猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1

猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「リセット」という一言で、世界は、三日分死ぬ――能力者が集う街、咲良田(さくらだ)に生きる時間を巻き戻す少女・美空と、記憶を保持する少年・ケイ。繰り返す日常は、若者たちに何をもたらすのか!?
※本書は、二〇〇九年六月に角川スニーカー文庫より刊行された『サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY』を加筆・修正し、改題したものが底本です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年09月24日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月25日

    河野裕の猫と幽霊と日曜日の革命を読みました。

    サクラダリセットの1冊目でした。
    主人公浅井ケイが住んでいる咲良田にはいろいろな超能力を持っている人がいます。
    世界を最大3日戻すことが出来るリセットの能力、一度経験したことは絶体に忘れない能力、日時を指定して相手にメッセージを送ることができる能力、猫...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月06日

    能力者の集まる街「サクラダ」
    ともすれば危険な能力者たちは「管理局」によってしっかりと管理され平和な日々が続くサクラダの中で起こるちょっとした事件のお話。(が今後続いていくと思われる)

    主人公は過去のすべてを記憶できる能力の持ち主の男子高生と、時間を巻き戻せる(リセットできる)女子高生。
    しかし女...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月13日

    うーむこの河野裕ワールド。引き込まれる。
    一応これだけで一つが完結するが、シリーズもののようだから早く続きが読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月02日

    いいと思う。
    時間SFとか異能バトルとか危うい方向に転びそうな感じなんだけど、読んでみると安定感が半端ない青春小説。
    スニーカー文庫版はイラストが好みじゃなかったから読んでなかったんだけど(当時ガガガ文庫のクイックセーブ&ロード読んでた癖に)2009年て個人的にライトノベルブームの終盤だった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月24日

    終盤で一気にめちゃくちゃに掻き乱された。
    フィクションのせかいに多々ある乱暴な優しさがだいすき。

    先に階段島や北野坂のシリーズを読んで、著者の作品は語り口がややこしいから各世界の在り方楽しみ方を掴むまでにやや時間が掛かると思っていた(読解力が弱い)。
    一巻でこんなにしっくり来てすき!ってなるなんて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月20日

    優しくて不思議な物語。
    今春、実写化するみたいだけど、
    活字じゃないと面白くなさそう。。
    現実味はないけど、一気読みしてしまう面白さ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月08日

    階段島シリーズと同じく、特殊能力の存在を前提にしつつ人間の本質を問うような作品です。
    一見するとライトノベルの雰囲気なのですが、自分の感覚と全く違う切り口で物事を捉える河野氏の視点が新鮮で引き込まれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月07日

    力を持つ事、使う事。その意味と責任。取り返せない事。
    きっと優しい事ばかりじゃないけど、それを求めて進む強さ。

    哲学的な雰囲気だけど、優しい物語なんだね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月27日

    サクラダリセット原作本第1巻。
    映画を観て基礎情報を知っているからさらっと読んでも設定がわかったが、これが最初だとキツイのではないか。映画を観て魅力を知らなかったら、読まなかっただろうし、挫折していただろう。春埼のところはずっと黒島結菜が思い浮かんだ。それほどぴったりだったということだろう。野々尾や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月28日

    河野作品らしいキャラで気に入った。元がスニーカー文庫なので敬遠してたけどだいぶ加筆修正入ってるのかな?タイムリープものは戻った後の記憶があるかどうかが重要だけど、報告義務があったりして面白い。全部覚えてるなんて疲れるだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

サクラダリセット(新装版/角川文庫) のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1
    「リセット」という一言で、世界は、三日分死ぬ――能力者が集う街、咲良田(さくらだ)に生きる時間を巻き戻す少女・美空と、記憶を保持する少年・ケイ。繰り返す日常は、若者たちに何をもたらすのか!? ※本書は、二〇〇九年六月に角川スニーカー文庫より刊行された『サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY』を加筆・修正し、改題したものが底本です。
  • 魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット2
    思い出に浸って生きる男・佐々野は写真の中に入る能力を持っていたが、赤い目の少女に力を封じられてしまう。ケイは彼が持つ写真に、かつて自身の失敗で死なせてしまった少女が写り込んでいるのを発見するが……。 ※本書は、二〇一〇年三月に角川スニーカー文庫より刊行された『サクラダリセット2 WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL』を修正し、改題したものが底本です。
  • 機械仕掛けの選択 サクラダリセット3
    「どうして、君は死んだの?」“記憶保持”の浅井ケイ、“リセット”の春埼美空、そして“未来視”の能力を持つ相麻菫の二年前の物語。二年前に死んでしまった少女と、すべての始まりを描く、シリーズ3作目。 ※本書は、二〇一〇年九月に角川スニーカー文庫より刊行された『サクラダリセット3 MEMORY in CHILDREN』を修正し、改題したものが底本です。
  • さよならがまだ喉につかえていた サクラダリセット4
    少女の死から二週間。ケイと春埼は、七坂中学校奉仕クラブに入部する――中学二年の夏の残骸、高校一年の春、そして夏――能力者の街・咲良田に生きる、少年と少女たちを、やわらかに綴る珠玉の短編集。 「私の中のなにかが、リセットを使いたくないと考えている」――相麻菫が死んで二週間。春埼は、能力が使えなくなっていた。感情が能力を拒絶する理由を考える春埼だっが・・・・・・咲良田を彩る6つの青春...
  • 片手の楽園 サクラダリセット5
    「私を普通の女の子にすることができる?」――2年前に死んだ少女・相麻菫が、能力で再生した。ケイは生きて戻ってきた「普通ではない」彼女を、能力のない咲良田の外に連れ出すことを画策する。その確証を得るため、ケイは9年間眠り続ける少女の夢の世界へ入るのだが……。 ※本書は、二〇一一年五月に角川スニーカー文庫より刊行された『サクラダリセット5 ONE HAND EDEN』を修正し、改題したものが底本です。
  • 少年と少女と、 サクラダリセット6
    再生後、姿を見せなかった相麻菫からケイへの奇妙な連絡。それは春埼と一緒に交差点でゴミ拾いをしろというもの。何のために? 一方、管理局の男は、咲良田から能力の消滅を目論んでいた。物語はクライマックスへ! ※本書は、二〇一一年十二月に角川スニーカー文庫より刊行された『サクラダリセット6 BOY, GIRL and ――』を修正し、改題したものが底本です。
  • 少年と少女と正しさを巡る物語 サクラダリセット7
    改変された咲良田で、ケイは「街に能力が存在する本物の記憶」と「能力が消滅した偽物の記憶」という二つの記憶に直面していた。ケイは今、自らの過去に決着をつける。過去を償い未来を祈る物語、感動のフィナーレ。 ※本書は、二〇一二年四月に角川スニーカー文庫より刊行された『サクラダリセット7 BOY,GIRL and the STORY of SAGRADA』を修正し、改題したものが底本です。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

サクラダリセット(新装版/角川文庫) に関連する特集・キャンペーン