愛をひっかけるための釘

愛をひっかけるための釘

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

早く、一秒でもいいから早く大人になりたい。少年たちは理不尽な叱られ方をする度に怒りを一種のホルモンに変えて成長していく――。空を飛ぶ夢ばかり見た少年時代、よこしまな初恋、金縛りから始まる恐怖体験、さまざまな別れと出会い、とことん睦み合った酒の正体、煙草呑みの言いわけ。薄闇の路地裏に見え隠れする、喜びと悲しみと羞じらいに満ちた遠い日の記憶。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
208ページ
電子版発売日
2016年04月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

愛をひっかけるための釘 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年10月22日

    ぴたりと寄りそって、完全に同じ瞬間を一緒に生きていくこと。二本の腕はそのため。サヨナラにサヨナラ、いい。雑賀氏だんけ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この本に収録されている何作品かに、本当に感銘を受けた。初めて読んだとき、何度も何度も、繰り返し、繰り返し読んだのを覚えている。
    もうこのタイトルからして彼にやられてしまった。「無限分の一秒」で完全に心を掴まれた。
    中島らもはすごく賢い。学問上の勉強ができる賢さではなく、生きる上で、心のありようとして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    村上春樹ばかり読んでいると、ちょっと精神状態が危険になりそうな事があって、そういう時に中島らもは精神安定剤となる。本当の幸せは多分こっち。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月13日

    「サヨナラにサヨナラ」より 人間の実相は刻々と変わっていく。無限分の一秒後には、無限分の一だけ愛情が冷めているかもしれない。だから肝心なのは、想う相手をいつでも腕の中に抱きしめていることだ。ぴたりと寄りそって、完全に同じ瞬間を一緒に生きていくことだ。二本の腕はそのためにあるのであって、決して遠くから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月14日

    ああ、らもさんだ。
    2ページから長いものでも数ページ。
    場末路地裏コップ酒から、業界話、花鳥風月、科学に芸術。
    そのどこにもらもさんがいて、「へえ~」とか「ええー!そうなん?」とか「まあねえ…」とか、そんなボタンがあったら押したくなる話ばかり。
    話好きな人たちならこのどれか一編を肴に「自分なら」とま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月27日

    サヨナラにサヨナラとても感動しました。
    私の腕もサヨナラするより
    誰かを抱きしめるためにありたいです。
    短編エッセイ集
    らもさんの視点はほんとに
    独特で目から鱗なんて
    ことが多々あります。
    そこ世界観はほんとに病みつきになる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月05日

    読み損ねていたものを古本で購入。

    文章が綺麗で、時に、いや常にロマンチストである、ホワイトらもの良書。
    不思議なことに内容のほとんどを知っていた。
    エッセイの内容が他の作品とかぶっているのか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月06日

    中島らもの短編エッセイ集。

    これぞ、中島らもエッセイの真髄。
    中島らもを知るには、この本を読むべき。

    酒の話、人の心情の話、プロレスの話、そして、

    それら全ては愛に満ちた話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月07日

    【出会い】
    古本市でらも作品をまとめ買いしていたうちのひとつ。

    【概要】
    非常に短いエッセイ集

    【感想】
    サラッと楽しめた。
    あとがきにタイトルの由来があり、なるほどのオチだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月24日

    ちょっぴりセンチメンタルなエッセイ。
    らもさんのキュンキュンポイントが分かります。

    ちなみに、私が大いにキュンとしたのは、
    らもさんが小さい頃空を飛ぶ練習をしていたこと。
    そしてキューピーを10歳くらいまで抱いて寝ていたこと。
    カワイイ笑

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング