本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員V」
  • 最新刊

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員V」

作者名 :
通常価格 1,101円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「このライトノベルがすごい!2018&2019」祝・2年連続第1位!(単行本・ノベルス部門) 
シリーズ累計100万部突破!
さあ、2年生へ! 大人気ビブリア・ファンタジー最新刊!


【あらすじ】

エーレンフェストの下町を美しい街へと生まれ変わらせたローゼマインは、他領への影響力を強めるため、さらなる発展を目指す。
そのためには、民の協力が欠かせない。貴族との壁を壊すため、彼女は自ら活発に動き回る。直轄地の印刷工房の視察や、染め物コンペの開催による職人の発掘、図書館建設計画の妄想(?)などなど。複雑な領地問題が絡む兄の結婚式では、不穏な旧ヴェローニカ派への警戒も必要に。領地内の派閥争いは激しさを増していく。
季節が冬の到来を告げる頃、貴族院では二年生が始まるのだった。
ついに5周年! 騒動続きで忙しすぎるビブリア・ファンタジー最新刊!
 書き下ろしSS×2本、椎名優描き下ろし「四コマ漫画」収録!

著者について
●香月美夜
MIYA KAZUKI
本作でデビュー。
「このライトノベルがすごい!」(宝島社刊)2年連続で第1位です。投票してくださった皆様、本当にありがとうございます。

ジャンル
出版社
TOブックス
電子版発売日
2018年12月10日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年12月09日

限定SS 『ギーベ·グレッシェルの娘として』
ブリュンヒルデ視点。ブリュンヒルデが次期ギーベと自認しての会話が新鮮。
領地の平民への対応が、ハルトムートとエルヴィーラからの助言により変わっていくのが、本編とは違う視点から語られる。
書き下ろし
『分かれ道』アウレーリア視点。
『専属への道』エーファ視...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています