まとい大名

まとい大名

作者名 :
通常価格 784円 (713円+税)
紙の本 [参考] 785円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【カドカワ祭ゴールデン2021 開催中!】マンガ・書籍6,000冊以上が最大50%OFF!期間限定・1巻無料作品も多数配信中★

作品内容

江戸の街を駆け、火と闘った男たちがいた。
おとっつあんは、みんなのために命を懸けて火事を退治しに行くんだ――。おのれの命とひきかえに町を守った深川・南組三之組の火消し頭徳太郎。幼いときからその背中を見て育った息子の銑太郎は、やがて一人前の火消しへと成長していく。炎の恐怖と闘い、火消しに体を張る男たちの誇り高い姿を描いた、山本一力の真骨頂。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
490ページ
電子版発売日
2015年01月30日
紙の本の発売
2010年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

まとい大名 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年11月19日

    町火消しに命をかける男たちが粋で男気が素晴らしい。悲しい場面もあるが関わる人々同士の思いが読むほどにじわじわと伝わってきて、目頭が熱くなる。感に入る自分も日本人だなあと思うと嬉しくもあり誇らしくも感じる。数ある山本一力の中でも珠玉に入る一冊。日本人かくあらんや。
    文庫本は単行本から大幅に加筆したとの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月23日

    山本一力の真骨頂とも言える下町の粋な人たちの人情ストーリーですが、本作は火消しを扱った作品で、己の命と引き換えに町を救った英雄である火消しの父を持つ鉄太郎が、いろいろな人たちの支えを得ながら、粋を学びながら人間として成長していく姿が最高でしたね!
    火消しに命をかける男たちの姿が、まさに炎のように熱く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月26日

    江戸っ子火消し達の、粋な生き様が清々しいです。
    終盤の、江戸中の火消衆が一丸となって御城の火事の消火に臨む場面は、心が熱くなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月30日

    江戸人情物語。昔の時代は、近所付き合いとか仕事かける情熱も、何か親近感が湧いてくる。現代も、こういった人情を大切にしたいと思う作品で良かった。心の中がポカポカする作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月02日

    面白かった。
    落語の世界のような感じでした。
    長くて読む気が少し萎えたが、後半は一気に読めました。
    男の世界という感じで当時はやっぱり花形職業だったんでしょう。
    最後の火への感謝は重要ですね。
    ナウシカの谷の人の言葉を思い出しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月24日

    火消しに命をかける男達。
    徳太郎の最後は格好良すぎた。
    そして泣けた。

    相変わらず脇役の素晴らしいこと。
    山本作品の中でもベスト3に入る素晴らしい一冊だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月16日

    最近、山本一力にはまっていますw
    江戸庶民の粋で正しい佇まいが好きで。

    この作品も途中で胸が熱くなり、目頭も熱くなってしまった。

    人としてこうありたい。
    そんな人物が沢山出てきます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月10日

    2代に渡る誇り高き火消しのお話。いい人たちが多く、今の世の中もこんなだったらなんぼかすみやすいのになあとしみじみしてしまう作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月12日

    気迫で「炎のほうが逃げていく」と言われ伝説となった父、命を賭した火消しを継いで成長してゆく息子。火消し親子の物語。
    火消しに命を張る男たちの誇り高い姿と男の見栄を描いた江戸火消しの心意気と人情。

    「武家は命を捨てる覚悟が甘くなっている。」「火消しにはぶっとい骨の通った男たちが、群れを拵えております...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月26日

    命懸けで炎から町を守る火消し親子二代の話。商人や職人やお武家にいたるまで、ちょっとカッコよすぎじゃないか(笑)?とツッコミたくなるほど清々しい江戸っ子の粋と見栄!火事場の威勢の良さが伝わってくる文章で気持ちよく読めました。

    いつもながら江戸文化の描写が細かくて、江戸検定を受ける人にも役立つはず。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています