黒冷水

黒冷水

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

兄の部屋を偏執的にアサる弟と、執拗に監視・報復する兄。出口を失い暴走する憎悪の「黒冷水」。兄弟間の果てしない確執に終わりはあるのか?当時史上最年少十七歳・第四十回文藝賞受賞作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
電子版発売日
2016年07月08日
サイズ(目安)
4MB

黒冷水 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年05月23日

    又吉じゃないほうとしてフューチャーされて、テレビでちょくちょく見かけてたときの飄々とした印象があったので、何となく作家として向き合うのが憚られこれが初挑戦。

    家族ひいては兄弟という非常に限られた世界の中で繰り広げられる攻防。何とも粘着質で気分の悪いやりとりが続くが、後半の展開がどどっと盛り上がり読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月21日

    153回芥川賞を受賞した又吉じゃない方、羽田圭介のデビュー作。
    これを18歳の高校3年生で発表できるとか、天才としか思えない。
    もっと早くに出会いたかった作家かも。そう思えるくらい引き込まれてしまった〜

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月11日

    17歳が書いた小説だとはまさか思わなかった。
    すんごいな高校生。

    読みながら、なんつー局地的抗争!と思ったけれど、
    その割にはひとつひとつ、ディテールが随分細かくてしっかりしてるな、
    とも思った、それがまさか、主人公と作者の完全なるリエゾンにあったとは。

    高校生や中学生の日常を切り取る作家は多い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月12日

    果てしない兄弟喧嘩を描いた作品。とても面白い。漫画で読んだらもっと面白いと思う。というかジャンプとかにありそうな作品だ。物語最終、兄弟の仲が良くなってのはありがちな安っぽさを感じたけれど、読み進めていくうちに「えーーー、お前が黒幕かい!!」となる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月18日

    羽田圭介初めて読んだけどおもしろかったー!最後、俯瞰になった時、え?これフィクションだよな?ってまんまと思わされた。17歳でこれ書いたのすごすぎる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月17日

    知り合いにはおすすめしにくい内容。人格疑われちゃう?みたいな…
    でもこれでもかの展開と結末にのめり込めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月28日

    兄の部屋を漁る弟、罠を仕込む兄。幼稚で陰湿極まる兄弟ゲンカと、家族の絆と、成長と…?

    控えめに言って、頭のおかしな兄弟だ…

    と思ったら…えっ?何…?

    ……いや、やっぱ頭おかしい!

    少し笑えてかなり不安になる家族サスペンス!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月26日

    うーん、エグい?眉間にしわ寄せ読むところもありましたが……最後、あ~そうなのって思い……。まあ、読んでみて下さい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月19日

    瑣末なことを丁寧に描写することによって生じる滑稽さ、という羽田圭介ならではのテイストが、既にこのデビュー作においても充満している。筆者17歳時、文藝賞受賞作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月18日

     高校生の兄、名前は正気。この年頃ってこんなに分析的だっただろうか? とわが身を振り返ってみて、とてもとてもと、舌を巻いてしまう。
     さらに羽田氏の高校時の作品と知り、その思いが一層強くなった。人物の動きが細やかに描いていて、行動の奥にあるその心理を問い、分析していく過程が面白い。
     で、兄の正気は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

河出文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング