九天に鹿を殺す セイ王朝八皇子奇計

九天に鹿を殺す セイ王朝八皇子奇計

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

皇位を継承するために繰り広げられる、死の遊戯。圧倒的中華謀略譚! 皇帝の崩御とともに、次代の玉座を巡り八人の皇子が争う「九天逐鹿」が幕を開ける。さまざまな制約をかいくぐり、兄弟を陥れて、至尊の位にたどり着くのはただ一人。敗者には死あるのみ。卑劣な奸計が蠢き、情を断ち切れぬ者から滅びていく。凄惨な戦いを潜り抜け、最後に笑うのは果たして誰なのか…!?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2020年08月27日
紙の本の発売
2020年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

九天に鹿を殺す セイ王朝八皇子奇計 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    (匿名) 2021年04月28日

    作者さんの後宮シリーズが好きで、全て読み尽くし、次にこちらを読んでみようと思い立ちましたが、
    お試しの部分を読んだだけで、何やら言葉も難しいし、登場人物の誰が誰だか分からなくなってしまい…、
    なかなかに頭を使うため、最初は買うのをやめました。
    大学受験の現代文の問題文を読んでいるかのような…、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月27日

    皇帝の崩御とともに8人の皇子による次期皇帝を決める「九天逐鹿」という名の生き残りをかけたバトルが始まる。審判は期限付きで玉座の空白を埋める女帝。

    登場人物も多く、言葉もちょっと難しかったので、入り込むまでに少し時間がかかったけど、最後まで誰が残るか解らない騙し合いの展開は楽しかったです。
    決まって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月28日

    8人の皇子が選ばれて、生き残った者が王になる蠱毒形式の陰謀話。不正はできないようシステムされていて、騙し合い殺し合いが面白かった。

    ただ、その選定システムが結構ルールが多くて「こういう陰謀だった」「こういう抜け道がある」という陰謀が陰謀ぽくなかった。私はルールを理解しきれていないから、あ、そうなの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年08月26日

    皇帝が崩御した時に、一年という歳月をかけて選ばれた八人の王子が争う。
    面白かったです(^^)
    知力、体力、陰謀。己の持つ全てを使い、皇位をかけて争う。
    本人たちも大変だけど、その一年の間に政を行い、皇帝が決まったら、禅譲させられる女帝も(^◇^;)

    血腥い物語ではありましたが、中華系だしありだなぁ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年11月15日

    面白かった。一気に読んだ。
    けど、用語が難しすぎて(笑)、もうちょっとフリガナ振ってくれてもいいのよ……と思ったなど。中華系のお話だと、普段縁のない漢字も多くて、別に読めてなくても話の意味は通るのだけど、頭の中でうまく変換できないから目での朗読が途切れる感じがあるんだけど……???(これは私だけの感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年11月22日

    先帝の崩御に伴い皇帝の座を巡り8人の皇子が蠱鬼を狩りその数を競う。
    最後のひとりになるまでだましだまされ命を懸けた戦いとなる。
    ラストシーンこそ爽やかに締めくくったが、内容的によくこのレーベルで出されたなと感心してしまった。
    凄惨な戦いの連続で甘さのかけらもないので、気分が荒ぶっている時に読むとより...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社オレンジ文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング