泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部
  • 最新刊

泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部

作者名 :
通常価格 1,400円 (1,273円+税)
紙の本 [参考] 1,485円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

酒見版『三国志』、ここに完結!
盟友を亡くし失意の孔明は、南蛮の王・猛獲を七度破って七度許し、南蛮の物資を確保。「出師の表」を劉禅に報じ、魏を倒すため北伐を決意する。蜀と魏が五丈原で対陣する時、孔明最後の奇策が炸裂する!

いまだかつてない孔明像を書き上げ、大反響のシリーズ、堂々の完結篇。

解説・稲泉連

※この電子書籍は2017年6月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
720ページ
電子版発売日
2020年08月05日
紙の本の発売
2020年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月29日

    劉備亡き後のお話はどうなんだろう? と思いながら読み始めましたが、南方成敗も滅法面白かったです。
    結局最後まで読むスピードは衰えませんでした。
    最後の方、しんみりしてしまうのは仕方がないですね。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年08月23日

    諸葛孔明死す。
    蜀に集まった英雄は、皆いなくなってしまった。
    ひとつの時代に、多くの英雄が現れ、歴史を動かしてきた。
    互いに切磋琢磨して、輝きを増したのだろう。

    冒頭の、三国志をラーメン店の勢力争いに模した話は、分かりやすくて、面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

泣き虫弱虫諸葛孔明 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 泣き虫弱虫諸葛孔明 第壱部
    ptバック
    奇怪な衣装で宇宙哲学を語り、あの手この手で自分の臥竜伝説を作ろうとする 諸葛孔明はそんなアブなくてセコい男だった! 口喧嘩無敗を誇り、いじめた相手には得意の火計(放火)で恨みを晴らす―― なんともイヤな子供だった諸葛孔明。 奇怪な衣装に身を包み、宇宙の神秘を滔々と説いて人を煙に巻くアブナイ男に、 どうしてあの劉備玄徳がわざわざ「三顧の礼」を尽くしたのか? 新解釈にあふれ無類に面白...
  • 泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部
    ptバック
    劉備軍団でヘンなのは孔明だけ…ではない 三顧の礼を受け、とうとう劉備軍団入りした孔明。 涙枯れ果てるまで泣き尽くす漢・劉備や、 刀ひとふりで数十個の首を落とす殺人マシーン張飛、 ひたすら義に殉ずる頑固一徹の関羽らとともに、 曹操との死闘が始まって――。 ますます快調の酒見版「三国志」第弐部は、 孔明出廬後から長坂坡の戦いまでが描かれます。 常人には理解しがたい論理で動く劉備と、屈強...
  • 泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部
    ptバック
    最強のぐんしー・孔明、呉の美周郎と対決! 魏の曹操との決戦を前に、呉と同盟を組もうとする劉備軍団。 しかし豪族連合の呉は、戦うか降るかでオジキ達の議論が紛糾、 カシラの孫権もまとめられない。 さらに呉の美しき軍指揮官・周瑜は、変態軍師・孔明に殺意を抱き――。 こんなことで赤壁に勝利を刻むことができるのか? いまヤバイ酒見版「三国志」、手に汗握る第参部!
  • 泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部
    ptバック
    タイトルどおりの「泣き虫」孔明。圧巻の「泣き」をご堪能あれ! 赤壁の戦いで魏軍に大勝した劉備玄徳は、その後湖南四郡に進出、 そして天下の奇人で「鳳雛(ほうすう)」と呼ばれたホウ統(ほうとう)を召し抱えた。 しかしそのホウ統はラク城包囲中に流れ矢に当たって死んでしまい、劉備をひどく嘆き悲しませる。 その後、劉備の義兄弟・関羽も呉軍との戦いの中に死に、あろうことかもう一人の義兄弟...
  • 泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部
    酒見版『三国志』、ここに完結! 盟友を亡くし失意の孔明は、南蛮の王・猛獲を七度破って七度許し、南蛮の物資を確保。「出師の表」を劉禅に報じ、魏を倒すため北伐を決意する。蜀と魏が五丈原で対陣する時、孔明最後の奇策が炸裂する! いまだかつてない孔明像を書き上げ、大反響のシリーズ、堂々の完結篇。 解説・稲泉連 ※この電子書籍は2017年6月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本とし...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています