「はるおかりの」おすすめ作品一覧

「はるおかりの」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/04更新

ユーザーレビュー

  • 後宮錦華伝 予言された花嫁は極彩色の謎をほどく
    読み応えもあり、最後まで惹きつけられる作品でした。

    私の好きな歴史ファンタジー、しかも東洋の後宮が舞台のお話なので、興味を持って読めました。
    主人公のヒーローとヒロインが不器用ながら色々な試練をのりこえて少しずつ近付いていく様がとても好感が持てました。
    表現、文章がとてもキレイ。
    書き手としても勉...続きを読む
  • 後宮詞華伝 笑わぬ花嫁の筆は謎を語りき
    やっぱり、はるおかりのさんの作品は、中華系で仙女が絡まない話の方が好きです。
    今回も最初は仲は良くなかったけど、だんだん・・・って感じの好きな系統でした。

    淑葉の嫁ぎ先は皇兄の夕遼でしたが、実際は夕遼が望んでいたのは淑葉の義妹で、皇帝の占いで淑葉になった・・・ってところから始まり、人違いだと離縁を...続きを読む
  • A collection of love stories2 黒髪のマリアンヌ
    はるおかりのさんお得意の、最初は誤解があったけど、誤解がとけると一転甘い感じになる短編集です。最初の頃よりエロ部分が増えてて、でもそれがあんまりしつこくなくて、できれば短編じゃなくて、もっと長いお話でもよかったかなって思いました。

    <黒髪のマリアンヌ>
    悪魔に取り憑かれたあと、悪魔は祓われたけど痣...続きを読む
  • A collection of love stories1 魔女の処方箋
    6つの短編集です。

    <梨花一枝春帯雨>
    「三千寵愛在一身」シリーズの番外編。
    王の妃で臣下に下げられた貴族の娘、明麟と農民上がりの武官、元鷹ですが、例のごとく、初夜の夜はうまくいかず、その後だんだんとお互いに歩みよるって感じです。

    とにかく、元鷹が優しいです。最初は冷え冷えとしていた夫婦仲が、雷...続きを読む
  • 三千寵愛在一身
    最初に、主人公の桜霞の「~であろ?」「~くりゃれ」っていう口調とか、世界観とか主人公の女性の方は絶世の美女で、男性の方にはキズがあるとか、政略結婚で、初夜にうまくできないところとか、ルルル文庫の「女王家の華燭」に似ているなぁって思っていたら、名前が違うだけで葵木あんねさんの作品ということでした。そり...続きを読む