後宮詞華伝 笑わぬ花嫁の筆は謎を語りき

後宮詞華伝 笑わぬ花嫁の筆は謎を語りき

作者名 :
通常価格 594円 (税込)
紙の本 [参考] 637円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

甘く切なく……「書」をめぐる中華後宮ミステリー! 継母から冷遇され笑顔を失った淑葉の慰めは、亡き母に教えられた書法に親しむこと。しかし、その能書の才さえも継母によって奪われてしまう……。そんな絶望の淵に沈む淑葉の元へ突然、皇兄・夕遼との政略結婚の命が下る。しかし、真に望まれていたのは淑葉の妹・香蝶ということが分かり!? すれ違う二人を繋ぎ、想いを伝えるのは、笑わぬ花嫁の筆ひとつ…! 婚儀から始まる中華麗麗恋物語。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2016年01月22日
紙の本の発売
2015年10月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年01月23日

やっぱり、はるおかりのさんの作品は、中華系で仙女が絡まない話の方が好きです。
今回も最初は仲は良くなかったけど、だんだん・・・って感じの好きな系統でした。

淑葉の嫁ぎ先は皇兄の夕遼でしたが、実際は夕遼が望んでいたのは淑葉の義妹で、皇帝の占いで淑葉になった・・・ってところから始まり、人違いだと離縁を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月30日

2巻の食メインからシリーズに入ったので、こちらの方が割とあっさり2人が両思いになったなという印象。前半はヒーローヒロインのスカッとする恋愛話、後半は謎解きっぽく恋愛要素は減ったかな。ストーリー重視の方も楽しめると思う。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています