泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部

泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部

作者名 :
通常価格 917円 (834円+税)
紙の本 [参考] 1,034円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

最強のぐんしー・孔明、呉の美周郎と対決!

魏の曹操との決戦を前に、呉と同盟を組もうとする劉備軍団。
しかし豪族連合の呉は、戦うか降るかでオジキ達の議論が紛糾、
カシラの孫権もまとめられない。
さらに呉の美しき軍指揮官・周瑜は、変態軍師・孔明に殺意を抱き――。

こんなことで赤壁に勝利を刻むことができるのか?
いまヤバイ酒見版「三国志」、手に汗握る第参部!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
528ページ
電子版発売日
2017年07月06日
紙の本の発売
2015年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年04月27日

    【なんだこりゃ!?三国志】も3巻目。有名な話赤壁の戦いも、「なんだこりゃ!?」だった。本編読んでないので、ますますだけど、とっても面白い!
    呉の人達が喋ってるのは、広島弁?博多弁?高知弁??誰か教えて下さい。
    巻末のフリペもグッド!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月17日

    冒頭の本筋とは直接関係のないサンゴクシシャン談義を経て、物語はいよいよクライマックスとなる赤壁の戦いに向かっていきます。
    酒見さんのツッコミも相変わらずの冴えを見せ、時にニヤつき、時に爆笑しながら、最後まであっという間に楽しく読ませてもらいました。
    第四部は出たばかりなので、文庫化にまた二年半から三...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月06日

    赤壁の戦い!!

    今回も笑わせてもらいましたよ。本当に面白いんだもんなー。

    そうして読みながら、孫権って影がうっすいことに気が付く。うーん、生まれるのが十年遅かったか、孫権!
    もったいないぞ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月08日

    サンゴクシャン最大の見せ場赤壁編。
    正史と演義の世界を縦横無尽に行き来しつつ愛情溢れるツッコミが素晴らしい。
    仁義なき戦いに出てきそうな呉の連中よりも孔明の方が妖しく怖い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月04日

    ハチャメチャ三国志だ。呉の国の要人が皆広島弁をしゃべるところが愉快だ。話が展開するにつれ、三国志演義の世界に近づいてくるのはやむを得ないところ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月27日

    ようやく文庫本の第3部が刊行されました。続けて読みたいところですが、いかんせん作者の酒見さんの遅筆?!なのか前回の発行から間が空くのでお話が何処まで進んだのか思い出し思い出しの読書です。それでも、読み始めると酒見流の独特な作風に引きずりこまれます。
    題名からわかるとおり、これまでの三国志などのイメー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月04日

    2巻まで読んでて超久しぶりに再開。面白かった。赤壁から周瑜の死まで。やっぱ私、サンゴクシシャンだな!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月28日

    赤壁の戦いから劉備が荊州切り取るまで

    孔明を変質者として、常に白羽扇を持っていることを揶揄したりしながら、しばしば話の中に割り込んで突っ込む作者。
    このため、うるさいというほどではないが、読むリズムをつかみ損ねてしまった。

    三国志は他にも読んだけれど、これはこれで読み物として面白いと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

泣き虫弱虫諸葛孔明 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 泣き虫弱虫諸葛孔明 第壱部
    奇怪な衣装で宇宙哲学を語り、あの手この手で自分の臥竜伝説を作ろうとする 諸葛孔明はそんなアブなくてセコい男だった! 口喧嘩無敗を誇り、いじめた相手には得意の火計(放火)で恨みを晴らす―― なんともイヤな子供だった諸葛孔明。 奇怪な衣装に身を包み、宇宙の神秘を滔々と説いて人を煙に巻くアブナイ男に、 どうしてあの劉備玄徳がわざわざ「三顧の礼」を尽くしたのか? 新解釈にあふれ無類に面白...
  • 泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部
    劉備軍団でヘンなのは孔明だけ…ではない 三顧の礼を受け、とうとう劉備軍団入りした孔明。 涙枯れ果てるまで泣き尽くす漢・劉備や、 刀ひとふりで数十個の首を落とす殺人マシーン張飛、 ひたすら義に殉ずる頑固一徹の関羽らとともに、 曹操との死闘が始まって――。 ますます快調の酒見版「三国志」第弐部は、 孔明出廬後から長坂坡の戦いまでが描かれます。 常人には理解しがたい論理で動く劉備と、屈強...
  • 泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部
    最強のぐんしー・孔明、呉の美周郎と対決! 魏の曹操との決戦を前に、呉と同盟を組もうとする劉備軍団。 しかし豪族連合の呉は、戦うか降るかでオジキ達の議論が紛糾、 カシラの孫権もまとめられない。 さらに呉の美しき軍指揮官・周瑜は、変態軍師・孔明に殺意を抱き――。 こんなことで赤壁に勝利を刻むことができるのか? いまヤバイ酒見版「三国志」、手に汗握る第参部!
  • 泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部
    タイトルどおりの「泣き虫」孔明。圧巻の「泣き」をご堪能あれ! 赤壁の戦いで魏軍に大勝した劉備玄徳は、その後湖南四郡に進出、 そして天下の奇人で「鳳雛(ほうすう)」と呼ばれたホウ統(ほうとう)を召し抱えた。 しかしそのホウ統はラク城包囲中に流れ矢に当たって死んでしまい、劉備をひどく嘆き悲しませる。 その後、劉備の義兄弟・関羽も呉軍との戦いの中に死に、あろうことかもう一人の義兄弟...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています