雷の季節の終わりに
  • 値引き

雷の季節の終わりに

作者名 :
値引き価格 508円 (462円+税) 8月20日まで
通常価格 726円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

現世から隠れて存在する異世界・穏(おん)で暮らすみなしごの少年・賢也。穏には、春夏秋冬のほかにもうひとつ、雷季と呼ばれる季節があった――。著者入魂の傑作長編ホラー・ファンタジー!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2014年09月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

雷の季節の終わりに のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年07月23日

    ずっと読まずに
    積読しておりましたが
    やっぱり好きです
    恒川光太郎さん
    読み始めると
    胸をがっしり掴まれて
    ラストまで”読み切る”と言うよりも
    ”駆け抜ける”と言う言葉がバッチリ合います

    人間界からは見えない
    ”穏”と言う小さな村に存在する
    ”雷の季節”から始まるお話し
    懐かしさを感じる情景と
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月27日

    こちらとあちらを行き来することになる少年の話。読むのは二度目だけど、いっそう色彩豊かに物語が進んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月11日

    この著者の作品が醸し出す独特の雰囲気が好きだ。田舎の自然のにおいを感じさせるような雰囲気がとても心地よい。
    本作もホラーにジャンルされているけれど、やはり夜市同様ファンタジーに近いように思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月30日

    風わいわいと主人公が一体となっているところが好きですね。
    恒川さんの美しい描写、世界観にまたもや飲み込まれました。
    御免なさい少し話を忘れてきてしまいましたので時間があるときにまた更新します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月01日

    現世から隔離された隠れ里「穏」に暮らす少年が、とある秘密を知ったことで穏を追われ、少年に取り憑く「風わいわい」と共に旅に出る。
    やはり恒川さんが描く異界は憧れを抱くほどに美しく魅力的!
    とにかく一つ一つの設定やディティールの発想力に惚れ惚れする。
    この不思議でたおやかな世界観にいつまでも浸っていたく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月23日

    筆者の得意な別世界と現実の話。
    ホラー感は薄いが不思議なファンタジーで、読みやすく面白い。
    最近立て続けに筆者の小説を読んだがはずれはなかった。

    賢也はこれからどんな日常を送るのだろうか…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月21日

    ファンタジー要素がある本だった。
    数ページ開くだけで一気に引き込まれるのは流石です。やっぱ好きだなぁ。この作者。
    これを期にこの作者流しで次行ってみよう…(๑•̀ㅂ•́)و✧

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月29日

    地図には載っていない異世界“穏”で暮らす少年・賢也の物語。
    相変わらずの恒川ワールド。こういう現世と少しだけずれた所にある世界を描くのが上手い。美しい文章と相まって、不思議な世界観に引き込まれる。
    今作は長編ということで、賢也の冒険譚みたいな要素が強かったかな。途中から章ごとに賢也と茜の視点が入れ替...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月24日

    恒川ワールドにはまったので、手に取ってみた。
    面白いが、読後感が空虚だ。穏という土地の閉鎖的で閉塞し選民思想を持った感じが、田舎の村社会に通じるものがある気がした。穏の情景は美しい。風わいわいは、復讐して気が済んだから、空に還ったのかな?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月29日

    恒川作品の好きな理由の一つに、数ページであの独特な異世界にフッと投げ込まれ、そしてその瞬間がとても心地いいことが挙げられる。本作も奇々怪々な要素とファンタジーが融合された特異な世界の描写は読み手の心を鷲掴みにする。終盤で伏線が繋がり一気にラストに向うスリリングな展開は長編ならでは。ただ、空手...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています