擬宝珠のある橋 髪結い伊三次捕物余話

擬宝珠のある橋 髪結い伊三次捕物余話

作者名 :
通常価格 1,527円 (1,389円+税)
紙の本 [参考] 1,925円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

惜しまれつつ亡くなった作家の、人気シリーズ最終巻

宇江佐真理氏がデビュー以来書き続け多くのファンを獲得してきた「伊三次シリーズ」最終巻。文庫書下ろしの「月は誰のもの」も収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
408ページ
電子版発売日
2016年03月18日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

擬宝珠のある橋 髪結い伊三次捕物余話 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年12月09日

    わかっていたのかなぁ。総集編のような内容。いろいろ思い出しつつ読み進めていきました。伊与太と茜が気になるままだけど想像するしかないね。擬宝珠ってぇのはあの玉ねぎのような形のものをいうんですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月28日

    2015年に「オール讀物」に掲載され絶筆となった3話に、2014年の文庫書き下ろし「月は誰のもの」、2014年のシリーズ10作目の文庫化に当たっての所感を追加した単行本化で、シリーズ15作目の最終巻。

    表題作の第2話「擬宝珠のある橋」はいかにも宇江佐さんらしい、人情味あふれる話。
    伊三次が得意...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月22日

    「月は誰のもの」他短篇3編。「月夜の蟹」「青もみじ」「擬宝珠のある橋」。亭主は出て行ったが優しくしてくれた舅を見捨てられない、昔親切にしてくれた年上の友達の不幸を放っておけない、など今だったら考えにくい人々のつながり。情といってしまうとひとくくり過ぎてありふれたものに聞こえるけど、市井のちっぽけな人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月21日

    亡くなられた宇江佐先生の最後の一冊。読み終わるのが寂しくてゆっくりゆっくり噛み締めながら読んだのにとうとう終わってしまった。また伊三次たちに会いたくなったら、これからどうすればいいんだろうと途方に暮れるばかり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月20日

    この巻で本当に最終なのですね・・。

    伊三次や、その家族、不破家の方々等、彼らの日々をずっと見守ってきたような感があるだけに、寂しい思いでいっぱいです。
    江戸情緒あふれる、このシリーズが大好きでした。
    宇江佐さんに感謝いたします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月28日

    本当のホントに終わってしまった。
    なんとも寂しい。
    (お話自体も、なんとも寂しい感じで終わってるし)

    過去作とのニコイチ的な本の作り方は賛否両論あるところだと思いますが、どんな形でも世に出してもらったことを、とりあえず感謝かな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月28日

    今まで文庫本で読み続けてきたけれど、前作「竃河岸」と本作は単行本でしか刊行されていない。本作で最後のお話になってしまうとの事、思わず購入してしまいました。この人情味あふれる語り口、最後だと思うと辛い。
    シリーズの主人公、伊佐次と伊佐次を支える人達、特にお文は歳をとるにつれどんどん人情が濃くなってくる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月31日

    表題作が好き
    お年寄りが幸せになる話は、読んでる方も幸せになる

    この後皆どうなるのか、どう成長するのかが読めないのが
    本当に残念

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月16日

    髪結い伊三次シリーズは、『竈河岸』が最後かと思っていたら、本作が出版された。直ちに購入したが、これが最後の最後かと、読んでしまうのが惜しい気持ちのまま、今になった(笑い)
    伊三次やお文他、登場人物たちにもう会えないかと思うと、愛おしい気持ちで一言一句を味わいながら読み終えた。
    「月は誰のもの」は、文...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月15日

    2016年3月文藝春秋刊。オール讀物2015年6、8、10月号掲載の3つの短編と2014年10月刊行の文春文庫書下ろし長編、本の話2014年2月号エッセイ1編を収録。帯に「髪結い伊三次、最終話」とありました。エッセイ以外は、オール讀物と文庫で既読でした。二度めでも、表題作の「擬宝珠のある橋」なんかを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

髪結い伊三次捕物余話 のシリーズ作品 1巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~1件目 / 1件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています