平安ロマンティック・ミステリー 嘘つきは姫君のはじまり ふたりの東宮妃

平安ロマンティック・ミステリー 嘘つきは姫君のはじまり ふたりの東宮妃

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

衝撃的な結末を迎えた百舌殿での事件――。すべてが終わったいま、莫大な身代金と引きかえに、大姫が九条家に戻ってくることを知る宮子。しかしそれは、九条家が擁立するお妃候補がふたりになったことを意味していた。宮子と大姫、どちらが東宮妃になるかによって、後宮の勢力図は大きく変わる可能性がある。改めて身代わりの秘密が重くのしかかる中、美貌の大姫と対面を果たす宮子だが……。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2016年01月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

関連タグ:

平安ロマンティック・ミステリー 嘘つきは姫君のはじまり ふたりの東宮妃 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年01月11日

    本編は前2巻の後始末でミステリ要素なくつなぎと前振りに徹するの巻
    短編は持ち味が出ていて良
    馨子さまの活躍させかた振りがこの作品構成の重要なところ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月24日

    衝撃的な結末を迎えた百舌殿での事件。すべてが終わった今、大姫が九条家に戻ることを知る宮子。それはつまり、九条家の姫君がふたりになる事を意味していて。

    大姫が出てきてから、ハラハラしっぱなしなこのシリーズ。
    読みながら上手い展開だなぁとしみじみ思ってしまったり。
    大姫様と篝の恋が気になってしかたない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月15日

    1巻目で失踪した大姫が戻ってきました。
    衝撃のラスト。次巻の『東宮の求婚』が解決編になっています。

    この巻から恋愛色が濃くなります。
    東宮妃争いは大変ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月07日

    終わってみたら、「あ、ちゃんとミステリだったんですねこれ!」と驚いたす。普通に後宮ラブコメ政治もの的な何かだと思って読んでたよ私・・・!!
    乳兄弟のひっかけは普通にひっかかる。でもミステリ慣れした人だったらちゃんと気づけそうなギミック具合なので私が鈍いだけか。
    てかこの巻読むと、次郎君の優しさは博愛...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月10日

     雑誌掲載済みのシリーズ短編を収録。この短編が、かなり良かった。
     作った職人が既に亡くなっていて、作り方のわからない菊餅というお菓子の作り方を残された僅かな記録と記憶から試行錯誤していくことになるが、色鮮やかで想像力を刺激する描写から、材料から推定してどう考えても私の好きじゃないタイプの味のはずな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月31日

    2010/01/31:最強ライバル登場で前半はピリっとしてきましたが、後半は東宮と宮子の甘々っぷりに身もだえしまくりでした♥(*ノノ)
    それにしても菊餅が本当に美味しそうで作り方を読んでいるだけで食べたくなりました(涎)

    このレビューは参考になりましたか?

嘘つきは姫君のはじまり のシリーズ作品 1~13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社コバルト文庫 の最新刊

無料で読める 女性向けライトノベル

女性向けライトノベル ランキング