快楽の伏流 鑑定医シャルル(鑑定医シャルル・シリーズ)
  • 値引き
  • 最新刊

快楽の伏流 鑑定医シャルル(鑑定医シャルル・シリーズ)

作者名 :
値引き価格 346円 (315円+税) 10月8日まで
通常価格 495円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

フランスの地方都市に住むタルモン一家。司法官である妻、夫は弁護士、厳格な妻の母と従順な息子と暮らしていたが、夫がアメリカから孤児を引き取ったことから、一家の崩壊が始まる。同時期に老婆ばかりを狙った残虐な連続殺人事件が起き、その事件を担当する妻はシャルルの助言を得て、その恐るべき真相に迫る。迫真のサイコ・ミステリー、〈鑑定医シャルル・シリーズ〉第3弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
296ページ
電子版発売日
2015年05月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

快楽の伏流 鑑定医シャルル(鑑定医シャルル・シリーズ) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年03月12日

    厳格な祖母が取り仕切る名門一家が
    希望と絶望の間を揺れながら
    少しずつ悲鳴をあげ軋むように崩壊していく。

    あまりに残酷で凄惨な事件と、
    情熱的で鮮やかに展開する官能の世界。
    今まで自分がふれてきたひとみさんの世界との
    違いに驚きつつ、見事な表現に感嘆!

    環境的要因で捻じれ壊れた心が
    生み出してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    快楽には伏流がある。

    読み終わって本の題のつけ方が上手だなって
    思っちゃいました。


    読んでて事件の進み方がわかっていたのだけど
    最後の夫のマイケルまで犯罪に絡んでるとは
    最後のあたり来るまで気付かなかった。


    親が子を押しつぶす関係。
    すごく理解できる関係なので
    それが開放し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月09日

    最後の最後で、最初の心の声が誰のものかはっきりと分かる.
    心理学でこんなにも鮮やかに行動を推し量ることが可能なのだろうかと思う.
    殺人の状況が私から見ると非常に変質的と感じられるので、記憶に残りそうな印象.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月27日

    三冊の中では一番グロイのかも。
    にしても、シリーズを通して思うのは、シャルルが意外と惚れっぽいということ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    一回読み始めると止まらないです
    一気に読みました!
    受けの最初の初々しさに萌えました
    とっても恐ろしい話なので注意!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     マリナシリーズで出てきたシャルルの話。以前はコバルトだったからか、そしてこの話のシャルルが青年になったためか、それなりに大人らしい描写があります。10代向けではないでしょうからね。ですが、ミステリーですので、シャルルの分析話が面白い。そして相変わらずの彼の傲岸不遜振りも。マリナシリーズでの恋も多少...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月16日

    藤本ひとみの『鑑定医シャルル』シリーズは3作出ていて、この本がその3冊目です。

    シリーズの前2作は出版された当時、単行本の頃に買って読んでいましたが、しばらく藤本作品から遠ざかっていて、3作目をまだ読んでいなかったのはブログの2013/2/24の記事 のコメント返しでちょっと触れている通りです。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月12日

    すごくグロイ部分がありました。相変わらずの藤本ひとみ色ある作品だったと思います。シリーズものだって知らなかったので他のものも読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    マリナシリーズが凍結されてややしばらくたった頃発刊された、筈。
    性格に言えばこれはコバルトではないんだけど。
    コバルト文庫で一斉を風靡したマリナシリーズシャルルが主役とあっては読むしかないという勢いで読み始めましたが

    やっぱりね、違うんです。
    面白いのは面白いんだけど、
    やっぱりシャルルはマリナシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

鑑定医シャルル のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 見知らぬ遊戯 鑑定医シャルル(鑑定医シャルル・シリーズ)
    値引き
    満月の夜、亜麻色の髪の被害者。遺留品は、焼いた胡桃と林檎。そして霧――これが、ノルマンディのレミ村で起きた強姦事件と、パリの連続殺人事件の共通点だった。女性憲兵隊員アニエスの要請に応え、分裂気質で人嫌いの鑑定医シャルルが、犯罪心理学を駆使して、犯人の心の暗闇に分け入る……。戦慄のサイコ・サスペンス、〈鑑定医シャルル・シリーズ〉第1弾。
  • 歓びの娘 鑑定医シャルル(鑑定医シャルル・シリーズ)
    値引き
    超然とした美貌、人間嫌い、天才的分析力――若き鑑定医シャルルは、ある日ノルマンディで、かわいい女豹のような少女娼婦アデルを、精神鑑定のサンプルとして診断していた。そこへ鉱山で発見されたバラバラ死体が、アデルの父親と判明。死体鑑定を依頼されたシャルルは、猟奇犯罪の謎を追い、アデルの家に乗り込むが、そこは……。戦慄のサイコ・サスペンス、〈鑑定医シャルル・シリーズ〉第2弾。
  • 快楽の伏流 鑑定医シャルル(鑑定医シャルル・シリーズ)
    値引き
    フランスの地方都市に住むタルモン一家。司法官である妻、夫は弁護士、厳格な妻の母と従順な息子と暮らしていたが、夫がアメリカから孤児を引き取ったことから、一家の崩壊が始まる。同時期に老婆ばかりを狙った残虐な連続殺人事件が起き、その事件を担当する妻はシャルルの助言を得て、その恐るべき真相に迫る。迫真のサイコ・ミステリー、〈鑑定医シャルル・シリーズ〉第3弾。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています