壺中の回廊

壺中の回廊

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

関東大震災からの復興の兆しを見せる昭和五年、東京。歌舞伎の殿堂木挽座に“掌中の珠を砕く”という脅迫状が届く。皆が疑心暗鬼にかられるなか『忠臣蔵』に出演中の花形役者が毒殺される。江戸の狂言作者の末裔桜木は、築地署の笹岡と真相究明に乗り出す。容疑者は、役者、裏方、観客すべて。だが、嘘をつくのが商売の役者を相手に捜査は難航……。変革の時代を背景に描く歌舞伎バックステージミステリー。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
440ページ
電子版発売日
2016年08月05日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

壺中の回廊 のユーザーレビュー

    購入済み

    大切なものを守るということ

    mina 2017年11月16日

    戦前、昭和が始まったばかりの話で、最初はその時代背景のせいかなかなか読み進められなかった。
    木挽座での歌舞伎の話が始まってから、俄然引き込まれました。

    多くの登場人物に犯人を特定するのが難しい、ミステリーとしてもとても楽しめました。

    歌舞伎が伝統を繋ぐ大変さや、新しい事へ挑戦することの難しさなど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月09日

    関東大震災の影響が残り、世界恐慌に労働争議という昭和5年の社会情勢。いつの世でも世の中を映す歌舞伎の世界。
    そんな社会情勢の影響を受け、歌舞伎のバックステージで起きた殺人事件。
    事件の決着の付け方は、歌舞伎の台本の様にも思える。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    雰囲気を楽しむ

    mizu 2019年11月22日

    特に印象に残るストーリーではありませんでしたが、時代背景や当時の空気感を存分に味わえる作品。
    最後まで一気に読み進めるわくわく感もありました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月30日

    関東大震災から7年後昭和5年の旧劇(歌舞伎)界に起きる殺人事件。時代背景を大いに浮かび上がらせながら調査と捜査が始まる。
    多くの登場人物が世相を映し出し、多くの言葉の端々に大小さまざまな石ころのように結末へのヒントが転がっている。

    しかし物語があっちへこっちへ…
    読むペースが落ちるも、さすがに最後...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月23日

    歌舞伎の世界を旧劇と呼んでいた時代のお話。 殺人予告が本物の事件となり解決へ関わる事となった大学講師 桜木次郎。封建的なこの世界で役者や下働きの者の権利を訴える労働運動はまだまだ時期尚早なのか... 大好きな松井今朝子だからもっと何かあると思いすぎでしまったかも知れない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています