雨の匂い

雨の匂い

作者名 :
通常価格 754円 (686円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

癌で入院中の父親と寝たきりの祖父、二人の介護とアルバイトで日々をすごす大学生の柊一。塗装工だった祖父の代理で、ある家の塀塗りを引き受けるが、同じ頃、謎めいた少女・李沙と出会って関係を深めていく。やがて町内で放火事件が発生し……。降りしきる雨の中で育まれていくのは愛か、殺意か。著者真骨頂の切ないミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
217ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

雨の匂い のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年09月20日

    物凄いドロドロしているが、サラッと読めてしまう。
    いつもの飄々とした主人公のせいだ。
    ただ今回はちょっと違うけど。
    ミステリというよりサスペンスか。じわじわくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月29日

    借本。
    著者の本はこれが初めて。
    読みやすくて、一気に惹きこまれた。
    面白いといえばそうだけど、ちょっと違う面白さがある。
    少しおすすめ。
    著者の違う本も読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ストーリーは全然おもしろくないけど私は好きだ。偏屈な主人公が大好きだ。ただその歳で何の躊躇いもなく人の死を傍観するのは…どうなのかな…人にはお薦めしないけど自分は読みたくなっちゃう、そんな樋口有介。(09.08.07)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    2007/11/09地味だけど、好きな作家。コンスタントに出版されるので安心して読める。に、してもこの作品は数ある樋口作品の中でも群を抜いて地味な気がするんですが…
    足を骨折して以来寝たきりの祖父と末期癌の父の介護に追われる主人公が引き連れる死の連鎖。淡々と進む物語に一切の救いが無い。それでも、読む...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    樋口さんの本はやっぱり読みやすい。登場人物がみんな変わり者だらけな感じだけど、それでも疲れず読めるのはさらっとした文章のせいでしょうか?そして、いつも季節感の描写が丁寧で、思わず家にも色んな花を植えたくなります。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

中公文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング