見知らぬ遊戯 鑑定医シャルル(鑑定医シャルル・シリーズ)

見知らぬ遊戯 鑑定医シャルル(鑑定医シャルル・シリーズ)

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

満月の夜、亜麻色の髪の被害者。遺留品は、焼いた胡桃と林檎。そして霧――これが、ノルマンディのレミ村で起きた強姦事件と、パリの連続殺人事件の共通点だった。女性憲兵隊員アニエスの要請に応え、分裂気質で人嫌いの鑑定医シャルルが、犯罪心理学を駆使して、犯人の心の暗闇に分け入る……。戦慄のサイコ・サスペンス、〈鑑定医シャルル・シリーズ〉第1弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2015年05月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

見知らぬ遊戯 鑑定医シャルル(鑑定医シャルル・シリーズ) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年03月12日

    マリナシリーズから切り離された世界に
    なってしまいそうで怖くて、
    ずっと積んだまだった鑑定医シリーズ。

    空気感も事件の陰惨さも違うけれど、
    やっぱりシャルルはシャルルでよかった。
    マリナちゃんとの恋の傷を引きずりつつも、
    色気も経験値も上がったシャルルはますます蠱惑的!

    くり抜かれた林檎の燭台と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月04日

    シャルルシリーズが好きで、なぜか2作目→1作目と読みました。

    犯人は前半で分かりましたが面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    コバルト文庫「漫画家マリナシリーズ」から飛び出た作品。
    IQ269の天才で、人間嫌いのシャルルが大人になってから解決していく事件の数々を描いたミステリー。
    コバルトのときはトリック解明が主でしたが、こちらは心理学的観点からのミステリーで、かなり怖いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     ちょうど心理学に傾倒し始めた頃に友人の紹介で出会ったこの本。当時のツボにドンピシャで、のめり込みました。たぶん当時は相当書くものに影響を与えられたはず。今でも犯罪心理、なかでもデロデロにえげつないのが好きですが、自分の書くものの中の心理学要素は匂わせる程度にしています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    乙女の文庫コバルトで大昔信じられないくらい大量に出てたシリーズに登場するシャルルが出てくる。ちょっとアダルト向けで難解な所がツボだね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月14日

    藤本ひとみさんの本は(コバルト文庫以外は)結構読んでいますが、このシリーズはイチオシです。主人公のシャルル(医者)が心理的・解剖学的な点から事件を解き明かしていきますが、最後にならないとわからないどんでん返しが非常に美味しい。
    この本の概略です。
    パリで満月の夜に亜麻色の髪の乙女が次々と殺される。遺...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    まんが家マリナシリーズのシャルルが大人になって変わり者の鑑定医として登場。そのせいか、一般の推理小説というにはどこかしら、キャラ小説臭がただようような……。人間の性の闇を題材にしたストーリーはスリリングで面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    鑑定医シャルルシリーズ第一作。
    閉鎖的な村で強姦事件が起きた。
    犯罪心理学に触れながら犯人を絞っていく過程が楽しめます。鑑定医シャルルの皮肉っぽさに惹かれました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    パリを舞台にしたサイコ・サスペンス。これまた犯罪心理学医のシャルルさまが私好みのお変人。藤本氏の作品はヨーロッパが舞台だからこれまた面白い。女性憲兵隊員アニエスとの間に芽生えた物の行方も心配!シリーズにしてくれて、ありがとう!っていう感じです。(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月11日

    2012/03/31:読書メーターのつぶやきでマリナシリーズ→鑑定医シャルルシリーズの話を見かけて読んでみたくなり、読んでみました。大人なシャルルが新鮮でした。

    このレビューは参考になりましたか?

鑑定医シャルル のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 見知らぬ遊戯 鑑定医シャルル(鑑定医シャルル・シリーズ)
    満月の夜、亜麻色の髪の被害者。遺留品は、焼いた胡桃と林檎。そして霧――これが、ノルマンディのレミ村で起きた強姦事件と、パリの連続殺人事件の共通点だった。女性憲兵隊員アニエスの要請に応え、分裂気質で人嫌いの鑑定医シャルルが、犯罪心理学を駆使して、犯人の心の暗闇に分け入る……。戦慄のサイコ・サスペンス、〈鑑定医シャルル・シリーズ〉第1弾。
  • 歓びの娘 鑑定医シャルル(鑑定医シャルル・シリーズ)
    超然とした美貌、人間嫌い、天才的分析力――若き鑑定医シャルルは、ある日ノルマンディで、かわいい女豹のような少女娼婦アデルを、精神鑑定のサンプルとして診断していた。そこへ鉱山で発見されたバラバラ死体が、アデルの父親と判明。死体鑑定を依頼されたシャルルは、猟奇犯罪の謎を追い、アデルの家に乗り込むが、そこは……。戦慄のサイコ・サスペンス、〈鑑定医シャルル・シリーズ〉第2弾。
  • 快楽の伏流 鑑定医シャルル(鑑定医シャルル・シリーズ)
    フランスの地方都市に住むタルモン一家。司法官である妻、夫は弁護士、厳格な妻の母と従順な息子と暮らしていたが、夫がアメリカから孤児を引き取ったことから、一家の崩壊が始まる。同時期に老婆ばかりを狙った残虐な連続殺人事件が起き、その事件を担当する妻はシャルルの助言を得て、その恐るべき真相に迫る。迫真のサイコ・ミステリー、〈鑑定医シャルル・シリーズ〉第3弾。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています