アンダー・ザ・ドーム(4)
  • 最新刊

アンダー・ザ・ドーム(4)

作者名 :
通常価格 896円 (815円+税)
紙の本 [参考] 935円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

スティーヴン・スピルバーグ製作でテレビシリーズ化もされた超大作。

脱出不能の壁に閉じ込められ、独裁者の恐怖政治が敷かれた町。そこに迫る壮絶な破滅とは? 巨匠の超大作、圧倒的クライマックスへ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
528ページ
電子版発売日
2015年04月17日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

アンダー・ザ・ドーム(4) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年06月22日

    謎のドームに閉じ込められた町の住人たちの恐怖と狂気を描くキングの長編。恐怖政治は暴走し、反対勢力は死刑宣告され、ついに町にカタストロフィ「業火のハロウィン」がやってくる。最後まで突っ走る大破壊はさすが巨匠の筆力!良い!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月19日

     アメリカの田舎町チェスターズミルは、ある日突然<ドーム>に覆われてしまう。

     <神>の存在について考えてしまった。
     イタリア歌曲によくあるフレーズ「Pieta Signore(神よ憐れみたまえ)」が頭の中をぐるぐるしていた。
     
     ドームに閉じ込められた状況であるのに、人は自分の保身や欲望をと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月25日

    文庫本で全4冊、各巻がそれぞれ500ページ以上あるので、総ページ数が2,000ページを超えるという、とんでもない超大作。
    しかも、主な登場人物のリストが4ページもあり、実際に登場する人物は遥かにこれを上回る。
    実は、単行本で一度挫折した経験があるのだが、その理由は、この膨大な登場人物の行動や相関関係...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月29日

    最後まで子供が主役でした。

    悲惨な出来事とそれを乗り越えようとする人々の努力
    映像化を意識したストーリーにも思える

    それにしても人を殺しすぎ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月30日

    ホラーではない、ドラマをテレビで見たという理由で本作品読んでみた。ドラマとは少しストーリーが違っていて面白くもあったが、期待値には少し及ばない。でも、非ホラーは今後も読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

アンダー・ザ・ドーム のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています