転がる香港に苔は生えない

転がる香港に苔は生えない

作者名 :
通常価格 1,018円 (926円+税)
紙の本 [参考] 1,089円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

あの時、あの街で、君に出会った

中国返還前の香港で、たくましく生き、様々に悩み、見果てぬ夢を追い続ける香港の人々の素顔。第32回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
636ページ
電子版発売日
2015年07月17日
紙の本の発売
2006年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

転がる香港に苔は生えない のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月18日

    97年以降に生まれた私は
    香港返還をリアルタイムで見られていないが、
    この本を読んで返還前後の香港の姿が目に浮かんだ。そこで生きていた著者はとてもかっこいい。

    ここまで考えや思いを文章に載せられるのは
    本当にすごいことだと思う。
    同じように感じていたことに言葉を与えられて、
    そういうことか!と自分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月24日

    1997年にイギリスから中国へ返還された香港で、返還前後の約2年間を現地で生活したノンフィクション作家、星野博美氏の著書。最初の1年は就学ビザのため語学学校へ通い、2年目からは1か月間の観光ビザを取得するために入出国を繰り返すという、実に気合いの入った生活ぶりである。

    ちょうど歴史的転換点を迎えた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月17日

    昔から香港という土地に不思議と興味をひかれていて、香港に関わる書籍を読もうと思ってまず手に取ったのがこの本。
    読んで本当に良かった。
    リアルな香港が作者目線で瑞瑞しく書かれていて、香港という場所がどういうところか、よくわかった。
    香港へ旅行することになったときに読み返したけど、旅行でも役に立つことが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月30日

    香港返還が、現地ではどのように感じられていたのか。
    物事は、どちら側から見るかで変わってしまうのだと、当然の事を思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月19日

     香港の返還には興味はあったが、旅行者としての視点を持っていなかった。
    だから、返還がお祭り騒ぎのようであり、しかも香港の在住の人に対して、言い尽くされた「返還をどう思う?」という疑問でしかなかった。
     それが、10年来の友人たちの今を通して、生活や考え方の変化、さらに広東語で近隣の顔見知りに本音を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月15日

    沢木耕太郎より面白い。香港を旅行したくなった。
    なお、米原万里の書評から本作と著者に興味を持ったのだけれど、ぼくみたいな人、結構いるみたいだね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月06日

    返還期の香港にまさに入り、感じたことを赤裸々につづる筆者。変わり続ける香港がもしかすると止まるかもしれない返還。これまでの香港に「慣れる」ために、様々な人の話をきき勉強していく筆者。なれるためには今まで生きてきた自分の魂を変化させていくことだ。香港人に戸惑い、傷つき、慰められ、笑顔にさせられ、結局自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月21日

    香港に住んでいても、広東語がわからない私には香港の人と話をすることができない。すれ違う人たちがどんなバックグラウンドを持っているのか、どんなことを考えるのか。それを理解する多少のヒントになったかもしれない。とても面白く夢中で読んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月15日

    文章の歯切れがよく、テンポ良く構成されていて、あっという間に読んでしまった。

    様々な背景の人が集まり、人も政治も経済も流れが速い香港。そんな香港が大好きなのに、安定を望む日本人である自分は、香港人にはなれないと著者。
    日本は「千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで」安定を求める気質であるこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月13日

    苔のむすのを徹底的に否定し、転がり続ける香港をリアルに綴ったドキュメンタリー。

    香港入門にこれほど最適な本はないだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

転がる香港に苔は生えない に関連する特集・キャンペーン