リクルートという幻想

リクルートという幻想

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

リクルートは「人材輩出企業」や「新規事業創造企業」等と賞賛され、「営業武勇伝」に事欠かない。「やんちゃ」な社風は賛否両論あるが、日本人の働き方に良くも悪しくも影響を及ぼした。論客として著名なOBが、自らの体験と新規取材の両面から、R社の実態に迫り、将来を展望する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書ラクレ
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年10月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

リクルートという幻想 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年10月08日

    人材輩出企業、高い営業力、ブランド、モチベーション・テンションの高さ、新規事業……。

    世の中に流通するリクルートのイメージについて、OBであり顧客企業経験者という視点から、「それらはもはや幻想ではないか」と切り込んでいる。

    痛烈な批判であると同時に、リクルートへの強い愛も感じる。そこから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月16日

    元リクルートで働いてた方の暴露本的な色んな観点から捉えた本。
    ここまで書くのはすごいんじゃないかな。

    下記は抜粋メモ
    リクルート話法やトーク開発があるのが面白い。人を煽り、時には脅迫するような話法だったり、営業の場面で顧客を説得する、納得してもらうための営業トークを開発する。
    また実はリクルートは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月07日

    「リクルート」という会社に対して社会が持っている幻想を疑う。常見さんの、かなり気合の入った作品だと見られる。
    わたしはリクルートを称揚しているわけではないのですが、社会的には、「きらきらした」会社やと見られてるのでしょう。こういうのは、リクルートに限った話ではないけど。じっさいのところ、どうなのか。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月27日

    元リクルート社員の今のリクルートに対する考察をした一冊。
    本書を読んで、日経の記事と筆者の考えの比較は興味深く感じました。
    自分もリクルートに対して営業力の強さや人材輩出企業であること、新規事業を創造しているイメージが強かったのですが、著者が各章で指摘している内容は確かにと思うところは多々ありました...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月13日

    リクルートというものに関してCMのイメージぐらいしかない僕が読むとそういう会社なんだなとわかるが、常見さんも先輩やOBなどに書いた方がいいと言われたと書いているようにどこか苦悩しながらも書くべきだと腹を決めて書いているのは伝わる。僕はまったく関係者ではないのでどの辺りの事がこのタイトルや内容で身内だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月16日

    憂国ならぬ憂社、憂リク。世間の評判からかけ離れる現実。リクルート上場という奇妙な冒険がどこ行くのか、面白い旅、良い旅になって欲しい。歴史から学び現実を直視し、上ではなく前を見て欲しい。リクルート関係者、信者の皆さん、目を覚ましてください!

    糾弾ではなくエール。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月10日

    入りたい人より欲しい人を採用する
    自己有能感の実感、自己決定性、社会承認性を動機付け三条件として置いている

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月13日

     OBである常見洋平が語るリクルート。

     外から見えるリクルートのイメージには実は微妙な誤解がある。皆がリクルートに対して抱く自由やクリエイティブな印象は決して正しくはない。
     そういう自由やクリエイティブがもうちょっと広い視点で見ると、手の平の上という枠の中だけの自由やクリエイティブだったという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月18日

    元リクルートの人による本というとリクルート賛美が多いが、この本はリクルートを批判している。そこが初めて読むもので面白い。ただ一個人としての意見という側面があまりに強く、限りなくエッセイに近い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月24日

    1社目が同社グループ出身者で創業された企業で興味あったので手にした。確かに同社への幻想は一定層にはあると思う。仕組み化するのがうまい会社だなという印象を同社に持っていたが、それを裏付けるような話が、主観的に嘆きモードで進んでいく。また利益至上主義と自己中な営業を強引にすすめつつ、武勇伝に昇華するのは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています