教場

教場

作者名 :
通常価格 680円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

君には、警察学校をやめてもらう。

この教官に睨まれたら、終わりだ。全部見抜かれる。誰も逃げられない。
 警察学校初任科第九十八期短期過程の生徒たちは、「落ち度があれば退校」という極限状態の中、異色の教官・風間公親に導かれ、覚醒してゆく。
 必要な人材を育てる前に、不要な人材をはじきだすための篩、それが警察学校だ。
週刊文春「2013年ミステリーベスト10」国内部門第1位、
宝島社「このミステリーがすごい! 2014年版」国内編第2位、
2014年本屋大賞にノミネートされ、
90以上のメディアに取り上げられた既視感ゼロの警察小説!

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
328ページ
電子版発売日
2015年12月25日
紙の本の発売
2015年12月
コンテンツ形式
EPUB

「教場」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年06月18日

警察学校が舞台の連作短編集。
すべてを見通すような瞳を持った教官、風間。
彼に指導されることになった初任科第98期短期過程の面々の間に起こる、妬みや恨み、いらだちなどが原因の事件たち。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月17日

警察官に転職する知人にこの本を薦めたら、次に会ったとき「どうしよう…」と転職を後悔し始めており、気軽に推薦したことをこちらも後悔した。それでも、読み進めるうちに感じる背筋の寒さを皆に味わってもらいたくなる一冊。できたら、警察官志望者以外に。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月13日

警察学校という、およそ異質な空間(作中ではしばしば篩と表現される)で繰り広げられるミステリー。
散りばめられた伏線が鮮やかに回収され、各章を読み終えた後の爽快感はなかなかのものである。また、小さな伏線、違和感を見逃さない厳格な白髪教官風間や様々な課題や問題を抱える登場人物が繰り広げる、たまに狂気も混...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年05月14日

ミステリーと言えばミステリーだけど気が付かないうちに謎を提示されている感じ。閉鎖的な空間にいると一本切れちゃう人が出ちゃうんだろうな。ドラマのようにかっこよく活躍する警察官なんて現実にはいなくて、地味できつい毎日なんだろうな。この学校での生活に耐えられなければ現実の現場では役に立たないからはじき出す...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月21日

目次
・職質
・牢問
・蟻穴
・調達
・異物
・背水

警察学校の短期過程に入校した生徒と、彼らの適性をじっと観察する教官・風間との半年間を描く短編集。

これが実に嫌な感じで、たった40人ばかりのクラスの中に、こんなに警察不適格者がいるのかと思うと、ちょっと背中がぞわぞわしてしまう。
例えば体力的...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「教場」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,516

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!