本を読む人だけが手にするもの

本を読む人だけが手にするもの

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あなたは「なぜ、本を読んだほうがいいのか?」という質問に答えられますか?
「本を読みなさい」とはよく言われますが、その素朴な疑問にきちんと答えられる人は少ないのではないでしょうか。

本書は、東京都の義務教育では初となる民間企業出身の校長を務め、現実社会と教育をリンクさせた「よのなか科」という大人気の授業や、ベストセラーで知られる藤原和博氏が、「人生における読書の効能」について、ひも解いていきます。

序章では、現代は「本を読む習慣がある人」と「そうでない人」に二分される階層社会になりつつあると警告します。

第1章では、「読書量と収入の密接な関係」「読書によって身につく、人生で大切な2つの力」など、ズバリ、読書のメリットを答えていきます。

第2章では、「1冊の本にはどれほどの価値があるのか」「本を読むことは、2つの『みかた』を増やすこと」など、本を読むことの本質に迫っていきます。

第3章では、「自分の意見をつくり上げるための読書」「読書で人生の鳥瞰図を獲得する」など、人生と読書との関連性がリアルに綴られています。

第4章では、21世紀の成熟社会に不可欠な「情報編集力」とそれを構成する5つのリテラシー「コミュニケーションする力」「ロジックする力」「シミュレーションする力」「ロールプレイングする力」「プレゼンテーションする力」を、いかに読書で磨いていくかを解説します。

第5章では、読書嫌いの子も少なくなかった中学校の校長時代の経験なども踏まえ、いかに読書を習慣化させるかを、現実的な側面からポイントを押さえていきます。

巻末では、「ビジネスパーソンに読んでほしい14冊」「学校では教わらない現代史を学ぶ10冊」「小中学生から高校生の子を持つ親に読んでほしい15冊」「子どもといっしょに読みたい11冊」という著者のおすすめ本も紹介します。

ジャンル
出版社
日本実業出版社
ページ数
272ページ
電子版発売日
2015年10月30日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2018年12月09日

そのままタイトルの答えを知りたくて読みました。恥ずかしながら今まででほとんど本を読んでこなかったですがこの本を読んで後悔したのと今からでも沢山読む時間を作ろうと思いました。
とても読みやすく、一気に読めました。もともと気になっていた著者ですがこれを気に他の本も読もうと思います。
自分も本書に出てきた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月21日

読書スキルをあげたくて読書関連本を一気読みしてます。

結果、とても面白かった!
乱読せよ、量が大事だと訴える。
リクルートでかつて本を読まずに成功していた筆者が本を読んでそれまでの成功が薄っぺらいものだと気づいた。
読書で世界は劇的に変わるのだ。
筆者は言う、300冊を越えたあたりから、見えてくる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月26日

世の中で成功した人や社会的地位の高い人には読書をしている人が多いと言われているが、本を読むことのメリットをここまで論理的かつ説得力のあるストーリーで説明した論考に出会ったことがない。成長社会から成熟社会にシフトした現代だからこそ読書の重要性が高まるという主張にも完全同意。ますます積極的に読書をしよう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月27日

本を読むことの効用について頷ける内容多数。「引き寄せの法則」は私にもよく起きているような気がする。『ブレイン・プログラミング』にも通じるけれど、「願えば叶う」みたいな感じかもしれない。「パチンコをしない、ケータイゲームをしない、読書をする」で1/8(約10人に1人)の人になれるというのは勇気づけられ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月09日

読書に興味を持ったが、そもそも本を読むメリットがあまり理解できてなかった。そのためこの本を読んだが、読んだ後すぐに次の新しい本を読もうと感じた。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています