阿・吽 14
  • 完結
  • 最新刊

阿・吽 14

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 750円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

二人の天才の旅路、奇跡のクライマックス!

その才能を開花させ
真言密教を広めていく空海。

天台法華を苛烈に求めるあまり
孤立さえ恐れない最澄。

互いに強く求めながら
違う道を進むふたりだが
いよいよ「最後」の時が…

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
電子版発売日
2021年09月10日
紙の本の発売
2021年09月
サイズ(目安)
107MB

阿・吽 14 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月26日

    漠然としか知らなかった最澄と空海の活動について知ることができた。理想を実現するために正しさを重視し、正しさをもってあたった最澄。理想を実現するために結果を重視し、清濁併せ呑んだ空海。全国各地に空海の話が残ってるけど空海のもたらす救いがそれだけ身近だったということなのかな。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    対比の凄さ

    リップ 2021年09月18日

    正直言っておかざき真里の最高傑作だと思います。
    クライマックスの最澄と空海の対比と融合は特に印象的です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月12日

    読み終わったときにぷはーっと息を吐いたから、どこからか息を止めてたんだなあ。何処までも透明になろうとする最澄と燃え上がる炎のように絢爛な空海。
    おかざき先生の描く曼珠沙華の美しいこと。
    巻末のお話がものすごく好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月11日

    終わってしまった…。

    もっと読んでいたかった。
    繊細な描写、深淵なモチーフ、生き生きしたキャラクターたち。登場人物一人一人にドラマがありすぎるし、もっと深く知りたくなった。
    膨大な史料と伝説を練り上げ、ここまで落とし込んだ作者は本当に大変だったろうと思う。

    何度も読み返す本になるだろう。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    超大作

    Q 2021年09月10日

    超大作完結。
    歴史上では、晩年仲が拗れたと言われる密教の二大巨頭。
    人の生が終わっても、仏の教えは後世まで連綿と続く、という余韻ある終わり方も最高!

    このレビューは参考になりましたか?

阿・吽 のシリーズ作品 全14巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~14件目 / 14件
  • 阿・吽 1
    完結
    660円(税込)
    日本仏教の要である、比叡山延暦寺の開祖である最澄、 弘法大師の名で日本人なら誰もが聞いたことがある空海。 レオナルド・ダ・ヴィンチにも匹敵するといわれる日本史上、 比類ない天才である、最澄と空海がまさに華麗に、繊細に、 そして豪快に描かれる人間ドラマです! 平安の世、当時のニッポンを変えた!といっても過言でない このふたりは、その青年期は人も羨むエリートコースを 歩んでいたが………… 本作『阿・吽』は、『サプリ』『&-アンド-』で女性の心情を 美麗な筆致で、細やかに描いてきた著者の新境地です!
  • 阿・吽 2
    完結
    660円(税込)
    山籠りを続ける最澄。 正しさを説く彼を慕う者たちが次々と集まるが、ある日、その正しさを揺がす事件が起こります。 一方、都ではサプライズ人事で王になるべく生まれていない、桓武が帝になります。 不安が蔓延してゆく日本の中枢で、人々に求められたものは果たして何か―― 空海、最澄ふたりの天才を描く話題作、待望の第2集の登場です! 世界を変える男たちの物語がまた一歩、動き始めます。
  • 阿・吽 3
    完結
    660円(税込)
    空海がまだ空海となる前…… 荒行を繰り返す真魚(まお・空海の幼名)に危うさをみた師・勤操(ごんぞう)は 真魚を成長させるため、虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)を教える。 それは、ただ経を100万回唱えるという単純で、かつ想像を絶するほど 厳しい修行だった…… 「生きては戻れない」やもしれぬ修行の先に、 真魚は何をつかむのか!? 真魚が「空海」となる青年時代を描く、第3集!!
  • 阿・吽 4
    完結
    660円(税込)
    仏教の真髄を求め、最澄と空海は奇しくも同じ地・唐を目指すことに。 だが、遣唐使となるには、それぞれに高い壁が立ちはだかり… 一方、桓武天皇とその息子・安殿親王との間に、決定的な確執が生まれ… 各人の思惑が絡み合い、最澄と空海、二人の天才の運命を変えていく 衝撃の第4集!!
  • 阿・吽 5
    完結
    660円(税込)
    遣唐使に選ばれ、世の注目を集める最澄。 その選に漏れ、更なる荒行に邁進する空海。 仏教史に名を残す二人の天才が遂に運命の邂逅を果たす… 果たして彼らの思いは海を越えるか!? 物語の舞台はいよいよ中国へ! 激動の第5集!
  • 阿・吽 6
    完結
    660円(税込)
    遣唐使として遂に唐に渡った空海と最澄。 天台で研さんを積む最澄と、長安で様々な出会いを繰り返す空海。 日本仏教の2大巨頭が唐の地でそれぞれつかんだものとは!? そして、二人に重大な岐路が訪れ――運命と選択の第6集!!
  • 阿・吽 7
    完結
    660円(税込)
    夢枕獏、絶賛!唐に渡った空海と最澄は!? 弘法大師の名で日本人誰もが知る男、空海。 比叡山延暦寺の開祖、最澄。 遣唐使として唐に渡った二人の人生は、岐路を迎える! 遣唐使の任を終えて、帰国した最澄を待っていたのは… 策略入り乱れる朝廷! 一方、長安に残り、密教の深奥部へ突き進む空海もまた 巨大な存在にぶち当たる… 激動の展開を見せる“刮目の第7集”登場!!
  • 阿・吽 8
    完結
    660円(税込)
    空海と最澄!激動の時代に立ち向かう二人 既刊重版続々! 唐で留学生として学ぶ空海は期間20年の決まりを破って、日本帰国を目指す! 一方、ひと足先に帰国した最澄は桓武天皇の崩御による政変に巻き込まれていく… 8世紀の平安期、二人の天才・空海と最澄をおかざき真里が華麗かつ剛胆な筆致で描き出す圧倒的歴史大河ロマン第8集!
  • 阿・吽 9
    完結
    660円(税込)
    炎の男・坂上田村麻呂が立ち上がる!! 桓武帝崩御後、暗雲立ち込める朝廷。 そして、平城天皇が退位、嵯峨天皇の御世となる。 そんな中、空海は嵯峨帝と歴史的な出会いを果たす。 一方、最澄の状況は、ますます厳しいものに…!? 朝廷内を揺るがす“平城上皇の変”(薬子の変)で 坂上田村麻呂が見出した「正義」とは――――!? そして、空海と最澄、二人の天才が刻み付ける生き様とは!? 絶望と希望を抉り出す、第9集!!
  • 阿・吽 10
    完結
    660円(税込)
    最澄と空海が、再び出逢う・・・!! 東大寺別当となり南都の間でも、 その力が認められる空海。 後継者にと目をかけていた、 泰範が比叡山へと降りてしまい、 失意のどん底に落ちる最澄。 しかし、二人の心はより強く惹かれ合い、 最澄は空海の待つ乙訓寺へ・・・
  • 阿・吽 11
    完結
    660円(税込)
    理想と現実の狭間で巨人達がぶつかり合う! 強烈に惹かれ合う、 最澄と空海… 密教の灌頂式を受けるため 空海の元を訪れた最澄は言う 「自分を弟子にしてほしい」と… 一方、坂上田村麻呂の死の裏には 藤原冬嗣の影がちらつく…
  • 阿・吽 12
    完結
    660円(税込)
    空海と最澄の前に、権力者が君臨する!! 平安、嵯峨天皇の御代。 最澄は空海の密教を貪欲に学ぼうとするが・・・ 法の真実を追求する二人に、 権力者・藤原冬嗣が絡み、状況は思わぬ方向に・・・
  • 阿・吽 13
    完結
    660円(税込)
    空海と最澄の関係が徐々に崩れ始める・・・ その豊富な知識が 大きな魅力となり 朝廷内にも ファンを増やしていく空海。 彼の魅力は 最澄の「信頼」していた 弟子・泰範さえも 魅了してしまう。 一方九州、東北へと 旅をする最澄は より深く天台法華の世界に 入っていく。 そんな彼を東北で 待っていたのは 法相宗の僧・徳一が作り上げた 完璧な「しあわせ」の 帝国だった… 揺らぐか!? 最澄…
  • 阿・吽 14
    完結
    715円(税込)
    二人の天才の旅路、奇跡のクライマックス! その才能を開花させ 真言密教を広めていく空海。 天台法華を苛烈に求めるあまり 孤立さえ恐れない最澄。 互いに強く求めながら 違う道を進むふたりだが いよいよ「最後」の時が…

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています