三千寵愛在一身 天宮の舞姫

三千寵愛在一身 天宮の舞姫

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

珍しい金色の髪と、緑の瞳を持つ舞姫・冬華。かつては宮廷一の舞姫になるという夢を持ち稽古に励んでいたが、ある出来事を機に目標を失い、鬱々とした毎日を送っていた。そんなある日、道に迷ったところを秋遠という武官に助けられる。最初の印象は最悪だったが、彼の不器用な優しさに触れるうち、次第に惹かれるように…。秋遠に励まされ、再び稽古に打ち込む冬華だが、嫉妬の罠が忍び寄り…!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2016年02月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

三千寵愛在一身 天宮の舞姫 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    シリーズ3作目。

    蜜蜂 2020年10月02日

    気の強い宮妓の舞姫(母親が胡人なので金髪碧眼)・冬華と、太子の側近である堅物武官・秋遠の物語。冬華の序盤のやる気の無さと気の強さ・天邪鬼さに少しイラっとする事は多々ありましたが、シリーズ中では一番好きなカップルでした。でも、冬華の師匠である白夫人が作中で1番恰好良かったかな(笑)。冬華がちゃんと改心...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月04日

    前2作の王様の従弟がヒーローか。
    で、宮妓がヒロインね…。

    なんつーか素直じゃない2人だった(笑)
    でも無事にめでたしめでたしでよかったけど。

    どこのシーンだったか、泣きそうになったなぁ…。多分、相思相愛になったあたりだったような気がするけど…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月31日

    辛い過去のせいで勝気な宮廷の舞姫と新太子の堅物の武官が出会って、反発しあうこともありながら互いに惹かれ合い、舞のライバルの妨害にもめげず、武官の励ましで、舞の競い合いで勝利を得る。勿論この後、お決まりの行き違いがありながら、結局は熱々の2人が結ばれるという、真っすぐど真ん中のお話であります。いやー、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月29日

    王后に侍女ときて、次は何かと思えば妓女。
    そういう職業の方々もいらっしゃいましたね、と。
    そんなわけで、今回は主上カップルもでてきます。
    やはり一番上、ですからw

    よくある、出会いは最悪パターン。
    いやでも口論が面白いです。
    むしろ、ここまでよく無事で迷子になれるな、と。
    ある意味特技?w

    引っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年06月06日

    「三千寵愛在一身」シリーズの3弾目は、武官の秋遠と宮妓の冬華のお話でした。いやぁ、ほんとに素直じゃない二人ですし、秋遠の堅物さは、ちょっと顔に似合わなさすぎです。しかも何かっていうと、卑猥って・・・。

    あと、冬華が内人を目指すために白夫人に稽古をつけてもらっているシーンが、どうしても「ガラスの仮面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

三千寵愛在一身 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 三千寵愛在一身
    550円(税込)
    呪われた出生のため、不遇な公子時代を過ごした理鷲。その後、冷酷な王となり、後宮のどんな女にも心を許さずにいた。その理鷲が、政略結婚で花嫁を迎えることになる。相手は、“月宮の天媛”と賞されるほどの美姫・桜霞。婚礼後も頑なな態度を崩さずにいた理鷲も、桜霞の風変わりな性格に触れるうち、次第に惹かれるように…。だが、後宮の罠が次々と桜霞を襲い!? 2010年度ロマン大賞受賞作!!
  • 三千寵愛在一身 雨降らす花
    峻国で女官をしている鹿蓮姫。彼女は居心地の良い後宮で、日々、物語を書くなどして気ままに暮らしていた。そんなある日、物語を書いているところに、異国の青年が現れる。星流と名乗る金髪の青年は、訝しむ蓮姫をよそに、峻の文化についてあれこれと尋ねてくるように。後に、彼は水章国という小国の王子だと知るが、彼の故郷を想う気持ちに心を打たれ、蓮姫は強く惹かれるようになり…!?
  • 三千寵愛在一身 天宮の舞姫
    珍しい金色の髪と、緑の瞳を持つ舞姫・冬華。かつては宮廷一の舞姫になるという夢を持ち稽古に励んでいたが、ある出来事を機に目標を失い、鬱々とした毎日を送っていた。そんなある日、道に迷ったところを秋遠という武官に助けられる。最初の印象は最悪だったが、彼の不器用な優しさに触れるうち、次第に惹かれるように…。秋遠に励まされ、再び稽古に打ち込む冬華だが、嫉妬の罠が忍び寄り…!?
  • 三千寵愛在一身 白銀の花嫁
    名門香家の一人娘・銀蘭。その美貌と家柄で、太子妃候補にも名があがったが、王の命令で崔鴻飛という男に嫁ぐことになる。鴻飛は王族であり、現王の信頼も厚い将軍の一人だ。しかし、噂によると荒々しい性格で、揉め事も多い男だという。名家の令嬢として感情を表に出さぬよう厳しく躾けられてきた銀蘭は、迎えた初夜で、高慢な娘だと罵られてしまい…? すれ違う二人の本当の気持ちとは――。
  • 三千寵愛在一身 牡丹姫の再婚
    先王の公主でありながら、いつも頭から薄絹をかぶり、伏し目がちに刺繍ばかりしている玉麗。美しくないという理由で、父王に処刑されかけたことがあるからだ。公の場にも顔を出さずにいたが、ある日、彼女に縁談が持ち上がる。相手は、色めいた噂が絶えない美青年・李遊。実は、李遊は玉麗の初恋の人だ。縁談を喜び、初夜を心待ちにしていた玉麗だが、李遊は家に帰らなくなってしまい…。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社コバルト文庫 の最新刊

無料で読める 女性向けライトノベル

女性向けライトノベル ランキング