アート小説の旗手として圧倒的人気を誇る原田マハが、自身の作家人生に強い影響を与えた絵画はもちろん、美術史のなかで大きな転換となった絵画や後世の芸術家に大きな影響を与えた革新的な絵画などを厳選。画家の思い、メッセージ、愛や苦悩を、作家ならではの視点で綴る。『楽園のカンヴァス』でモチーフとなったルソー、『ジヴェルニーの食卓』で描かれたモネ、『暗幕のゲルニカ』のピカソといった、原田作品でおなじみの絵画はもちろん、古典、日本画、現代アートを含む全26点を掲載。豪華カラー図版収録。【目次】一枚目 アヴィニヨンの娘たち――パブロ・ピカソ/二枚目 秘儀荘「ディオニュソスの秘儀」――作者不明/三枚目 聖フランチェスコの伝説――ジョット・ディ・ボンドーネ/四枚目 プリマヴェーラ(春)――サンドロ・ボッティチェリ/五枚目 最後の晩餐――レオナルド・ダ・ヴィンチ/六枚目 セザンヌ夫人――ポール・セザンヌ/七枚目 バルコニー――エドゥアール・マネ/八枚目 大壁画「睡蓮」――クロード・モネ/九枚目 エトワール――エドガー・ドガ/十枚目 星月夜――フィンセント・ファン・ゴッホ/十一枚目 アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像I――グスタフ・クリムト/十二枚目 真珠の耳飾りの少女――ヨハネス・フェルメール/十三枚目 ブリオッシュのある静物――ジョルジョ・モランディ/十四枚目 マドリッド、1808年5月3日――フランシスコ・デ・ゴヤ/十五枚目 ダンス――アンリ・マティス/十六枚目 夢――アンリ・ルソー/十七枚目 ゲルニカ――パブロ・ピカソ/十八枚目 おまえの口に口づけしたよ、ヨカナーン――オーブリー・ビアズリー/十九枚目 黒の正方形――カジミール・マレーヴィチ/二十枚目 Number 1A,1948――ジャクソン・ポロック/二十一枚目 シーグラム壁画――マーク・ロスコ/二十二枚目 テワナ衣装の自画像、あるいは私の考えの中のディエゴ、あるいはディエゴへの思い――フリーダ・カーロ/二十三枚目 聖マタイの召命――ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ/二十四枚目 オルナンの埋葬――ギュスターヴ・クールベ/二十五枚目 叫び――エドヴァルド・ムンク/二十六枚目 道――東山魁夷/あとがきにかえて

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年08月18日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

Posted by ブクログ 2018年06月10日

作家さんのエッセイを読むと、個人的な出来事が小説に反映されていることが分かり、とても興味深い。そのまま小説に現れるわけではないけれど、ちょっとした一言や背景などエッセンスのような形で現れる。それが分かると、読者としてはとても嬉しい。

この本を読むと、原田さんがかつて絵画を見て感じて思ったことが、小...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

Posted by ブクログ 2018年04月29日

この本はカラー図版で26枚の絵を一枚ずつ解説している。原田マハさんの解説によって絵の背後にそれぞれの画家の意思があり何が隠されているのか大変興味を持つ。どの絵も感慨深くもっともっと絵を描いた画家のことを知りたくなる。また美術館に足を運びたくなる一冊である。

このレビューは参考になりましたか?

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月15日

病院入院中の友人に送りました。
閑話休題です。書評を幾つか拝見しまして、原田マハ氏に
注目しておりました。小説類はこれから拝読します。
文章のたおやかさはこれから堪能しましょうと思います。
こんな折ですが。彼女は直木賞候補に数度挙がっていますね。
きっと天は弐物どころか参物を与えたもうたのでしょう。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

Posted by ブクログ 2018年04月06日

ピカソやゴッホなど、有名な画家を題材にした小説で一躍脚光を浴びた原田マハさん。「森美術館」を立ち上げるためにニューヨーク近代美術館(MoMA)でキュレーターとしての修行を積んだ経験に裏打ちされているので読んでいてとてもリアリティを感じます。

そんな原田さんが見ておきたい名画を紹介しているエッセイ。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

Posted by ブクログ 2018年03月21日

ピカソの『アヴィニヨンの娘たち』と『ゲルニカ』、レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』、モネの『睡蓮』など26点の絵画について語られた原田さんのエッセイ。
図録付きなので作品の表現に関する説明はとても分かりやすく、アーティストのおおまかなバイオグラフィやその作品が描かれた時代背景にも触れてあって、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

Posted by ブクログ 2018年01月26日

それぞれの作品、人にストーリーがある。
死ぬまでにいくつ見れるかな。

アビニョンの娘たち:ピカソ
秘儀荘:ディオニソスの秘儀
聖フランチェスコの伝説:ジョット
プリマヴェーラ(春):ボッティチェリ
最後の晩餐:ダ・ヴィンチ
セザンヌ夫人:セザンヌ
バルコニー:マネ
大壁画「睡蓮」:モネ
エトワール...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

Posted by ブクログ 2017年11月24日

私の好きな絵は何だろう。
本の中に私の好きなウフィッツィ美術館が出てきて嬉しかった。スペイン、マドリードの美術館も実際に行けてよかったな。
マハさんのオススメの絵画に会いに行きたいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

Posted by ブクログ 2017年09月06日

今までの原田マハさんの作品の総集編のよう。ピカソのゲルニカ、モネの睡蓮、ルソーの夢など、小説の表紙に使われた作品はもちろんのこと、小説に登場した画家たちの絵が、紹介されている。(まだ小説に出てきていない人もいるが。)私は睡蓮と星月夜が好き。いちまいの絵。画家の思い。見果てぬ夢。あぁ、原田さんはなんて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

Posted by ブクログ 2017年08月15日

いちまいの絵画たち。戦争の記憶であるマドリッド。宗教でありミステリーでもある最後の晩餐。風景と光の芸術であるモネの睡蓮。その瞳は何を見るのかと思う真珠の耳飾りの少女。そして、アンリルソーの夢に圧倒される。

絵を見ることは、心への最高の栄養補給であり、好奇心を何よりもそそるスパイスのようなものだと思...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年05月05日

この人の最近の小説、やや浅い気がして、初期作の美術愛が薄れているように感じるの、自分だけだろうか。いじわるな感想を抱く。

選出された絵は、ほとんどが自作の著作に関わるもの。
レオナルドやピカソの有名作はもう聞き飽きた説明ばかりだし、セザンヌが近代絵画上に為した革命的な発見を述べずにあっさりと好きじ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?