デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論―潜在能力を活かせない「日本病」の正体と処方箋

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論―潜在能力を活かせない「日本病」の正体と処方箋

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ベストセラー『新・観光立国論』の著者、30年間の集大成がついに刊行。

日本はいま、潜在能力をまったく活かせない「日本病」に陥っている。
その原因を特定し、「あたりまえの政策」を実行するだけで、
【平均年収2倍】【GDP1.5倍(770兆円)】が可能になる!

データに基づく客観的な分析で解説する、日本に輝かしい未来をもたらす方法。

■潜在能力を活かせば、日本はこうなる
・平均給与は男性が1.6倍、女性が2.7倍に。全体では約2倍に拡大
・GDPは1.5倍の770兆円に
・貧困問題、国の借金の問題、社会保障費問題も解決する

■筆者のコメント
皆さんが学校でこんなに熱心に勉強して、塾にも通って、就職してからも毎日長い時間を会社で過ごし、
有給休暇もほとんど消化せず、一所懸命働いているのに、「生産性は世界第27位」と言われて、悔しくないですか。
先進国最下位の生産性と言われて、悔しくないですか。
こんなにも教育水準が高い国で、世界の科学技術を牽引するだけの潜在能力がありながら、
1人あたりのノーベル賞受賞数が世界で第39位というのは、悔しくないですか。
「ものづくり大国」を名乗りながら、1人あたり輸出額は世界第44位と言われて、悔しくないですか。

私は、悔しいです。日本は、この程度の国ではありません。

日本の実績を「この程度」に押しとどめている原因を特定し、改革を実行すれば、日本は必ずや、劇的な復活を果たせるはずです。
本書がその一助となれば、筆者としてこれほど嬉しいことはありません。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
東洋経済新報社
ページ数
308ページ
電子版発売日
2016年12月09日
紙の本の発売
2016年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

書店員のおすすめ

人口や1人あたりのGDP・生産性といったキーワードをもとに日本経済を紐解く、デービッド・アトキンソン氏の著作。
氏は多面的に日本経済へのアプローチを行っているが、その主張、論拠は一貫しており、客観的な数字に基づいた説明がなされている。そのため、これは氏が手がけたどの著作にも共通している点だが、論調にブレがなく、納得感のある説明には毎回舌を巻くばかりである。
詳細は本作をお読みいただければと思うが、もはや世界における日本の優位性は揺らぎ始めており、他の先進国から取り残される未来も近くなってきている。その現実に対して警鐘を鳴らす本作は、今まで日本人が盲目的に信じ込んできた日本像を考え直す機会を与えてくれるとともに、日本という国が進むべき将来の針路について、有益な示唆を与えてくれることだろう。

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論―潜在能力を活かせない「日本病」の正体と処方箋 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年03月10日

    「日本の技術は世界最高峰で、世界に誇れる技術が日本にはある」という日本人が持っている幻想を打ち砕く1冊!!絶対値だけをみることの怖さや平等であることの美徳を掲げる日本人の特性の危うさを教えてくれる一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月04日

    日本のGDP世界3位(中国に抜かれるまでは2位)の地位は人口の多さによるもので、1人あたりGDPは世界第27位。

    筆者は言う ”皆さんが学校でこんなに熱心に勉強して、塾にも通って、就職してからも毎日長い時間を会社で過ごし、有給休暇もほとんど消化せず、一生懸命働いているのに、「生産性は世界第27位」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月18日

    ・移民の前提に生産性向上が必要。日本が世界3位の経済大国なのは人口の多さによっている。
    ・1人あたりにすると各指標も大したことはない。日本に必要なのは生産性を上げること。
    ・いつもの論調だが、では生産性を上げる2はどうしたら良いか?その具体論には乏しいように思われる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月09日

    日本経済が高度成長したのも、失われた20年を経験したのも、人口要因で説明できるのだから日本は特別だ、といって目をそらすのはやめろ。
    人口が増えなくなったのだから生産性を上げろ、という意見。
    別に無理な水準を言っているのではなく、他の先進国並みで良いのだから、と。

    しかし、二年後に書いた『新・生産性...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月22日

    小西美術工藝社代表取締役で日本の再生について熱い提言をしているデービッド・アトキンソンさんの書籍です。昨今、ニュースで良く耳にする「働き方改革」についても日本人の生産性の低さを強烈に批判しつつ、女性の賃金を上げる事や本気で改革に取り組まない経営者に対する強烈な批判等、アナリストとして長い間、日本を視...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月18日

    ・GDPは「人口×生産性」
    ・潜在能力の発揮度合いは「一人あたり」で見るべき
    ・伊藤忠商事の元役員の話「日本は少しずつ改善する調整が苦手で、180度の方向転換しかできない」
    ・縦割り行政は多くの国で確認されており、日本固有の問題ではない。英語では「silo」が縦割り行政をあらわす。先進国では、経済が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月28日

    データに基づいて日本経済の現状を論じている本。
    中国との差が年々開いていってるのは知ってましたが、欧州との関係は注目ですね。
    経営者向けな話ばかりなので、労働者としてはどうすればいいのだというところがもやっとしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月24日

    日本はGDP世界第3位の成熟国家であり、これ以上の大きなのびしろはない。そもそも資本主義そのものが終焉に近づいている、なんていう話の方をよく聞く。そうなんだ、と納得するところはありつつも、どこか閉塞感を感じていた。でも本書では、がらりと印象がかわる。生産性では、世界第27位で、日本なんてまだまだのび...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月16日

    どの作品も感心させられる。
    日本人の妄想を数字、ファクト、ロジックでことごとく論破していく。
    あまりの小気味よさに、爽快な気持ちにすらなる。

    日本の経済成長に関する人口ボーナスからの指摘。
    大変勉強になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月11日

    成長しなくても良いと考える理由が何なのか疑問に思った。確かに単にプレッシャーがないだけかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論―潜在能力を活かせない「日本病」の正体と処方箋 に関連する特集・キャンペーン