池上彰の世界の見方 中東~混迷の本当の理由~

池上彰の世界の見方 中東~混迷の本当の理由~

作者名 :
通常価格 1,386円 (1,260円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

中東情勢の基本が驚くほどよくわかる。

国際紛争の震源地ともいえる中東。
イスラム過激派によるテロが頻発し、大勢の難民が欧州に流入。
なぜこんなことになってしまったのか?
その答えを見いだすには、歴史のどの地点から見直せばよいのか?
池上さんは、現在の中東の混乱は、1978年のソ連によるアフガニスタン侵攻から振り返るとわかりやすい、と言います。
自称「イスラム国」(IS)が誕生して世界でテロが頻発するようになるまで、約40年の間に何があったのか? 
大国の身勝手、イスラム教の宗派対立、土地や資源をめぐる争い。
理解しがたい中東の真実が、池上さんによって鮮やかに解説されます。
本書は、池上彰が選ぶ独自のテーマで、世界の国と地域を解説する『池上彰の世界の見方』シリーズの4冊め。
中東とイスラムの基礎・基本がよくわかります。

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
池上彰の世界の見方
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年09月01日
紙の本の発売
2017年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

池上彰の世界の見方 中東~混迷の本当の理由~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月02日

    点と点が繋がった感覚。見聞きしてきた断片的、断面的だった出来事がわかりやすい文章で繋がりました。歴史のバックグラウンドがわかるとニュースを見てもわかりやすいと感じました。
    他のシリーズも読みます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月22日

    世界史が苦手だった私が面白く読めた。何考えてるかよく分からなくて恐い中東のイメージだったが内戦やテロなどの背景が分かって少しでも貢献したい気持ちになった。アメリカやヨーロッパが背景に大きく影響していて、他の国の歴史も知りたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月12日

    中東には色々な問題があるなと。この本でその背景を知った。
    いつかは訪れたいと思っているイスラム文化の国。
    それまでにもっと文化を理解しておきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月29日

    アフガニスタンの侵攻、タリバンとアルカイダ、
    アラブの春にイスラム国・・・
    一つ一つの出来事はニュースで聞きかじってはいたものの
    カオスな状態で脳内に放置されていた中東問題。
    この本を読むと、それらが見事につながって
    あっという間に整理整頓されるという
    実にミラクルな快感を味わえます。
    (学ぶ楽しみ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月30日

    2019/11/30
    このシリーズも二冊目に突入しました。中東編。もともとは中田敦彦のYouTube大学で紹介されていたシリーズですが、東南アジア読んでみたらとてもわかりやすかったので、次に中東編です。
    この中東編もそうですが、知らないと恥をかく世界の大問題シリーズを高校生、中学生向けにアレンジして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    池上さんが主に中高生向けに書かれた本。
    とにかく分かり易い。
    おぼろげだった中東への知識が再確認出来た。
    今の中東の状況というのは大国の翻弄がかなりのウエイトを占めているというのは新たな発見。特にアメリカ・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月19日

    中東はひたすら物騒な印象で、宗教に血眼で偏狭なイメージを持っていました。正直今でもそういう印象は拭い去れないです。これだけ世界中にイスラム教徒がいて身の回りには全然いないのも影響しているのかなと思います。個人に立ち返ったときに、一つの国にも色々な主張や生き方が有る事が分かるのだけれど、集団として捉え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月27日

    中東情勢について、わかりやすく解説されていて
    とても勉強になった。
    とはいえ、入り組んだ世界なので忘れそう。
    時間を置いてもう一度読んでみよう。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年01月12日

    中東の現状を知るためにイスラーム教への知識欲が優っていたが、「石油の利権関係に国家の発言内容が左右される」という一文(意訳)で、石油の動きなど経済的観点から中東問題(に限った話ではないが)へ目を向けることの重要性を改めて実感した。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年07月29日

    この本は中高生向けに書かれたということですが、それでも中東は、宗教や民族のあたりが難しく、理解しにくい箇所もありました。でも、今まで全く知らなかったことがかなり理解できました。中東を理解する1冊目の本としてはかなり良書だと思います。

    第一章「混乱の始まり」から見る中東
    第二章「戦争とテロ」から見る...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

池上彰の世界の見方 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング