簡単に断れない。

簡単に断れない。

作者名 :
通常価格 509円 (463円+税)
紙の本 [参考] 513円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ツチヤが来りてホラを吹く。「お茶の水女子大の方から来ました」「妻と助手を養わなくてはならないんです」「読んでも読まなくても必ず笑えるから」などと言いながら本書を売り歩いている哲学教授がいます。屁理屈をこねまわして簡単には断れませんので、ボランティアだと思って(?)、ぜひ2~3冊まとめてお買い求めください。週刊文春長寿連載「棚から哲学」シリーズ第5弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
257ページ
電子版発売日
2014年12月19日
紙の本の発売
2006年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

簡単に断れない。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    大好き。
    身近にこんな人がいたら、毎日ずっと見てしまうと思う。
    でも社会的にはものすごいちゃんとしてる人だろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    土屋教授の大爆笑エッセイ!!

    もう駄目・・・笑いすぎて・・・腹筋が・・・(笑)

    この本読んで笑えない方がいたらご一報ください(笑)

    なんていうか、屁理屈がうまいし、洞察は深い。逆説的レトリックを巧みに用いてるし、オチもキレがいい。とにかく、最高!!私は土屋さんにどっぷりつかりすぎて、彼が連載し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月07日

    読書録「簡単に断れない。」4

    著者 土屋賢二
    出版 文藝春秋

    P19より引用
    “実際に、店頭で二ギガヘルツのパソコンを使ってみると、今使
    っている〇.五ギガヘルツのパソコンと同じ速さでしか文章を書け
    ないことが判明した。”

     目次から抜粋引用
    “買い替えるべきか
     神とホットケーキ1
     花粉症...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月28日

    この本を最初に見たとき、土下座をしている人が土屋教授の無茶苦茶な申し出を必死に断っている絵だと思った。きっと本書の中には相手がもう「勘弁してください」と土下座をしたくなるような屁理屈が並べられているのだろうと思ったら、違っていた。土下座をしている人がお願いをしている人でした。思いっきり誤解をしていま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    好き嫌い別れるかもしれないけど,自分はこれ好きです.
    いい意味で自虐的なw
    この人会ってみたいなー

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    面白い。
    表題の「簡単に断れない」はこの前に似たようなことをブログに書いたので正にそのとおり。
    このセンスが分からない人は可哀想だね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    哲学者・土屋賢二氏の屁理屈エッセイ。一体何処まで本気なのか。基本、自虐と周りへの皮肉。思わず笑ってしまうので周囲に人のいないところで読みましょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    教授が来りてほらを吹く。真摯な紳士の爆笑エッセイ!
    ほらを吹いても嘘はつかない、ご存知・笑う哲学者の最新刊。「中年女の美学」「髪の悩み」など教授の戦々恐々とした日々を笑え

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    奥さんも助教授も学生も、教授に対して言いたい放題。尊敬しつつもおちょくってるのか、単に教授がいじられキャラなのか分かりませんが、まぁよく頭と口が回ること。いくら教授がいい加減でも、なにもそこまで言わんでも・・・ってところもありますが、自分が自分に対して言うことってそれくらい辛辣だったりするんです。人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月25日

    ちょっとくどい時もあるけど面白かった。
    今文春かどっかで連載中の作品の方が好きだけど
    これはこれで楽しめた。
    絵が意外と可愛い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています