鬼速PDCA

鬼速PDCA

作者名 :
通常価格 1,465円 (1,332円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

PLAN(計画)、DO(実行)、CHECK(検証)、ACTION(調整)の4ステップからなるPDCAサイクルは、ビジネスパーソンであれば誰もが知る古典的なフレームワークだ。
しかし、PDCAほどわかっているつもりでわかっていない、そして基本だと言われているのに実践している人が少ないフレームワークも珍しい。
PDCAを極め、「鬼速」で回せるようになると、仕事に一切の迷いや不安がなくなる。そして、常にモチベーションを保ったまま、天井知らずに成果をあげられるのだ。

★「鬼速PDCA」とは?
「鬼速PDCA」とは、PDCAを、高速を超える「鬼速(おにそく)」で回すことを指す。
このPDCAモデルは我流ではあるが、10年以上の実践を通して磨かれてきたものだ。
野村證券時代に支店での営業やプライベートバンカーとして数々の最年少記録を残せたのも、
独立後わずか2年で月間1000万PVを超えるWebサービスを作れたのも、すべて鬼速PDCAを実践してきたおかげである。★「鬼速PDCA」のしくみ
- 目標へのロードマップの全貌をロジカルに導く「因数分解」
- キャパオーバーを防ぐ「工数棚卸しシート」
- 仕事の先送りがなくなる「半週ミーティング」
- 仕事のモレ・ムダがなくなる「鬼速進捗管理シート」
- 日々の気づきを行動に変える「なるほどシート」
- 自分を成長させる習慣を定着させる「ルーチンチェックシート」

ジャンル
出版社
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
ページ数
272ページ
電子版発売日
2016年10月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

書店員のおすすめ

新入社員必読!そして人事部は入社前の課題図書として採用するべき一冊です。ビジネスパーソンに必須だと言われ続けてきた「PDCAサイクル」に焦点をおいた本です。PDCAサイクル趣味、恋愛などビジネス以外でも使える超便利な目的達成ツールなので、なにか叶えたい願い、達成したい目標がある人はこれを期にGETしちゃいましょう。またこの本の元ネタとなった著者 冨田和成先生のブログ「ZUU社長 冨田和成の鬼速ブログ」もかなり質の高い情報が満載なので、気になった方はぜひそちらもチェックしてみて下さい!

鬼速PDCA のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月01日

    実践レベルで使えるPDCAが具体的に書かれている。

    高速でサイクルを回すために必要なことなど
    成長したい人には必読であると言える。

    来年、再来年もう一度読み返してみると面白いかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月30日

    この本の発売当初は、
    自分も証券会社に勤めていて、
    プライベートな時間に仕事のことを考えたくない時期で、
    ずっと読んでいなかった。

    今回きっかけがあってこの本を読んで、
    自覚はなかったけど、
    自分もPDCAを回していたことが分かった。

    また、目標達成のために、
    自分が日頃意識していたことを
    言語...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月13日

    ●感想
    PDCA各フェーズでの注意点が具体的に書かれている。
    計画を立てるとき、振り返る時に常に横に置いてPDCAを回していきたい。

    ●なぜ読んだか
    ・現状のPDCAの精度を上げたい。

    ●学んだこと
    ・PDCAを回すことで課題は見つかる。そのため、回す速さは速い方が無駄な努力がなくなる。
    ・PL...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月23日

    変速ギア(段切り替え)のチャリと
    PDCA回す感覚ってちょっと似てる。

    上り坂に入ると軽いのに変えて
    下りになると重いのに変える。

    あの最適なペダルの重さと回すスピードが
    目標や課題という名の坂道に対して
    計画(仮説)立てて、実行して、確かめて、カイゼンして
    って回すPDCAのリズムが似てる。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月30日

    1.以前読んだ「営業」の本では書かれていない、具体的な使い方について気になったので早速購入しました。

    2.PDCAサイクルを実践し、可視化することで、他人よりも圧倒的に早いスピードで成長することができる。さらに、これを日々繰り返し行うことで、PDCAのタスクに記入する内容も進化し、成長を実感するこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月28日

    ゴールの定量化(数値目標)を取り入れる。

    部下にやってもらって上司が責任を取る形の方がPDCAのサイクルが明らかに早くなる。

    上司とのPDCAをすり合わすためにコミュニケーションをとる。

    大PDCA、中PDCA、小PDCA。

    TODOの決め方、小PDCAをこなしていく。

    DOはやること、T...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月06日

    教科書として利用している。 様々な本を読んで個別に課題について対応しているつもりでいたが、全ての課題、問題に対して横断的に利用できるスキルとしてPDCAは必要である。 多くの問題点抱えているが、PDCAをベースにして他のスキルを上げて行く。 本の内容に沿ってplanを立てようとしたが、うまく立て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    PDCAサイクルという言葉を知っている人は多いと思うが、実際に自分も含め意識して回せている人はあまりいないのではないだろうか。この本は具体的にグルグルとPDCAを回すにはどうしたら良いか書いている。GTDやリーンスタートアップ、仮説思考にも通じるものがあり、是非この本を参考に身につけていきたいと思わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月09日

    仮説思考でPDCAサイクルを細かく回す。

    PDCAは階層構造。
    大きなPDCAの下に小さなPDCAを階層的に重ねて実践していく。

    Aは、調整(Adjust)。

    本を読んでいる最中に、ネットで「PDCAはだめだ。OODAでなければならない」という記事を見つけた。
    自分にとっては、どちらがよいとか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月21日

    PDCAを高速に回すための実践的な手法の紹介。
    著者の経験に基づく説明のため、説得力がある。
    まずは始めてみよう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

鬼速PDCA に関連する特集・キャンペーン