    日本社会が取るべき方向性を、
    豊富なデータを横並び比較して、説得力を高めて記述している。

    質より量 
    とよくいうが、人口が減るのであれば、質を高めるしかなく。
    新陳代謝が働かなくなる少子高齢化を迎える日本では、当然質を上げる、アップデートし続けるしかない。

    俺もアップデートしなきゃ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月04日

    地方の疲弊と都会との格差拡大を実感中。最低賃金も全国最下位グループ。最低賃金の底上げで改善されればいいのだが。つい最近、全国で唯一デパートが無い県になってしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月04日

    本書における筆者の主な主張:
    ・年金制度、消費税、国の借金といった諸問題は、そもそも日本人の所得が低いことに由来している。
    ・このため、所得を継続的に向上させることを通じて生産性を向上させる必要がある。
    ・それを実現するために、最低賃金の引き上げ、小規模企業統合の促進、(大学も活用した)労働者への(...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月29日

    人口減少中の日本を如何に再興するかの本という本で、本質的に論じているのは生産性と、それを上げる為の最低賃金上昇という点。

    生産性向上の事を考えると、日本的な仕事の仕方や思考体系が問題で、そこを変えるべきとばかり思っていたが、それだけでなく、最低賃金の増加などの、法律や制度から変えられる所があるとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    at4-7 2019年02月07日

    着実に破綻に向かうこの国の将来シナリオを、科学的にあぶり出すだけでなく、破綻を回避する方法をも明示していて素晴らしい。日本人全員が読めば、この国の未来が変わる、かも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月29日

    非常にわかりやすく日本の課題とどう解決し得るか?をマクロ的に分析している。
    人口減少への対策としては、生産性を上げるしか無い。
    そのためには企業規模拡大、輸出、最低賃金の継続的な引き上げ、従業員・経営者のトレーニングが必要。
    題名から見える日本人礼賛ではなく、本質的なところを示唆してくれている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月06日

    日本の勝算のキーワードは「生産性の向上」。
    日本は人材評価が高いにもかかわらず、生産性は他の先進国に比して低く、潜在力がある(はず)。
    生産性を高めるには、最低賃金の引き上げが有効。企業はこれまで人件費を削ってコストを下げることで商品の値段を下げて競争してきた。最低賃金を引き上げれば、人件費を削るこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

日本人の勝算―人口減少×高齢化×資本主義 に関連する特集・キャンペーン