護られなかった者たちへ

護られなかった者たちへ

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

仙台市の保健福祉事務所課長・三雲忠勝が、手足や口の自由を奪われた状態の餓死死体で発見された。三雲は公私ともに人格者として知られ怨恨が理由とは考えにくい。
一方、物盗りによる犯行の可能性も低く、捜査は暗礁に乗り上げる。
三雲の死体発見から遡ること数日、一人の模範囚が出所していた。
男は過去に起きたある出来事の関係者を追っている。男の目的は何か? なぜ、三雲はこんな無残な殺され方をしたのか?

誰が被害者で、誰が加害者なのか──。
怒り、哀しみ、憤り、葛藤、正義……
この国の制度に翻弄される当事者たちの感情がぶつかり合い、読者の胸を打つ!

第三の被害者は誰なのか?
殺害された彼らの接点とは?
第三の被害者は?
本当に“護られるべき者”とは誰なのか?

“どんでん返しの帝王”中山七里が、日本の社会福祉制度の限界に挑んだ問題作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
NHK出版
ページ数
384ページ
電子版発売日
2018年02月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

護られなかった者たちへ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月10日

    すっかり騙された。面白かった。
    面白いでは片付けられない、生活保護制度の難しさ、護られなかった者の悲惨な結末と重いテーマ作

    けいさん、利根、カンちゃんの擬家族の温かさ故の復讐劇…悲しい

    結末を知ってしまったが映画化もとても楽しみだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月08日

    生活保護が受けられず、餓死…。収監された犯罪者の守られた生活…。税金の使われ方に、ホント納得いかないモヤモヤ…。しかし、利根とカンちゃんの兄弟愛、けいさんの母性愛…に救われた(涙)。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月29日

    最後の最後までハラハラと切なさと温かみと虚しさがないまぜの感情で引き込まれました。

    護りたかった者を護れなかった無念はいかほどのものか。

    制度の趣旨とズレた運用になってしまっている福祉のシステムはたくさんあるのではないだろうか。

    大切な人を護るためには、自分が護る側にいなければいけない、と思わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月22日

    社会福祉で護られなかった者たち。支給を受けるべき者が受けられない現実。国が最終的な悪ではあるようだけど、そうなった原因は予算が無限でない以上、結局不正受給を受けた人にもある。罪の構図が個々人が罪の意識を感じられない構図となっているだけに、その被害者が痛ましい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月08日

    制度に護られずに
    大事な人をなくした犯人側をかわいそうだとは思いながらも
    殺された人々には「相当の罰」だったのか
    加害者にも理はあったんじゃないか
    と考えてしまいます
    困っている人を
    四角四面な制度で護るとすれば
    やはり護られない人も出てくるんだなぁ・・・・
    これこそ 人情のなくなったということか・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月17日

    ラストどころか中盤から大号泣。

    仕事がら、生保など公的資金が注入されている人達ののあれやこれやを目にすることが多く、本当に憤っている。
    日本の社会保障の現状は生保だけでなくいろいろ最悪だと思う。
    この作品がもっともっと世に広まればいいな。
    そんな風に思える作品は久しぶり。

    主題が護られなかった方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月06日

    善人と評されていた福祉保健事務所課長が餓死死体で発見される。その後発見された第二の餓死死体。調べるうちに出所した1人の模範囚が浮かび上がるのだが…。

    たまたまこの本を読む前に読んでいたのが
    「すぐそばにある「貧困」」

    生活保護という制度は人を救うためにある
    でもそれがうまく利用されずに
    起こる悲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月04日

    護られなかった人たちを、護りたかった人がいた。

    いやー泣いた、めっちゃ心揺さぶられた…
    今も思い出すだけで泣ける…。
    めちゃめちゃ救われないんだけど、個人的にはそれこそが救いになったみたいな、不思議な読後感。

    生活保護のケースワーカーはいい人?嫌な人?という問いかけがたくさん出てくる。それを考え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月07日

    難しい問題を示してくれたお話でした。
    正直者が正しく判断される世の中であって欲しいです。
    護られるべき人が除外されてしまう世の中はどうなんでしょう。
    誰も生活保護を受けたくて受けている訳ではないと思います。
    現在コロナで職を失っている人も多いのでは?
    少しづつでも皆が助け合ったらと思います。

    貧し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月25日

    生活保護の社会問題をテーマにした物語
    胸締めつけられる描写あります。
    いつものどんでん返しあります、そこはやっぱりなという感じでした。
    映画化されるということですがキャストは好みだけど、うーんやはり原作を先に読んだので見ないかな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

護られなかった者たちへ に関連する特集・キャンペーン