冬姫

冬姫

715円 (税込)

3pt

織田信長の二女、冬。その器量の良さ故に、父親に格別に遇され、周囲の女たちの嫉妬に翻弄される。戦国の世では、男は戦を行い、熾烈に覇権を争い、女は武器を持たずに、心の刃を研ぎすまし、苛烈な〈女いくさ〉を仕掛けあう。その渦中にあって、冬は父への敬慕の念と、名将の夫・蒲生氏郷へのひたむきな愛情を胸に、乱世を生き抜いてゆく。自ら運命を切り開いた女性の数奇な生涯を辿る歴史長編。

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

冬姫 のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    知らなかった。冬姫の存在はもとより、本能寺の変以降織田に縁のある人たちがどんな人生を送ったかについて、考えたことも、話を聞いたこともなかった。
    様々な歴史書に触れるにつけ、秀吉の人となりにはいつもあきれるばかりで、その陰で多くの尊い命が失われてしまっていたことに、今更ながら情けない思いが込み上げる。

    0
    2017年01月17日

    Posted by ブクログ

    いやこれはいい!織田信長、豊臣秀吉、伊達政宗、、、
    カリスマだったんだろ〜なー程度の武将たちがイメージを壊すことなくリアルに躍動し、人間味に触れて親近感が湧いています。
    冬姫はおっとり系なのに凛と強くて、私の理想像かも。
    蒲生氏郷なんて全然知らなかったけれど、生涯側室を持たなかったとか、この本を読む

    0
    2016年02月14日

    Posted by ブクログ

    本作は、或いは“ファンタジー”、“伝奇”という色彩も濃い時代モノのような感じがする。戦国時代の軍略や合戦の狭間に生きた武将達の物語という風ではなく、有名武将の娘にして、同じく有名武将の妻となった魅力的な女性の周辺での“奇譚”が経年で纏められている物語集のようでもある。何かしら、「巧みに現代語の小説に

    0
    2016年01月27日

    Posted by ブクログ

    戦国の世で繰り広げられる女たちの戦い。その中で信長の娘であることで、清く姿勢を正して、相手の心を理解しながら難を逃れていく冬姫を応援しながら、あっという間に読み終わった。

    0
    2023年08月02日

    Posted by ブクログ

    信長の娘、冬の生き様。
    蒲生氏に嫁いだ冬という女性がいたことも知らなかったけれど、歴史上の有名武将もいっぱい登場するので流れは分かりやすかった。
    始めは呪いなどの話題も多く面白く読んでいたけれど、段々と人間関係のしがらみに苦しみながら「女いくさ」を戦い抜く強い女性に圧倒された。
    侍女のもずの苦悩と献

    0
    2023年05月13日

    Posted by ブクログ

    織田信長の娘として産まれた冬姫の物語
    久しぶりに葉室麟らしい本を読んだ。
    この時代の家や家族を守る女性の強さと怖さが伝わって来た。安土城、蒲生など近くに住んでいた事もあったが初めて知る事ばかりだった。沢山の登場人物が描かれていたが
    それぞれが光輝くように感じた、個人的にはもずに魅力を感じた。

    0
    2022年06月19日

    Posted by ブクログ

    織田信長の次女冬姫様の物語を読みました。蒲生氏郷公に嫁がれたんですね。

    この本は戦国時代の有名人物のエピソードを「これでもか」って言う位盛り込んでくれています。主役がちょっと霞んでしまうほど...

    でも、それだけ個性的な人物がいっぱいいた時代ってことですよね!

    0
    2021年09月07日

    Posted by ブクログ

    信長の次女冬姫と、その嫁ぎ先:蒲生氏郷が活躍する話。
    割と忍術合戦な雰囲気もあるので、荒唐無稽かと思いきや、割と史料に沿ったエピソードも多く、面白い。
    蒲生氏郷の活躍する小説は少ないので、興味深かった。

    0
    2021年02月11日

    Posted by ブクログ

    信長の子供のネーミングセンスってどうしてここまでだったんだろうなといつも思います。例えば

    長男・信忠(幼名:奇妙丸)
    次男・信雄(幼名:茶筅丸)
    三男・信孝(幼名:三七)
    四男・秀勝(幼名:於次丸)
    五男・勝長(幼名:御坊丸)
    六男・信秀(幼名:大洞)
    七男・信高(幼名:小洞)
    八男・信吉(幼名:

    0
    2021年02月01日

    Posted by ブクログ

    織田信長の娘、冬姫のお話。

    ただ、事実を元にした歴史物語と思っていたけれど
    途中怨霊とか呪いとか出てきて、ん?
    と思ったところもありましたが、、、。
    中盤から最後に掛けては、
    伏線回収がされる感じがしておもしろかった!

    0
    2020年12月29日

冬姫 の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング

葉室麟 のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す