吾輩は看板猫である

吾輩は看板猫である

作者名 :
通常価格 815円 (741円+税)
紙の本 [参考] 1,047円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

猫は気まぐれでいつも寝てばかり、なんて思っている人いませんか。いえいえ実は猫って働き者なんです。青果店やたばこ屋さんで、まったり店番をしている看板娘ならぬ看板猫たちを愛くるしい表情溢れる写真とともに一挙に紹介!昭和レトロな店構えの店頭で、のんびり、ゆったり、でもしっかりと店番しておる子たちを見ていると、思わずほっこりすること間違いないです。猫好きなら絶対満足する写真集です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 暮らし
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
電子版発売日
2015年02月20日
紙の本の発売
2011年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
35MB

関連タグ:

吾輩は看板猫である のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年12月02日

    下町の古いお店と猫がすごく良い雰囲気。まったりとした猫の写真はもちろん、文章が面白おかしくて、大好きな一冊です。かなり癒されます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月02日

    様々なお店で飼われている看板猫の写真集。どの猫も自身が看板猫であるという自覚と自信を持っているのか、ドンと構えている。可愛い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月21日

    2011年発表。

    ちょっぴりメタボな青果店のアイドルから、
    ネクタイ締めて毎朝9時出勤の工具店の社長まで、
    すべて店番が仕事の猫ばかり
    27匹を集めたフォトブック。


    中華料理店、仏具屋、とうがらし屋、銭湯、
    ふとん店、理容店、
    電器屋、薬局に喫茶店などなど、
    看板猫のいる店って
    意外と沢山ある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月23日

    「猫」
    それに尽きる。
    野良ではない飼猫と昭和っぽい店のマッチングが最高に猫好きの心をくすぐる。にゃー!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月14日

    看板猫の出勤時間まで載っていて、まるで看板猫のガイドブックを見ているようでした。レトロな雰囲気を醸し出した猫たちにとっても癒されました♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月18日

    猫の出入りする飲食店は衛生的にどうなのかという議論はひとまず置いといて、日本のねこは実に間抜けな顔つきで皆カワイイ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月20日

    動物がどっちかというと苦手な私でも思わずタイトルと表紙で読んでしまった本。猫についている吹き出しが良いです。猫の表情が動きが、甥っ子がはいはいしていたときと同じである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月02日

     都内各種の店でお仕事(?)中の看板猫を取材(?)。八百屋・喫茶店・駄菓子屋etc。
     なんと、地元の看板猫も!!あの店に、3匹もいたなんて知らなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

吾輩は看板猫である のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 吾輩は看板猫である
    815円(税込)
    猫は気まぐれでいつも寝てばかり、なんて思っている人いませんか。いえいえ実は猫って働き者なんです。青果店やたばこ屋さんで、まったり店番をしている看板娘ならぬ看板猫たちを愛くるしい表情溢れる写真とともに一挙に紹介!昭和レトロな店構えの店頭で、のんびり、ゆったり、でもしっかりと店番しておる子たちを見ていると、思わずほっこりすること間違いないです。猫好きなら絶対満足する写真集です。
  • 吾輩は看板猫である 東京下町篇
    看板娘ならぬ看板猫たちを集めたフォトブック『吾輩は看板猫である』の待望の第2弾。今度は昭和情緒の溢れる東京下町篇です。半年の及ぶ、地道な聞き込みで集めた、近所でも評判の看板猫たちが大集合。ふとん屋の店先で、お客さんを待ちながら、いつのまにかフトンにくるまって居眠りしちゃうボン、蕎麦屋の商品サンプルが並ぶショーウィンドウのカツ丼の隣が指定席のピンク、お店で空きダンボウル箱を見つ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています