廃院のミカエル

廃院のミカエル

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

食品輸入会社の現地職員としてアテネで働く美貴は、仕事で訪れたとある村で廃院となった修道院を見つける。その宿坊の壁に描かれた大天使ミカエルを目にして以降、彼女の周りでは次々と不可思議な現象が起こる。無人の聖堂で不意に聞こえる祈りの声、相次ぐ村人の死、積み重なる家畜の死骸。全ては神の仕業か悪魔のいたずらか。異国の地を舞台に繰り広げられるサスペンス長編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
408ページ
電子版発売日
2016年03月04日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

廃院のミカエル のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年08月28日

    日本の輸入会社で働いていた美貴は、男女関係のトラブルでレバノンに飛ばされ、何とかビジネスをモノにしようとするも内戦でベイルートから脱出、アテネに逃げ込んだ。そんな中たまたま巡り合った白い蜂蜜をビジネスチャンスにできないかと生産地の村を訪れた美貴だったが、廃院となったメサポタモス修道院の壁に描かれたミ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月15日

    なかなか読み進めることができなかった。
    ボリューム、世界観。
    自分が着地するのに時間がかかって。
    いかん。
    感受性が緩んでる。

    最後はゾクゾクと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月12日

    面白くはあったが、少し物足りなくもあり。いつも楽しまさせてくれる著者の作品ということで、期待値が高すぎたかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月03日

    宗教に関して、知識がないので、読みにくい部分があった。
    後半に近づくにつれ、現実的になり少し冷めてしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています