ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

レディースもメンズも! おすすめファッション漫画8選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、ファッションをテーマにしたエモーショナルな漫画が目立つようになりました。
かつてはファッション漫画といえば一条ゆかり先生の『デザイナー』(集英社)、矢沢あい先生の『Paradise Kiss』(集英社)、東村アキコ先生の『海月姫』(講談社)など、少女漫画界の特権的な側面がありましたが、2019年9月にアニメ化もされた『ランウェイで笑って』(講談社)は、なんとあの「週刊少年マガジン」発の作品。現実の世界同様、漫画の世界でも、ファッションは男女問わず楽しめるテーマとして変化していることがうかがえます。
しかし、ひと口にファッション漫画といっても、描かれる内容は千差万別。業界を舞台にしたお仕事漫画、服作りを通して恋や友情が描かれる青春漫画、服と人との関わりに人生を写すヒューマンストーリー、業界でのし上がるサクセスストーリー、毎日の着こなしの参考になる実用漫画……などなど、あらゆる作品が乱立。そう、時はさながらファッション漫画戦国時代。いったい自分が求めている作品はどれ……? そんなファッション漫画の入口で足踏み中の人に向けて、今注目の8作品を一挙に紹介します!

また、リンク先の電子書籍ストアBookLive!では、新規入会者限定の50%OFFクーポンを差し上げています。気になった方はご利用ください!

※当記事に記載の内容は全て「ぶくまる編集部調べ」です。また、当記事には一部ネタバレを含みます。

「着る」漫画

生活の基本「衣食住」の1つである以上、興味があろうとなかろうと、人生で多くの比重を占めるファッションは、思い切って楽しんだ者が勝ちかも!? “服を着ること”を通して成長していく主人公を描いた3作品を紹介します。

カリスマファッションバイヤー監修。明日から使える実用情報満載!『服を着るならこんなふうに』

『服を着るならこんなふうに』書影

作品の詳細を見る
『服を着るならこんなふうに』 1~9巻 縞野やえ・MB/KADOKAWA

【ストーリー】
会社では営業マンとしてバリバリ働いているものの、家では妹・環に頼り切り。ヨレたスウェットでゲーム三昧の祐介。小学校の同窓会の打ち合わせで久々に旧友に会うにも、環の助言も聞かずにいつものパーカーとジーンズで出かけていくが、旧友たちが全員年相応の小奇麗な格好で現れたことに衝撃を受けることに……。しかし、これまで服に興味を持たないように生きてきた祐介のファッションアレルギーは相当なもの。「俺にはファッションセンスはない」「男が髭剃り以外で鏡を見るなんてナルシストみたいだろ…」と、言い訳ばかりで思考停止している彼に、環は「私がお兄ちゃんにコーディネートを教えてあげる」と、宣言。祐介のファッション修行が始まった――。

【見どころ】
本作最大の魅力は、その実用性。カリスマメンズファッションバイヤー、MB氏が監修しているだけあって、今日から使える着こなしの情報が満載です。抽象的なアドバイスにとどまらず、「ユニクロのスキニーフィットテーパードジーンズの黒」「ヘインズのジャパンフィットクルーネックTシャツ」など、実際に買うべきアイテムまで具体的に提案されているため、そのまま真似できる! ありがたい!
主人公・祐介自身が、おまえはおれかとツッコミたくなるほど、典型的なファッション音痴のため、ファッション偏差値のハードルがかなり低めに設定されているのも、ありがたポイント。「服を買いに行く服がない」「試着がしんどい」「必殺紙袋」などなど、祐介の思考や言動はファッションに苦手意識を持つ人なら思わず共感してしまうものばかりです。そんな主人公が次第におしゃれすることが楽しくなっていくと同時に、自信を取り戻していく姿は、参考になると同時に、絶対に勇気をもらえるはず!

『服を着るならこんなふうに』を立ち読みする

ロリータを通して自分と向き合い、他者との関係を築いていくヒロインが胸アツ『着たい服がある』

『着たい服がある』書影

作品の詳細を見る
完結『着たい服がある』 全5巻 常喜寝太郎/講談社

【ストーリー】
背が高くてカッコイイ、自立して見える――周囲から常に“いい女”枠で見られてきた大学生のマミだが、実はロリータファッションが大好き。クローゼットの中には高校卒業時に買ったロリータドレスが大切にしまわれていた。しかし、現実の彼女は周囲の目を気にしてロリータどころかスカートもはけない日々。自分を押し殺しながら日常を送っていたマミだったが、ある日バイト先に、奇抜なファッションに身を固めた青年・小澤が現れたことで少しずつ世界が変わっていく。

【見どころ】
ファッションを題材にしていながらも、本作のテーマは他者との関わり。自己を貫く勇気、それによって変化する人間関係、自分の世界がないことへの劣等感……。ロリータファッションにこだわることでいちいち壁にぶつかるマミの姿は、自分らしく生きたいと葛藤するすべての人の気持ちにダイレクトに刺さるものではないでしょうか。
教師を目指すマミが実習で訪れる小学校や中学校の生徒たち、老人ホームで出会う人々など、ロリータファッションを通してマミが周囲に及ぼしていく変化にも心を揺さぶられるものが。憧れの存在だった小澤の過去を知ったマミが、他人のために自身の殻を破っていく最終巻は、必涙です!

『着たい服がある』を立ち読みする

矢沢あい印の色あせない青春のキラメキがここに!『Paradise Kiss』

『Paradise Kiss』書影

作品の詳細を見る
完結『Paradise Kiss』 全5巻 矢沢あい/祥伝社

【ストーリー】
厳しい母親のもと、いい大学に入るため、ひたすら勉強漬けの毎日を送っていた紫(ゆかり)。そんなある日、街で服飾専門学校に通う生徒たちからショーのモデルにスカウトされたことで、彼女の人生は一変。学生ながらに「パラダイス・キス」というブランドを立ち上げている彼らの価値観に刺激された紫は、次第に自身の道を模索しはじめる。

【見どころ】
かつてサブカル系女子中高生のバイブルだった雑誌『Zipper』で、1999年~2003年まで連載されていたファッション漫画の金字塔。2005年にはTVアニメ化、さらに2011年には北川景子主演で映画化もされるなど、メディア化でも話題となりました。
連載開始から20年以上経つ作品でありながら、矢沢あい作品ならではの独特のキラメキ、吸引力は、今読んでもまったく色あせません。個性的なキャラクターたちそれぞれの恋、彼らが背負う葛藤や成長が多角的に描かれた物語は、一気読み必至です。
ご自身が服飾専門学校の出身という矢沢あい先生。細部まで描き込みがなされたキャラクターの服装、ショーで見せるステージ衣裳は、ファッションに疎くても思わず「おおっ」と魅せられてしまうものばかり。また、本作の姉妹作である『ご近所物語』(集英社)の主人公・実果子が36歳のカリスマデザイナーとして登場するなど、矢沢あいファンにとってはうれしい仕掛けも満載。併せて読めば、楽しさも2倍です。

『Paradise Kiss』を立ち読みする

「作る」漫画

“作る”側の楽しさや葛藤がぎゅっと詰まった作品をご紹介。街の洋品店から、異国の地でのテーラーメイド、果てはコスプレ衣装まで、描かれる対象によって趣がガラリと変わる、ファッション漫画の醍醐味を味わいましょう。

コスプレも! ラブコメも! ムズキュン青春漫画『その着せ替え人形は恋をする』

『その着せ替え人形は恋をする』書影

作品の詳細を見る

©Shinichi Fukuda/SQUARE ENIX
『その着せ替え人形は恋をする』 1~4巻 福田晋一/スクウェア・エニックス

【ストーリー】
雛人形の頭師である祖父のもとで、雛人形を溺愛して育った15歳男子の新菜(わかな)。友だちがひとりもできないまま高校生活を送っていた新菜はある日、ひょんなことからクラスメートのギャル・海夢(まりん)に、学校の家庭科室でこっそり雛人形の衣装を縫製しているところを見られてしまう。てっきりバカにされると思いきや、海夢は、「自分のコスプレ衣装を作ってほしい」という予想外の依頼をしてきて――!?

【見どころ】
陰キャ男子と陽キャギャルが、コスプレという創作活動に打ち込むなかで親密になっていくという夢のストーリーがここに実現!
2巻以降に登場するロリキャラの紗寿叶(さじゅな)、巨乳キャラの心寿(しんじゅ)らも加わってのハーレム・ラブコメ的な展開も楽しみつつ、コスプレ衣装制作のいろはがしっかりと学べるという、ひと粒で二度おいしい作品です。1巻では海夢に振り回されっぱなしに見えるコミュ障の新菜。「いいように使われているのでは……?」と少々心配になってしまいますが、安心してください。新菜ラブに目覚めてからの海夢は、無敵のかわいさ。ふたりのムズキュンラブコメの行方に注目です!

『その着せ替え人形は恋をする』を立ち読みする

アウトローな仕立て職人の活躍が痛快!『王様の仕立て屋~サルト・フィニート~』

『王様の仕立て屋~サルト・フィニート~』書影

作品の詳細を見る
完結『王様の仕立て屋~サルト・フィニート~』 全32巻 大河原遁/集英社

【ストーリー】
舞台はイタリア・ナポリ。通称“骸骨寺”と呼ばれる古びた教会で、骸骨磨きのアルバイトで生計を立てている日本人、織部悠がいた。実は彼は、伝説の仕立て職人が唯一弟子として認めた男。自分がやるに値すると感じた仕事しか受けない偏屈な職人だが、その腕は超一流。着る本人の健康・精神状態まで影響を及ぼすスーツを仕上げてしまう。そんな彼のもとには、今日も面倒な仕事が舞い込むのだった。

【見どころ】
借金返済に追われ、骸骨磨きのアルバイトで食いつなぐアウトローぶりと、仕立屋として一流の腕を持つ職人としての一面が同居する主人公・織部のダークヒーロー的な活躍ぶりが痛快! 次々と降りかかる無理難題に、彼が仕立て職人としてどう答えていくかが見どころです。さらにオーダースーツをはじめ、靴や時計などについての知識が満載で、歴史ある紳士服としてのスーツの世界の奥深さにうならされること間違いなし。天才・織部の活躍の場はナポリにとどまらず、映画『キングスマン』の舞台でもある英国のスーツの街、サヴィル・ロウが登場するなど、後の展開も見逃せません。
2003年~2011年まで連載され、本作だけでも32巻という一大巨編。さらに本作の連載終了後には、第2部「サルトリア・ナポリターナ」編全13巻、第3部「フィオリ・ディ・ジラソーレ」編全7巻、さらに連載中の「下町テーラー」編とへ続く、作者・大河原遁先生のライフワークともいえる大作シリーズ。そのいぶし銀な魅力をじっくりと味わいましょう。

『王様の仕立て屋~サルト・フィニート~』を立ち読みする

スポ根×ファッション! かっぴー原作の熱血ファッション漫画『アントレース』

『アントレース』書影

作品の詳細を見る
完結『アントレース』 全3巻 かっぴー・春瀬隼/集英社

【ストーリー】
父が営むテーラーを手伝うユウナは、高校生にして超絶技巧と評されるほどの腕の持ち主。あるとき、幼馴染の健人が姉の結婚式に着ていくためのスーツをユウナの店にオーダーするが、仕事中に父親が突然倒れてしまい、ユウナが代理で仕上げることに。そのスーツに式場で目を付けたのは、巨大ファッションブランド「テンペスト」の御曹司・窪塚アキラだった。運命的な出会いを果たした2人は、後日アジア最大のファッションの専門学校「岸服装学園」への入学を機に、再び相まみえ――。

【見どころ】
『左ききのエレン』(集英社)で一躍人気を博したかっぴー先生が原作の本作は、スピーディに進む展開がとにかくアツイ! 街のテーラーにはじまり、専門学校でしのぎを削り、やがて舞台を世界にまで移す主人公たちのサクセスストーリーが一気に楽しめます。超絶技巧を持ちながらデザインにオリジナリティがなく悩んでいたユウナ、天才デザイナーでありながら人と協力することが苦手なアキラがタッグを組み、互いの欠点を補いながら立ちふさがる高いハードルに次々と立ち向かっていく姿はさながらスポ根少年漫画のよう。このテンポのよさは、ファッションに興味のない人もハマれるはず!

『アントレース』を立ち読みする

やさしく丁寧な世界観に心癒される『繕い裁つ人』

『繕い裁つ人』書影

作品の詳細を見る
完結『繕い裁つ人』 全6巻 池辺葵/講談社

【ストーリー】
街の小さな洋品店「南洋品店」の二代目として、店を切り盛りする市江。先代である祖母の意志を継ぎ、持ち主が一生添い遂げる服をオーダーメイドで作ることを目標に、地道に服を作る毎日だった。そんな市江の腕前に惚れ込んで日参する百貨店バイヤーの藤井をはじめ、彼女の元にやってくる人々と服との、何気ない日常がやさしい視線で綴られていく。

【見どころ】
2015年に中谷美紀さん主演で映画化もされたヒューマンストーリー。時代の変化の中で自分の信念を守ることの難しさや厳しさ、それゆえにプライドを持って働くことの素晴らしさが、池辺先生ならではの温かい絵から切々と伝わり、胸を打たれます。市江の服に惚れ込んだ百貨店勤務の藤井とのゆっくりと進む大人の恋の行方からも目が離せません。穏やかな空気感の中、市江が作り出す優雅な服の数々に、ファストファッションもいいけど、一生着られるようなオーダーメイドの一着が思わずほしくなるはず。

『繕い裁つ人』を立ち読みする

話題を振りまいたクリエイター系王道コメディ『海月姫』

『海月姫』書影

作品の詳細を見る
完結『海月姫』 全17巻 東村アキコ/講談社

【ストーリー】
「男を必要としない人生」が入居条件の女性限定のアパート、天水館。住人は全員オタク&ニートの自称「尼~ず」。最も新参の月海はイラストレーターを目指して上京した18歳のクラゲオタク女子だった。ある日、月海は近所のアクアショップで助けてくれたおしゃれ女子を流れで自室に泊めることに。しかしそのおしゃれ女子は、実は男子! さらに降ってわいた天水館のピンチを救うため、尼~ず全員参加のもと、月海がデザイナーを務める新ブランドを立ち上げることに……!?

【見どころ】
連載スタートから、11年。間に『東京タラレバ娘』とのW連載も挟み、2019年に堂々の完結を迎えた長期連載ファッションコミック。自分の居場所を守るため、冴えない女子たちが一致団結して制作に没頭していく、クリエイター系漫画の王道です。東村作品らしく、ファッションをテーマにしつつも、ラブコメあり、ギャグ展開ありのため肩肘張らずに楽しめるのも魅力。脇を固める天水館の住人が個性豊かで全員推せる!
連載開始当時の2008年は、女装男子×オタク女子という目新しい組み合わせで一気に注目を集めた本作。2010年にはTVアニメ化、2014年には能年玲奈(現:のん)さんと、ブレイク前夜の菅田将暉さんの共演で実写化もされるなど、あらゆる話題を振りまきました。完結した今こそ、全巻一気に楽しみましょう!

『海月姫』を立ち読みする

終わりに

物語を楽しむもよし、ウンチクを勉強するもよし、登場人物たちのファッションセンスを参考にするもよし。ファッション漫画の味わい方はそれぞれです。ぜひ好みのファッション漫画から、奥深い世界に足を踏み入れてみてください!

関連ページ

【胸を熱くするファッション物語】漫画『ランウェイで笑って』(猪ノ谷言葉)の魅力を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

『ふたりソロキャンプ』巷で話題!ソロキャンプのバイブル的漫画の魅力を徹底解説!
『ふたりソロキャンプ』巷で話題!ソロキャンプのバイブル的漫画の魅力を徹底解説!
不思議な設定で読者を魅了するほのぼの不穏ファンタジー!
『シャドーハウス』とは?不思議な設定で読者を魅了するほのぼの不穏ファンタジー!
再ブレイク(?)で話題沸騰!蛭子能収の漫画に学ぶ人生哲学
ブルーピリオド
『ブルーピリオド』徹底解説!美大を目指す高校生のリアルな青春ストーリー(ネタバレあり)
【胸を熱くするファッション物語】漫画『ランウェイで笑って』(猪ノ谷言葉)の魅力を徹底解説!
【胸を熱くするファッション物語】漫画『ランウェイで笑って』(猪ノ谷言葉)の魅力を徹底解説!
最強で最高なオトコ達! 心が燃え上がるおすすめヤンキー漫画14選