グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命

グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「グローバリズムへの懐疑」「テロの恐怖の前に世界は」「Gゼロ時代で不安定化する世界はどうなる」「トランプ旋風にみる反知性主義の潮流にどう抗するか」「日本はどうあるべきか」──当代一の知識人が混迷の世界を読み解く。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
192ページ
電子版発売日
2016年10月28日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年06月10日

    今や世界レベルで飛ぶ鳥を落とす、そんな人気者の御方です。
    昨年末のNHKBSの単独特集はスゴかったですよね。
    時宜にかなっていたいうかそのものズバリという感じで。

    トッドと聞くとわたし達の世代的には
    某番組のトッド=ギネスを思い出してしまうんですが
    まったく無関係です。
    わたし達にとっては、アムロ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月11日

    いま世界は動いているんだなぁ〜ということをつくづく思った。人口統計学や人類学の知見によってソ連の崩壊やアメリカの没落を予言して来たトッドさんが、本書の中で今は日々起こる世界の変化に集中するだけで大変だと語られていた。
    感想書こうと内容を思い出そうとしたがかなわず…もう一回読んでみなくてはという間抜け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月18日

    『つまり、フランスの指導層は、ユーロを壊すくらいならフランス社会の一部を壊したほうがましだと考えたのです』―『日本の読者へ』

    冬の朝、寒い駅のホームで電車を待っている時、背中に当たる陽を感じて温もりを思う。地平線から登ったばかりの弱々しい太陽でもこれだけの力があるのだなと感心すると同時に、何か知恵...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月27日

    日本人にはない視点で世界情勢を分析するトッド氏。漂流する超大国アメリカとアメリカが唯一の同盟国である日本。中国やロシアとの関係も含め、舵取りが難しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月18日

    ロシアは日本には大事だと思う。中国とはもっとうまくやれそうな気はするが。それにしても、フランスで起こっていることと日本で今起きていることのなんと似ていることか。スケープゴートがイスラムか、中韓なのかの違いだけで。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月05日

    フランスの学者 エマニュエル・トッド氏のインタビューをまとめた本。
    ちょっと違う独特な世界観が新鮮。


    以下、読書メモ:
    夢の時代の終わり
    米国 エリートへの反乱 最低限の安全を脅かさることへの抵抗
    EUは崩壊へ 移民への対応
    世界は接近するが一致はしない

    暴力・分断・ニヒリズム
    ニヒリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月13日

    ちょうど、平行して読み漁っている水野和夫氏の著書とも通じる部分がある。(当然、異なる部分もあるが)
    その中で、やはりエマニュエル・トッド氏の主張を特徴付け、説得力を持たせるのは、氏のバックグラウンドである、文化人類学や人口学の観点からの指摘であろう。
    出生率の低下を根拠にイランが近代化の過程であると...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月02日

    先進国、つまりヨーロッパ(特に英、独、仏)とアメリカ、日本の行き詰った現状についての解説本。
    著者はフランス人なのですが、長期的な歴史の視野に立って現代を観察してるんですね。
    アメリカ人やイギリス人(独立志向が強く、かつ差別に寛容、よって「自分さえよければ良い」思考に陥ってる)社会とほかの国との比較...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月22日

    アフガニスタン、パキスタン、サウジアラビアは中世のまま。近代化のバックラッシュとしての過激派。
    フランス革命、ナチス、大日本帝国などの狂気も同じ、前近代への揺り戻しの一つと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月06日

    EUは思っているより早く解体するのかも、、、
    ユーロ制度も失敗に終わりそうで、、、日本もアジアも冷静にこのことから色々学ばなければならないと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています