晴れても雪でも キミコのダンゴ虫的日常
  • 最新刊

晴れても雪でも キミコのダンゴ虫的日常

作者名 :
通常価格 518円 (税込)
紙の本 [参考] 561円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

冬は毎日繰り返される雪かき、春はブルブルふるえながらお花見、夏至が過ぎたら冬を恐れ、秋は迫りくる冬の気配を全力で無視する……。本当に判で押したように、毎年変わらないキミコの日常。ビールも凍る試される大地(北海道)での、雪と酒と妄想まみれの日々をつづった爆笑&脱力日記の第2弾。ゆるゆる~と生活していても人生には彩りがある! 生きる希望が湧いてくる、そんな一冊をあなたに。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年06月02日
紙の本の発売
2017年04月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年05月25日

安定した笑いを供給してくれます。日常生活に現れるささやかな出来事を笑いにしてしまう著者の力量には感心します。著者を含めご両親や姪っ子さんには、いつまでも元気で楽しい日常生活を送って欲しいものです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年11月23日

北大路先生二冊目。お母様の言い間違いと雪を希望と言い換えた日記がツボに入ってしまい今も思い出すとにやけてしまうほどに好きです。
豪雪地帯の大変さがあるんだろうなぁ……

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月29日

背表紙にも、公子さん本人のあとがきにも書いているけど、ここの収められている2年間(前作も含めれば4年間)、本当に同じようなことしかしていない。
なのにこんなにおもしろいのは、やっぱり公子さんの文章力や妄想力のすごさだと思う。
悔しいけど真似できないタイプ。
私は北海道に親戚がいるので、よく遊びに行っ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年04月27日

長らく独り身。趣味は昼酒。飲むためなら吹雪の中でも出かけるが、普段は家でぐうたら三昧。冬になったら泣く泣く毎日雪かき……。雪と酒と妄想まみれの爆笑&脱力必至の日記in北海道、第2弾!

どこまでもマイペースなケメコ先生には脱帽です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月21日

北大路公子『晴れても雪でも キミコのダンゴ虫的日常』集英社文庫 。

グータラ日記の第2弾。相変わらずの酒まみれのグータラな日々が面白可笑しく綴られる。

家でも昼酒、旅先でも昼酒、夜は夜で別腹の如く酒を飲み、不毛な妄想と北国の雪を呪う日々。世の中を常人とは違う角度から見つめ、ズバっと切り裂く思考は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています