【小説25巻】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身IV」
  • 最新刊

【小説25巻】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身IV」

作者名 :
通常価格 1,122円 (1,020円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

『このライトノベルがすごい!2021』(宝島社刊)
女性部門ランキング第1位!
TVアニメ第3期制作決定!
シリーズ累計400万部突破!(電子書籍を含む)
さあ、世代交代へ! ビブリア・ファンタジー最新刊!


【あらすじ】

貴族院からエーレンフェストに帰還したローゼマイン達を待ち受けていたのは、領主一族の分断だった。冬の粛清で天下となったライゼガング系貴族の意向により、それぞれの不信感が募っていく。
 それでも歩みを止めないローゼマインの日々は少しずつ変化を生む。春を寿ぐ宴、久し振りの神殿見学会に下町の商人達との会合、御加護の再取得、次代の神殿長育成、そして閉ざされた国境門で知らされる壮大な物語。
 領主一族へーー歴史と派閥の壁を乗り越えろ!
「向上心とやる気のある若手を集め、エーレンフェストの世代交代を全力で進めましょう!」
 書き下ろし短編×2本、椎名優描き下ろし「四コマ漫画」収録!


著者について
●香月美夜
MIYA KAZUKI

本作でデビュー。
密にならないように注意した小規模なジャズライブへ行きました。画面越しでは味わえない響きを堪能。やっぱり生演奏は良いですね。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
TOブックス
掲載誌・レーベル
TOブックスラノベ
電子版発売日
2020年12月10日
紙の本の発売
2020年12月
サイズ(目安)
45MB
  • アニメ化

    「本好きの下剋上」

    第二部:2020年4月4日~
    声の出演:井口裕香、速水奨、中島愛

  • アニメ化

    「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」

    2019年10月2日~ TOKYO MXほか
    声の出演:井口裕香、速水奨、中島愛

書店員のおすすめ

読みやすい文体で、初めてのライトノベルにもおすすめの人気シリーズ!


ある日、地震による事故で死んでしまった本好きの女子大生・麗乃が、異世界の幼女・マインとして目覚める。

本を読みたい…
しかしこの世界には本が無かった!
(あるけど高価すぎて手に入らない。)
貧しい家の娘であるマインは、どうしても手に入れたい本のために決意!


「本がなければ、自分で作ればいい。」


本を作るには紙作りから、紙を作るには道具作りから、素材集めから…

病弱・虚弱で無理をするとすぐに倒れてしまう体で、目標のために邁進するマインの姿が本作の魅力。
そして徐々に彼女の行動が周囲の人たちに影響を与え、スケール感を増しながら展開される物語には引き込まれることうけあいです!

【小説25巻】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身IV」 のユーザーレビュー

    購入済み

    不穏な気配

    まるいるい 2020年12月13日

    今回は書き下ろしで、領地の中の分断が強調されていましたね。
    でも、これを乗り越えて団結してくれると嬉しいです。
    クラリッサに和みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月12日

    重め展開継続中。マインが重くないので重くならないのがヨシ。ヴィル兄の闇形成期。やっぱ幼年期の教育不足が視野狭窄を招いてるよなあ。あとラン兄の忍耐の時でもあるな……

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月11日

    限定SS 『婚約の事情』トゥーリ視点。プランタン商会でのトゥーリの様子からルッツとの婚約までの経緯。
    娘LOVEのギュンターの反応が楽しい。

    今回の書き下ろし部分は、色んな視点からヴィルフリートのダメダメな部分にスポットが当たってます。
    ネットではヴィルフリート最近登場しないなぁ…だった部分にこん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月13日

    ここ数巻不穏な感じが多くて、あんまり楽しめない。マインにもちょいちょい苛つく事あるしなぁ。今回は無かったけど。あとフェルディナンドが出て来ないし!ちょっとくらい出して!手紙だけとか悲しい。んでヴィルフリートは本当にバカだし…。他の意見を素直に受け入れるのと、他の意見に振り回されるのは違うって…。前も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    抜群の面白さ!

    Kat 2020年12月31日

    前巻に続き読んでてワクワク!
    マインとフェルディナンドの距離とか成長による悩みもあるし王族対応も大変で次巻も楽しみ!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年12月28日

    領主一族がバラバラになりかけているところです。ヴィルフリートは周りが全く見えていないし、ジルヴェスターはフェルディナンドがいなくなって限界にすでに達してる気がする‥
    なかなか一つにならない領主一族と貴族の終わらない派閥争い。助けて、フェルディナンド様〜!!って叫びたい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    可愛い弟妹と困った兄

    koa 2020年12月21日

    なろうで本編を読んでいますが、ローゼマイン視点では知り得なかった裏側を他者視点で読めるので毎回購入しています。

    今回は護衛騎士から見たヴィルフリートの拗れ具合が想像以上でした。人に影響されやすいのは長所でもあり短所でもありますね。
    聡明な側近がいないと途端に悪い方へ転がるのは、領地の次期トッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    悩んでるらしいヴィルフリート

    michy2007 2021年02月03日

    前巻のラストに書き下ろしで追加された「不信感とゲヴィンネン」では、オルトヴィーンやオズヴァルトとの会話をきっかけに芽ばえたヴィルフリートの不信感が、本人視点で描かれています。この巻ではヴィルフリートがさらにこじれていく様子が、書下ろしの2編「エピローグ」「反省と羨望」で他者視点として描かれています。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    何とも重苦しい内容

    fufu 2020年12月13日

    今巻はヴィルフリートが側近の奸計?に因って孤立を深めて行く様子が、遠回り表現されて何とも重苦しい内容。
    そんな中でマインの家族が結構出てきたのが、和みポイント。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    内政重視ですよ

    あおのり 2020年12月10日

    全編通じて内政問題。
    国が抱える大事な問題に、大人や貴族の思惑が絡み合う、重厚な一冊。
    前巻みたいにやらかすシーンが少ないので、軽妙ではないものの、次巻への期待が高まるよ!

    このレビューは参考になりましたか?

【小説】本好きの下剋上 のシリーズ作品 1~25巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~25件目 / 25件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています