海月姫(17)
  • 完結
  • 最新刊

海月姫(17)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 471円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

自分たちの居場所である天水館を守るためにはじめたファッションブランド「Jellyfish」のコンセプトが固まり、進撃していくオタク女子集団と女装男子。自分が自分の力で変わるとは何か―を描いた東村アキコのネオ少女漫画、堂々の完結巻。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
Kiss
電子版発売日
2017年11月13日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
53MB

書店員のおすすめ

映画化・アニメ化・ドラマ化もされた!東村アキコが描く、オタク女子の現代版シンデレラストーリー!
本作の主人公・月海(つきみ)は、イラストレーターを目指して上京した、重度のクラゲオタク女子。月海は、鉄道、三国志、着物、枯れ専など、さまざまなジャンルのオタク女子の住人と共に、男子禁制かつオタク女子限定のアパート・天水館で、ぬるま湯のようなのんびりとした生活を送っていました。しかし、超絶美形の女装男子・蔵之介(くらのすけ)との出会いで、月海と住人たちの生活は一変していき…。
まず注目してほしいのが、個性の強いキャラクター達!オタク女子の住人たちはもちろん、彼女たちを取り巻く面々もみんな一癖あり、キャラクターに引き込まれていくこと間違いなしです。
そして一見、個性の強いキャラクターたちとコメディ要素満載のストーリーから、ギャグマンガ!?と思われがちですが、ちゃんと王道の恋愛要素も盛り込まれた少女漫画となっています。
笑って泣けてキュンキュンできる作品、ぜひ元気が欲しいときに、読んでみてください。

海月姫(17) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年11月13日

    最終巻、好きな感じ!もうちょい早くたためたような気もするけれど、いろいろ都合があるからね。それにいろいろあった(ヒモザイルやタラレバ)からこそ、海月姫にはいい方向に影響したのかなーなんて勝手に想像したり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月06日

    この漫画を読むきっかけは、映画への興味から。まずは原作を読んでみようと手にして、そこそこ楽しめました。

    少女漫画では、外見が普通やぽっちゃり設定の主人公を、細く可愛く描くことが当たり前なので、そんな中でこの漫画のキャラクターたちは、顔も背も肉付き具合も、ちゃんとそれぞれの個性を出して描いているのが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月24日

    最終巻。とりあえず無事に完結して良かった。
    最後が水族館でのファッションショーっていうのも良かった。
    が、ラストを飾る肝心のドレスがこれっぽっちも可愛くないという悲劇…。
    せっかく水族館でやってるのにクラゲっぽくも無かったし。
    蔵之介が初めてクラゲドレス着た時はめちゃくちゃ可愛くて感動したのになぁ。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月16日

    実写映画化もされた東村アキコの長編がついに完結。良くも悪くも綺麗にまとめた印象。ジャージードレスとは、まさに天水館の住人にふさわしいアイテム。しかし、目黒先生がまさかの●●だったとは!?これが一番のサプライズだったね。
    来年(2018年)早々から月9でドラマ化されるらしいが、たぶん見ないだろうな…。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年02月21日

    問題だらけのオタクの巣窟、男子禁制の下宿天水館を舞台に繰り広げられるラブコメディ。

    各キャラのぶっ飛び具合が凄まじく、読み始めた当初は完全にギャグマンガ扱いをしていましたが、話が進むにつれ恋愛要素なども出てきたり、ファッション業界の厳しい現実が赤裸々にされたりと幅が広がってきた感があります。にもか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年12月02日

    ブラボー!
    な最終巻でした。

    途中、月海がシンガポール行ってカイ社長の身の上話に突入したあたりはどうなることかと思ったけど、最終回はすごく良かった!

    最終巻の内容(最終回までの流れ)は駆け足で、もっとこの辺りのエピソードを丁寧に描いて欲しかったなあというのはあるけど、ちゃんと色んな伏線を回収しつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年01月27日

    地味子のシンデレラストーリーを描きたいのか、オタの生態を描きたいのか、斜陽のアパレル業界を描きたいのか、なんとも中途半端感は否めないです。
    なんとか終わらせたという印象ですね。
    キャラは立ってるので、そこそこは面白く読めてしまうんですけどね。
    ファッションが好きなら、もっとリアリティのある人物に設定...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年08月23日

    東村先生の漫画嫌いではないんですけど、韓国ドラマみたいな勢いだけ感が強すぎてちょっと飽きて来ました。
    三国志の人とかひまわりと繋がってるところなんかも面白いは面白いんですけど。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年11月28日

    なんだか勢いよく終わった。

    兄と弟のどちらを選ぶのかは結論が出なかったし、海月ドレスで起死回生出来たのかも分からなかったけど、「変わろうと自分らしく行動した」ことが大事ってことは伝わりました!

    このレビューは参考になりましたか?

海月姫 のシリーズ作品 全17巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~17件目 / 17件
  • 海月姫(1)
    完結
    462円(税込)
    史上初(?)の「本格オタク女子漫画」! クラゲ大好きの女の子・倉下月海(くらした・つきみ)が暮らすアパートは男子禁制・オタク女子オンリーの天水館(あまみずかん)。ある日、月海が溺愛するクラゲ・クララのピンチを救ってくれたおしゃれ女子を部屋に泊めたら……!? オタク女子軍団「尼(あま)~ず」も人気爆発中♪
  • 海月姫(2)
    完結
    462円(税込)
    天水館(あまみずかん)が地上げの危機!? 尼(あま)~ずよ立ち上がれ!! クラゲヲタの月海(つきみ・処女)は女装趣味のある美男子・蔵之介(くらのすけ)にカワイく変身させられ、議員秘書の修(しゅう・童貞)と水族館でフォーリンラブ!? なんてしてる間に尼~ずの住処・天水館がピンチ!! 恋なんてしてる場合じゃない!?
  • 海月姫(3)
    完結
    462円(税込)
    クラゲ大好きの女の子・月海(つきみ)が暮らす、男子禁制・オタク女子の楽園、天水館(あまみずかん)が、地上げの危機に。住人のオタク女子軍団「尼(あま)~ず」や女装趣味男子・蔵之介(くらのすけ)は、天水館を守るため金儲けの企みを。しかも、月海の作るあるものが天水館を救う!……かもしれない大事な時に、童貞の政治家秘書・修(しゅう)をめぐって、女狐・稲荷(いなり)が月海の乙女心を掻き乱す! ますます錯綜す...
  • 海月姫(4)
    完結
    462円(税込)
    尼~ずの楽園・天水館(あまみずかん)を救う『クラゲのドレスを作って売って儲けて有名になって億万長者になって天水館を救う計画』がいよいよ本格始動!? 積極的にクラゲドレス製作を押し進める蔵之介(くらのすけ)に「覚醒した」月海(つきみ)だが……。思わぬ恋の傷が月海を襲う! さらに蔵之介は男であることがバレそうになり、奇策に出た!!
  • 海月姫(5)
    完結
    462円(税込)
    月海(つきみ)vs.25人のおしゃれ女子軍団!!? 焼き肉食べ放題のご褒美めあてに尼~ずも参戦!? 総理大臣はSP(エスピー)を引き連れてやってきて……!? お母さん、東京は不思議な出来事がたくさん起きるみたいです。思いがけないフォーリンラブ(?)あり、いきなりのクラゲドレス大量作成→よもやのクラゲ服ブランド立ち上げっ!?って無理~! ますます物語が加速する東村アキコのネオ少女漫画! 番外...
  • 海月姫(6)
    完結
    462円(税込)
    クラゲ服ブランド『Jellyfish(ジェリーフィッシュ)』発進!! 急遽きまったファッションショーは戦力不足で大ピンチに!! そんな尼~ずに手を差し伸べる(?)強力な助っ人・ノムさんも仲間に加わり、尼~ず総出でショーの準備だ! そしてついに“あの人”の素顔が初登場!!
  • 海月姫(7)
    完結
    462円(税込)
    クラゲのお城でヒミツの一夜を過ごしましょ!ヲタ女子の巣窟・天水館(あまみずかん)でスタートした、Jellyfish(ジェリーフィッシュ)デビューコレクション!ベンツヲタの花森(はなもり)さんのまさかの大活躍で、無事フィナーレを迎えようとしたそのとき……!?番外編『海月姫 英雄列伝(ヒーローズ)』も収録!!――東村アキコのネオ・ヲタ漫画!ガチでキテるから乗り遅れるなよ!!!!
  • 海月姫(8)
    完結
    462円(税込)
    尼~ず、鉄の結束力にヒビが!!?天水館(あまみずかん)に関西弁の美人インド人来訪!?尼~ず、奢りでナン食べ放題!?世界の高級ブランド服を着て見て触っての勉強会開催!?素敵イベント盛り沢山!なんて言ってる場合じゃないのYO!!番外編『海月姫英雄列伝(ヒーローズ)』も収録!!
  • 海月姫(9)
    完結
    462円(税込)
    月海(つきみ)と修(しゅう)が夜景の綺麗な西麻布のダイニングレストラン窓際カップルシートでまさかの初デート!? 花森(はなもり)さん&インド美女もついでに大人のデート!? 一方、蔵之介(くらのすけ)は尼~ズとの打ち上げ焼き肉中、妄想で大暴走!! 番外編『海月姫 英雄列伝(ヒーローズ)☆』も収録!!
  • 海月姫(10)
    完結
    462円(税込)
    修(しゅう)が月海(つきみ)に求婚!at国会議事堂!!その時、修に恋する女狐は!?Jellyfish(ジェリーフィッシュ)コレクション第2弾!withカジュアルライン!!裏テーマは“尼~ずでも着れる○○○○○”!?千絵子(ちえこ)母、ついに帰国!from韓国!!その時、千絵子抄は!?
  • 海月姫(11)
    完結
    462円(税込)
    気をつけろ、綺麗なクラゲにゃ毒がある!! ――天水館(あまみずかん)を守るため、Jellyfish(ジェリーフィッシュ)初の展示会に出陣!! そこに現れたアジアアパレル界の美しき首領(えり足長め)!! ……でJellyfishまさかの世界進出!? その頃、浮かれた中年童貞はゼクシィ読んでイタリア行きを決意していた――!? 番外編『海月姫 英雄列伝(ヒーローズ)☆』も収録!!
  • 海月姫(12)
    完結
    462円(税込)
    Jellyfish(ジェリーフィッシュ)の展示会で1着も売れず、花札に興じる尼~ず! 千絵子(ちえこ)抄の隠した天水館(あまみずかん)の権利証がついに発見され、小躍りする女狐!! 天水館&尼~ずを救うため、月海(つきみ)は人生初のパスポート申請を……!? いよいよ“天水館終了のお知らせ”です!?
  • 海月姫(13)
    完結
    462円(税込)
    お姫様(月海)は魔王(えり足野郎)が監禁中! 王子様(中年童貞)はヴェネチアで婚約指輪オーダーメイド中! 魔法使い(蔵之介)はお姫様をストーキング中! 尼~ずはすきやき摂取中!……って食べてる場合じゃねぇYO! 天水館のためシンガポール行きとなる月海の運命は……!? 王子様! 塔の上のお姫様を助けに来て!!
  • 海月姫(14)
    完結
    462円(税込)
    月海(つきみ)まさかのINシンガポール!! 蔵之介(くらのすけ)&尼~ずのためにと、BIGアパレルブランド社長のスカウトについてきた月海…ってことはみんなで立ち上げたブランド、ジェリーフィッシュは完全解体!? 2014年12月に能年玲奈主演で映画化決定のヲタ女子漫画!!
  • 海月姫(15)
    完結
    462円(税込)
    蔵之介(くらのすけ)、月海(つきみ)奪還の戦を開始! 花森(はなもり)さん、ついにSGP(シンガポール)のカジノに現わる!? 運命の女神は果たして誰に微笑むのか? SGPの熱い夜が今、始まる──。海月姫episode0「尼~ず前夜」&番外編『海月姫 英雄列伝☆』も収録!!
  • 海月姫(16)
    完結
    462円(税込)
    月海(つきみ)と蔵之介(くらのすけ)が立ち上げた洋服ブランド"Jellyfish"が再始動! その一方で、修(しゅう)のマジプロポーズフラグ!? ヲタ女子がファッション業界をリアルに駆け抜けるネオシンデレラストーリー、ついに最終章突入! 海月姫episode.0「女装前夜」も収録。
  • 海月姫(17)
    完結
    462円(税込)
    自分たちの居場所である天水館を守るためにはじめたファッションブランド「Jellyfish」のコンセプトが固まり、進撃していくオタク女子集団と女装男子。自分が自分の力で変わるとは何か―を描いた東村アキコのネオ少女漫画、堂々の完結巻。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています