流されるにもホドがある キミコ流行漂流記

流されるにもホドがある キミコ流行漂流記

作者名 :
通常価格 613円 (558円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

流されるようで流されない!? キミコ節冴える名エッセイ! 好きなものは、おビールとお相撲とウニ蟹など。平和と安定を好むキミコ氏が、まったく興味のない「流行」に挑んだ! 人気アプリに触発された感涙の人情話「縁側日記」、某流行ランキングに従い、北陸新幹線に乗って金沢を目指す旅行記「いい日カニたち」、かの名作に想を得た物語「走れハロウィン」、北海道の土産についての考察と試食レポ「道産子土産考」など。多彩な筆致を堪能できる傑作エッセイ集。文芸ウェブサイト「ジェイ・ノベル プラス」での人気連載に、「つづき」や「その後」を加筆し、「いきなり文庫」で登場!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2017年06月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

流されるにもホドがある キミコ流行漂流記 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年11月02日

    「縁側日記」最高です。
    「テレビ小姑」朝ドラ突っ込みツイートをより楽しむために朝ドラ見ていた時期を思い出して楽しかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月03日

    笑いました。以前に、ウェブで連載していた内容のはずなのですが、いくら加筆修正されているとはいえ、こんなにも笑えるのか。著者が流行しそうなものを追うという内容ですが、締め切りが遅れて後追いになっている部分もあり、著者のお人柄が出ている一冊です。どのくらい笑えるのかは、どうぞ読んでお確かめください。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月02日

    好きなものは、おビールとお相撲と蟹など。平和と安定を好むキミコ氏が、まったく興味のない「流行」に挑んだ!人気アプリに触発された感涙の人情話、某流行ランキングに従い、北陸新幹線に乗って金沢を目指す旅行記、かの名作に想を得たハロウィン物語、北海道の土産についての考察と試食レポなど。多彩な筆致を堪能できる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月08日

    笑える!日経新聞新聞の連載から読み始めた作者だが、コレは笑える!
    毒舌だし、酒ばっかりだし、体重計もなかなか乗らないし笑 キミコさんと行動を共にするK嬢や料理上手なアニキと登場人物との関わりも楽しい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月09日

    流行に疎い公子さんが流行に右往左往しながらも、どこまでも公子さんらしく独自路線を突き進む感じが楽しかった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月23日

    流行をまったくありがたがってない
    むしろ迷惑気なところも
    猫っぽくて面白かったです
    看板に偽りアリ
    全然流されてませんよ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    疲れた時は・・・北大路公子。これで、笑って♪自分に自信を持ち、次の読書に励みます。公子さんの周りは強者揃いで飽きないです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月28日

    流行り物に疎いのに流行り物についてウェブ連載することになった北大路さん。
    相変わらず面白い 読み始めてすぐふっと笑ってしまう 表現の仕方が面白いんだな 
    散歩にうんざりするの早すぎ(笑)しかも1日目から(笑)
    あと印象的だったのは「縁側日記」。しばらく読んで「あ、ねこあつめのことか」と気づいたんだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月16日

    流行に鈍感な人が流行について書くエッセイ。
    著者のお尻を叩いてくれた編集さんにお疲れ様と言いたい。
    それにしても「縁側日記」にはついホロリとしてしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月31日

    もう、小説として読む方が面白いし楽だ。
    体重のない世界。
    さらさら流れる小川の底で、カニと遊ぶ世界。
    生きているだけで楽しそう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

実業之日本社文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング