働きたくないイタチと言葉がわかるロボット

働きたくないイタチと言葉がわかるロボット

作者名 :
通常価格 1,870円 (1,700円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

なぜAIは、囲碁に勝てるのに、簡単な文がわからないの?
そもそも、言葉がわかるって、どういうこと?

中高生から大人まで「言葉を扱う機械」のしくみと、私たちの「わかり方」を考える。

--------------
「つまり、僕らはロボットにしてほしいことを言うだけで、あとはロボットが勝手にやってくれる。それが一番いいってことだね」
「いいね。そうすれば、誰も働かなくてよくなるね」
イタチたちはみなこの計画にうっとりして、なんてすてきなのだろうと思いました。
(序章「ことの始まり」より)
--------------

なんでも言うことを聞いてくれるロボットを作ることにしたイタチ村のイタチたち。
彼らは、「言葉がわかる機械ができたらしい」といううわさを聞いては、フクロウ村やアリ村や、
その他のあちこちの村へ、それがどのようなものかを見に行きます。ところが、どのロボットも
「言葉の意味」を理解していないようなのです――

この本では、「言葉がわかる機械」をめぐるイタチたちの物語と、
実際の「言葉を扱う人工知能」のやさしい解説を通して、
そうした機械が「意味がわかっていると言えるのか」を考えていきます。

はたして、イタチたちは何でもできるロボットを完成させ、ひだりうちわで暮らせるようになるのでしょうか?

ロボットだけでなく、時に私たち人間も、言葉の理解に失敗することがありますが、なぜ、「言葉を理解すること」は、
簡単なように見えて、難しいのでしょうか?

----------------------
――いま、さまざまな人がさまざまな機会に、「言葉を理解する機械がとうとう完成した」とか
「今はできていないけれど、もうすぐできるだろう」とか「機械には本当の意味で言葉を理解することはできない」
ということを言っています。いったいどれが正しいのでしょうか?
――私たちは普段から、「あの人が何を言っているかが理解できた」とか「あの言葉の意味が分からない」
ということをよく口にします。しかし、自分がそう言うとき、どんな意味で言っているか、きちんと意識しているでしょうか?
実際のところ、私たちはさまざまなことを、「言葉が分かる」という便利な表現の中に放り込んでしまっています。
それらを一つひとつ取り出してみないことには、「言葉が分かっているかどうか」という問題に答えを出すことはできません。
――この本では、「言葉が分かる」という言葉の意味を考えていくことで、機械のこと、そして人間である
私たち自身のことを探っていきたいと思います。
――(問題の一部を知るだけでも)みなさんが、「人と機械の知性」について考えたり、またご自身の
「言葉の使い方」や「理解の仕方」を振り返ったりする手がかりになると信じています。
(序章「ことの始まり」より)
----------------------

ジャンル
出版社
朝日出版社
電子版発売日
2017年06月30日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
35MB

関連タグ:

働きたくないイタチと言葉がわかるロボット のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    人工知能の仕組みを「言葉が分かるとはどういうことか」という観点から、物語を通じて教えてくれる本。理論言語学と自然言語処理は似て非なるものであり、我々が想像している以上に、ロボットが言葉を分かるようにするためには沢山の条件が必要である。まさに、人間とロボットの違いであると言える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月14日

    言語処理について書かれている.
    言葉の意味について考えさせられる.
    イタチが言葉が分かるロボットを作る話と技術的な解説が交互に述べられいて非常に読みやすく,そして興味深い本だった.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月11日

    働きたくないイタチたちが、いろんな動物たちを巻き込みながら、「何でもわかるロボット」の開発に悪戦苦闘するストーリーを追いながら、AIなど言葉を扱う機械の仕組みを解説しつつ、「言葉が分かるとはどういうことか」という問題を考えていく。
    AIなど言葉を扱う機械の基本的な仕組みとその課題、そして「言語が分か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月19日

    人間の言葉が分かるロボットを作ろうと努力するイタチ達。ストーリ仕立てでどのような機能が必要で、どのように難しいのかが分かるように工夫されている。深層学習などが発展してきても、言葉を取り扱うことの困難があるのだな。簡単には人間の言葉が分かる人口知能は実現できそうもないか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月04日

    人工知能について、まず最初に手に取るといい本だと思う。寓話と解説が交互に出てくる構成もわかりやすい。
    主人公である”イタチ”の考えることは、人工知能に興味を持った人がごく普通に持つ考えで、会社で人工知能関連のビジネスの話が出てくる時に最初にぶつかる意見でもある。それがいかに間違っているか、的をはずし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月18日

    知り合いの人工知能研究をやっている方が、「人工知能のできること・できないことが具体的にイメージできる、とても良い本」と言われていたので、早速読んでみた。「イタチ」に仮託した物語は面白く読めるし、言いたいことが事例とともに書かれているので説得力がある。確かにお奨め。

    本の内容は、擬人化したイタチが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月22日

    人工知能の事前言語対応における思考過程がとても分かりやすかったです。どのように言語解析が発展していったのかがわかりやすく、何が問題点なのかもわかりやすいです。

    最後まで読んだときに、主人公が「イタチ」なのもそれなりに意味があっんだなあ。と思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月24日

    予想外に面白かった。
    自然言語処理の入門書として最適では。
    言葉を理解することの難しさが分かる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月15日

    ここ40-50年の自然言語処理(あるいは単にAI研究)の歴史を、専門知識を持たない一般人としてのイタチが見ていく対話形式の物語。とても面白い。いわゆるAI研究は、今、一般人から見たとき、期待しすぎな部分と、なんでそんなことが出来ないの?な部分が同時に存在している。それらを皮肉してるようにも読めるし、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月09日

    (まるで作中のイタチのように)学部・修士と自然言語処理分野にいたものとして,また今般の人工知能ブームに巻き込まれているものとして,個人的には「お話」にこそいろいろと思うところがある.
    そんな個人的な体験は別にしても,「解説」部は想定読者の知りたいことが抜け漏れなく書かれていることや,わかりやすさなど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています