ふだん使いの言語学―「ことばの基礎力」を鍛えるヒント―(新潮選書)

ふだん使いの言語学―「ことばの基礎力」を鍛えるヒント―(新潮選書)

作者名 :
通常価格 1,595円 (1,450円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「言った、言わないが起こるのはなぜ?」「SNSの文章が炎上しやすい」「忖度はなぜ起こる?」……理論言語学の知見を使い、単語の多義性や曖昧性、意味解釈の広がり方や狭まり方、文脈や背景との関係などを身近な例から豊富に解説。文の構造を立体的に摑む視点が身につき言葉の感覚がクリアになる、実践的案内。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮選書
電子版発売日
2021年01月27日
紙の本の発売
2021年01月
サイズ(目安)
2MB

ふだん使いの言語学―「ことばの基礎力」を鍛えるヒント―(新潮選書) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月23日

    言語学とタイトルにつく本を何冊か読んでみて、いまだに言語学という広い範囲に何が含まれているのかつかみきれていないのだけれど、この本は言語学の中でも理論言語学のエッセンスを集めた本のよう。
    川添愛さんの著書はこれまでにも何冊か読んでいるけれど、わかりやすく平易に説明する技術に長けた方だなと感じる。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月04日

    川添さんの本2冊目、これも非常に面白かった。挙げられている例文が尽く面白く、都度ハッとさせられる。私達がもつ当たり前に脳内で(都合よく)変換する脳内母国語スキル!中学生くらいの文法のテキストにもいいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月05日

    ふだん何気なく使っている「言葉」。そうして何気なく使っているのに、うまく使いこなせなくて困る「言葉」。なぜ使えるのに使いこなすのは難しいのか。
    まえがきによればこの本は『理論言語学の入門書ではない』とのことだが、無意識な言葉の操作というのはどういうことかを言語学の観点から解きほぐす内容となっている。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月02日

    改めて、”母国語”と言うのは、すごいものだな、と思った。
    言語学の本を読んだ後で、この感想とは、自分の語彙の無さに呆れてしまうが、でもやっぱり、すごいのだ。
    著者が理論言語学の研究対象が『私たちの無意識の言語知識である』とおっしゃっているのだが、この”無意識”と言うのが、日本語を母語としていない人に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月13日

    『言語学バーリ・トゥード』が面白かったので読んでみた。しっかり言語学の内容もあるのに言語学を一切知らなくても簡単に理解できるようになっている。言語学界隈はやっぱり怖いなぁ。笑主語の大きさに注意

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月02日

    数多くの例題があり、楽しみながら日本語の感覚を確認できた.*や?の付いた文は著者の通りの違和感を持てたので、良しとしよう.「置き換えテスト」や「入れ替えテスト」を活用して、更に感覚を磨きたい.p213で紹介のあった「少納言」は早速活用を始めている.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月25日

    日本語って、
    面倒くさい。
    でも、面白い。

    自分の文章を添削される時、
    相手が何を直せと言ってるのか分からない人は、
    読んでみるといいのではないかと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮選書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング