猿の悲しみ

猿の悲しみ

作者名 :
通常価格 734円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

弁護士事務所で働く風町サエは、殺人罪で服役経験を持つシングルマザー。十六歳で不登校の息子がいる。表向きは事務員だが、実際には様々な手口で依頼主の要望に応える調査員。プロ野球選手とモデルの離婚慰謝料を巡り動くサエだったが、同時にある殺害事件についての調査も言い渡される。歪んだ愛の発端は三十四年前に遡り――。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2015年09月09日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年07月18日

風町サエシリーズの1作目。

続編の「遠い国からきた少年」から先に読んでしまったのだが、どちらも読みごたえは十分。

殺人を犯し、刑務所に服役。その時の弁護士だった羽田のもとで、「調査員のようなもの」として勤める風町サエ。

この物語には、正義面する人間は出てこない。

誰もが個人的事情を抱え、トラ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月28日

 弁護士事務所で、表向き事務員、実はすご腕調査員のシングルマザーが主人公。
 クールで、冷徹とも思えるところがあるのだけど、息子にはでれでれになる。そのギャップが面白い。彼女が服役していたことや、シングルマザーになってことも、割と早いうちに明らかになっていてノンストレス。

 女性が殺され、その...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月03日

異色の主人公。元ヤンキーで殺人の前科があり、16歳のときに産んだ息子を持つ32歳の女性サエ。世話になった弁護士をオヤジと呼び、そのオヤジの事務所に勤めている。表向きは事務員だけど、解錠その他、元不良らしく、さまざまな特技を駆使して、顧客の依頼に応じた危ない調査いろいろ。

著者の作品ではおなじみの、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月26日

「笑う少年」を先に読んでからシリーズ物と知り読んでみました。
「笑う少年」がちょっとグダグダ感があったので期待せずに読んでみたら意外と面白かった(*´∀`)
息子ラブなかーちゃんには変わりないが本作はラブ度が少なめでちょっとユーモアのあるハードボイルド風で女版「探偵はBARにいる」を狙っているかのよ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「樋口有介」のこれもおすすめ

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play